editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元旅行会社社員の桃(@XxPeach)がツアーに関する疑問をお答えします!

今回のプロフェッショナル:元旅行会社社員・桃

18歳の時のスイスひとり旅で、海外にハマる。多くの人に同じ感動を味わって欲しいという一心でベンチャーの旅行会社に就職。入社半年以降約1.5年間営業トップを取り続ける。退職後はライター・ブロガーとして旅や英語を中心に発信中。

質問:ツアーの引率者は実は寝られないくらい大変って本当?

一時期、噂になったツアーガイドの仕事スケジュール。とてもハードで朝から晩まで働かせられるって聞いたことあるけど、本当なのかな…?

そんな疑問に元旅行会社の桃がお答えします。

回答:結構ハードだそうです…


photo by unsplash

基本的に添乗員付きのツアーは、旅慣れしていないお年寄りの方の割合がほとんどを占めます。以前派遣社員として添乗員をしていた知り合いから聞いた話では、少しでも不安なことがあると質問が飛び、その対応が大変だったそうです。

そもそも今は、主にクラブツーリズムなどガイドに強い旅行会社以外、旅行会社が扱うツアーのほとんどに、ガイドがついているツアーはありません。ガイドツアーはガイドがいないと入れない特別区域や説明が必要なハイキングなどのみ。ガイドは現地にいる日本人が行うか、ガイド会社に登録している派遣社員です。

数年前話題になった添乗員の労働環境も注目されているので、今後はガイド付きツアーが少なくなる一方だと思います。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜旅行会社編〜は「国内旅行・海外旅行ともに、旅行料金を安くする裏技って何かないの?」お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事