writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者の方に通信・スマホに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者・山崎 慧さん

山崎 慧
1986年東京生まれ。新卒でソフトバンクに入社。転職期間中に1ヶ月の弾丸世界一周を経験。現在は、世界約200の国と地域に対応し、低価格な通信料金で提供するグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者。これまでに5大陸24カ国を制覇

質問:海外で買うSIMって安全?情報を抜き取られることってあるの?

SIMフリーのスマホを持って、海外旅行に行く!初めて現地のSIMを購入してスマホに差して使おうと思っているけど、そもそも海外で買うSIMって安全なの?セキュリティは?

そんなSIMフリースマホの疑問を、グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者さんに質問してきました。

回答:SIM自体に危険性はありませんが、SIMを裁断せずに捨てるのはやめましょう


photo by unsplash
基本的にSIM自体に危険性はありません!SIMだけでは、勝手に遠隔から情報を抜き取ることはできないからです。

意図しない情報流出は、多くがスマホ本体やアプリに起因するものです。そのため信用のおけないスマホ購入やアプリのインストールはやめましょう。

 

SIM自体で注意した方が良いことは、Androidの場合、SIMに電話帳情報を保存することができます。例えば、そのSIMを他のAndroidスマホに挿入すると、保存していた電話帳情報を移行できる設計になっています。

SIMの紛失や解約後にSIMを裁断せずに捨てるといったことは、情報流出に繋がる可能性もありますので、気をつけてください。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜通信・スマホ編〜は「海外で買ったSIMが繋がらない!どうすればいいの?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事