ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はプロカメラマンにカメラに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラマン・上田優紀さん

上田優紀

1988年和歌山県出身。写真家。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大学卒業後、世界一周の旅へ出発。1年半かけて45カ国を旅周る旅から帰国した後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり世界中の極地を旅しながら撮影を行なっている。2017年CANON SHINES受賞。2018年12月よりキヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪にて個展を実施予定。

質問:旅に持っていくカメラって一台だけ?それともシーン別に分けるべき?

あまり多くのカメラを持っているわけではないし、プロではないけど、カメラがもう一台欲しい!プロはシーン別に撮影するカメラを分けているの?

こんな疑問をカメラマンに、質問してきました。

回答:写ルンですは最後まで壊れないと聞いたのでポケットに忍ばせています


photo by unsplash

僕の場合は全く同じフルサイズの一眼レフカメラを2台を持っていきます。今のところ経験はありませんが、1台はもし片方が壊れて使えなくなった時の予備としてです。

また、その2台以外に加えて、写ルンですもポケットにしのばせています。写ルンですで大丈夫ですか?とよく聞かれますが、北極から南極まで人力で旅した人が結局壊れなかったカメラは写ルンですだけだったと話していたので最後の砦として持って行っています。

 

シーンで分けるという意味だと次の遠征からGo proを持って行くつもりです。基本的に静止画を撮るだけであれば1台で問題ありませんが、そのカメラしか撮れない映像が欲しい時は上手く使い分ける必要があると思います。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜カメラマン編〜は「一つの景色を撮るのに、何枚ぐらい撮影してるの?角度や設定も変えるべき?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング