writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は弁護士に法律に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:弁護士・塚松卓也さん

塚松卓也

2010年3月一橋大学法学部卒業。2012年3月中央大学法科大学院修了。2014年1月弁護士登録(第二東京弁護士会)。法科大学院在学時には、メルボルン大学への2週間の短期海外研修に参加し、メルボルン大学での講義やメルボルン所在の裁判所見学などを体験し、法制度や裁判制度を学びました。

質問:南米で高山病対策にオススメされるコカ茶を日本に持って帰ると捕まると聞いたけど、本当?

死ぬまでに見たい絶景と言われたら、必ず挙がるのがウユニ塩湖。しかし高度が高いところにあるため、慣れない人は高山病になるとか…。そこで現地でオススメされたのがコカ茶。高山病に効いたけど余ったから日本に持って帰ろうかな!

でも持って帰ったら捕まるって聞いたことあるけど大丈夫なのかな?そんな疑問を弁護士に聞いてみました!

回答:はい、捕まってしまいます。


photo by unsplash

本当です。

コカ茶はコカの葉を含有するものであり、コカの葉は麻薬であるコカインの製造にも用いられます。日本では、麻薬及び向精神薬取締法により、コカの葉そのものが麻薬として取締りの対象とされています。

麻薬であるコカの葉をみだりに日本に持ち込んだ場合、1年以上10年以下の懲役に処せられます。違法であることを知らなくても、コカの葉であることを知ってさえいれば処罰の対象になりますので、注意が必要です。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜弁護士編〜は「日本国内の民泊ビジネスって結局どうなったの?どうすれば違法になるの?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事