ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

こんにちは。写真家の上田優紀です。旅先の写真を見てるとワクワクしますよね。見たこともないような絶景や民族など、Webやガイド本などの写真を見て旅行先を決めている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、思わず旅に出たくなるような写真を撮る写真家さんをまとめました。

 

Steve McCurry

photo by stevemccurry.com

Steve McCurry氏は、中東やアジア圏を中心に撮影活動を行われているもはや伝説的なドキュメンタリーフォトグラファー。名前は聞いたことがなくても、ナショナルジオグラフィック誌史上最も有名な表紙カバーとも言われている「アフガニスタンの少女」は誰もが見たことがあるのではないでしょうか。

彼のポートレートは、写真を通じてその土地に生きる人の息使いまで聞こえてきそうなほど力強く感じます。

created by Rinker
¥2,656 (2024/04/18 23:45:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ansel Adams

photo by anseladams.com

世界で最も有名な風景写真家のひとりAnsel Adams氏。特にアメリカのヨセミテ国立公園の写真が有名です。環境保護にも力を入れ続けた写真家で、彼が守りたかった大自然が作品に記録されています。

created by Rinker
¥6,807 (2024/04/18 23:45:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

Peter Lik

photo by www.lik.com

Peter Lik氏は自然が作り出す鮮やかな色彩とともに、壮大な風景写真を撮影している世界的な風景写真家さんです。彼の撮影した「Phantom」という作品は、写真として過去最高額の7.8億円という値段で売却されました。

created by Rinker
¥8,906 (2024/04/18 23:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

Paul Nicklen

photo by www.paulnicklen.com

イヌイットの小さな集落で生まれ育ったPaul Nicklen氏は、極圏に暮らす野生動物を中心に撮影する動物写真家。

今最も注目されている動物写真家のひとりですが、写真家以外にもネイチャージャーナリストとしても活動しており、動物の生態調査結果はナショナルジオグラフィック誌でも特集されています。

created by Rinker
¥2,656 (2024/04/18 23:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

石川直樹

photo by www.straightree.com

写真家であり、冒険家でもある石川直樹氏。かつて北極点から南極点を人力で踏破するプロジェクト「Pole To Pole」に日本代表で参加したり、2001年には七大陸最高峰を当時世界最年少記録を更新したりするなど、様々な極地へ足を運び撮影を続ける写真家さんです。

見たままに近い写真が撮れるという理由で、未だにフィルムカメラで活動しているこだわりっぷり。圧倒的に力強い写真は、そんなこだわりから生まれるのかもしれません。

created by Rinker
¥1,353 (2024/04/18 23:45:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

米美知子

photo by y-one-photo.la.coocan.jp

アマチュア時代に数多くの賞を受賞し、現在はフリーで活躍する米美知子氏。日本国内の自然を色彩豊かに撮影されています。「夢のある表情豊かな作品」をテーマに、最近では北海道から沖縄まで全国の森の撮影に注力されているそうです。

created by Rinker
¥2,750 (2024/04/18 23:45:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

松本紀生

photo by www.matsumotonorio.com

20年間もの間、アラスカを撮影し続けるネイチャーフォトグラファー。夏は野生動物、冬はオーロラを撮影するために、1年間のうち6か月をアラスカで過ごす松本紀生氏。

幻とも言われる「赤いオーロラ」を追いかけて、現在もアラスカで撮影中なのだとか。

created by Rinker
¥3,271 (2024/04/19 06:09:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

竹沢うるま

photo by uruma-photo.com

1021日かけて103か国を旅した写真家の竹沢うるま氏。竹沢氏のホームページに「世界は広い。僕らが思うよりはるかに広く、そして深い。」という言葉があります。

彼が実際に訪れて記憶した世界は、旅人必見です。

created by Rinker
小学館
¥3,520 (2024/04/19 06:09:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

上田優紀

photo by yukiueda0225.wixsite.com/photographyportfol

最後にご紹介したい写真家は上田優紀。…僕です!

2016年は長期間、ウユニ塩湖にテントをはって撮影するなど少しクレイジーな写真家で、リアルタイムは南米・パタゴニアを撮影しています。

16年のウユニ塩湖の写真はガイド本の表紙になったり、広告に使用されたりちょっとだけ話題になったりしているのでホームページを要チェック!

 

まとめ

人物や風景などジャンルは違えど、どの写真家さんの写真も心惹かれるものだったのではないでしょうか。今回紹介した写真家さんたちのホームページを見て、ぜひ次の旅先を決めてみてください。

ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

RELATED

関連記事