ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者の方に通信・スマホに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者・山崎 慧さん

山崎 慧
1986年東京生まれ。新卒でソフトバンクに入社。転職期間中に1ヶ月の弾丸世界一周を経験。現在は、世界約200の国と地域に対応し、低価格な通信料金で提供するグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者。これまでに5大陸24カ国を制覇

質問:海外だと電池の消耗が早い気がする…スマホの充電を長く持たせる方法を教えて!

海外にスマホを持って行くつもりなんだけど、日本よりも電池の消耗が早いのは気のせい?モバイルバッテリーは必須だけど、どうにか長く持たせる方法ってあったりするの?

そんなSIMフリースマホの疑問を、グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者さんに質問してきました。

回答:iPhoneは「低電力モード」Androidは「バッテリーセーバー」がおすすめです


photo by unsplash

まずiPhoneは「低電力モード」、Androidは「バッテリーセーバー」設定をおすすめします!その他、有効な4つの設定を紹介します。

①画面の明るさを抑える・使わない時は画面オフ・・画面表示は、意外にも消費電力が多いです。

②WiFi設定オフ・・オンの場合、常に接続可能なWiFiを探すため電力消費続けます。

③通信しなくても良い時、圏外の時は機内モードを設定・・特に圏外の場合は、接続可能な電波を探すため電力消費続けます。

④位置情報サービスをオフ・・位置情報送信に通信するため、頻度によっては電力消費量が上がります。

電池を長く持たせるコツは地道な設定です。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜通信・スマホ編〜は「海外で知らない間にデータローミングを使用していて、請求が払えないほどの金額に…どうすれば?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング