ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者の方に通信・スマホに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」事業責任者・山崎 慧さん

山崎 慧
1986年東京生まれ。新卒でソフトバンクに入社。転職期間中に1ヶ月の弾丸世界一周を経験。現在は、世界約200の国と地域に対応し、低価格な通信料金で提供するグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者。これまでに5大陸24カ国を制覇

質問:秘境や砂漠などの僻地でもインターネットを使う方法ってあるの?

砂漠やジャングル、秘境でみた映像をそのままライブ映像でシェアしたい!でもそもそもそんな僻地って電波って飛んでるの?撮影できるの?

そんなSIMフリースマホの疑問を、グローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者さんに質問してきました。

回答:利用するキャリアの電波エリアがあれば使用可能です。


photo by unsplash

インターネットが使えるかは、利用するキャリアの電波エリアであるかどうかです。

電波発信する基地局は人口が多いところから設備されます。秘境や僻地の場合、設備投資されていないこともありますが、例えばサハラ砂漠など観光地としても人気があるエリアは、電波が繋がる箇所もありました。

 

でも、電波があるかなんて現地に行ってみない分からない!と言うと思います。実は、自分が旅するエリアの電波状況や通信速度を世界中どこからでも調べることができる無料サービス「OpenSignal」があるんです。海外のサービスですが、エリア検索は日本語でもできるので安心です。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング