ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はプロカメラマンにカメラに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラマン・上田優紀さん

上田優紀

1988年和歌山県出身。写真家。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大学卒業後、世界一周の旅へ出発。1年半かけて45カ国を旅周る旅から帰国した後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり世界中の極地を旅しながら撮影を行なっている。2017年CANON SHINES受賞。2018年12月よりキヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪にて個展を実施予定。

質問:一つの景色を撮るのに、何枚ぐらい撮影してるの?角度や設定も変えるべき?

まだまだカメラは初心者だけどこういう写真が撮りたいと思い込んでしまって、なかなかシャッターがきれない…。一つの景色を撮るのにプロは何枚撮るの?それともシャッター一回で決められるの?いろんな角度や設定を試しているの?

こんな疑問をカメラマンに、質問してきました。

回答:これから始めるならたくさん写真を撮ってください


photo by unsplash

僕は最初からこの写真が撮りたいからこのスポットへ行くというスタイルではなく、旅をしながら思わず心が反応した時にだけシャッターを切ります。なので、角度や構図をあれこれ変えながら色々撮ってみるということはほとんどありません。

また、設定に関しても自分なりの色があるので、大きく変えながらあれもこれも撮ってみるということもないです。理想は1つの風景に対して撮影するのは1枚だと思っています。

 

ただ、これからカメラを始めたいという人は色々変えながらたくさん撮ってみてください。その中から自分の好きな構図や設定などが見つかるはず。

自分の表現したい写真に近づいてくるともっと撮影は楽しくなると思います。

 

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜カメラマン編〜は「カメラの上手な人と下手な人って何が違うの?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング