writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はプロカメラマンにカメラに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラマン・上田優紀さん

上田優紀

1988年和歌山県出身。写真家。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大学卒業後、世界一周の旅へ出発。1年半かけて45カ国を旅周る旅から帰国した後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり世界中の極地を旅しながら撮影を行なっている。2017年CANON SHINES受賞。2018年12月よりキヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪にて個展を実施予定。

質問:カメラの防犯対策と海外町歩きの際、正しい持ち運び方法が知りたい!

次の旅行では初めて一眼レフカメラを持って海外で撮影する!でも日本のように治安が良いわけではないから、盗難やスリが一番気になるなあ…プロのカメラマンは何か特別な対策をしているの?

こんな疑問をカメラマンに、質問してきました。

回答:基本的なことをしっかり守り、もし盗られたら諦めましょう


photo by unsplash

とても基本的なことてすがカメラを出しっ放しにしないで撮る時以外はバックにしまっておくこと、また、出す時もストラップを首にかけるといったことを徹底していれば防げる盗難は多いと思います。

さらにカメラに限ったことではありませんが、カバンは後ろではなく、前で持つことも重要です。相手も警察に捕まるリスクがあるので、わざわざ盗みにくそうな人を選んだりはしません。

 

個人的におすすめしたいのがカメラのメーカーや機種が分かるようなロゴは黒いテープを貼って隠すことです。ぱっと見て高いカメラと分かるようにしないだけでも効果はあるかなと思っています。

そして、最も重要なことは盗まれたら諦めることです。相手を刺激して危害を加えられることも考えられます。保険に入っていればきちんとお金は帰ってきます。命あっての旅だと言うことを決して忘れないでください。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜カメラマン編〜は「旅に持っていくカメラって一台だけ?それともシーン別に分けるべき?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング