editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元旅行会社社員の桃(@XxPeach)が旅行に関する疑問をお答えします!

今回のプロフェッショナル:元旅行会社社員・桃

18歳の時のスイスひとり旅で、海外にハマる。多くの人に同じ感動を味わって欲しいという一心でベンチャーの旅行会社に就職。入社半年以降約1.5年間営業トップを取り続ける。退職後はライター・ブロガーとして旅や英語を中心に発信中。

質問:海外旅行先で戦争が始まったら旅行会社ってどんな対応をしてるの?

もし、渡航中に戦争が起きたら旅行会社はどんな対応をするの?そもそも旅行中に戦争が起こる可能性はある?

そんな疑問をTABIPPO編集部で元旅行会社の桃がお答えします。

回答:安否確認をした後、大使館や外務省と連携を取りながら強制帰国のサポートをします


photo by unsplash

戦争が始まってしまった場合、すぐに対象地域の方にあらゆる手段を通し連絡をし、安否確認とこれからの流れについて外務省・大使館などと連携を取りながら説明します。その後大使館からの指示を待ち、強制帰国のサポートをします。

大使館・外務省・日本旅行業協会(JATA)などからの連絡を受けつつ、事前にツアー申込の際に登録されているご家族などの国内緊急連絡先に、随時連絡をし現状を説明します。

国際法によると戦争に到達するまでいくつかのレベルがあります。戦争は最終的手段であり、その前に警告や経済的制裁など段階を踏んで、それでも収集がつかない場合のみ、戦争が開始されます。

そのため、戦争が危惧されていない地域を旅行中に、いきなり戦争がはじまることは非常に考えにくいでしょう。しかし、世界ではいつ何が起きるかわかりません。

海外へ行く際は必ず、外務省が運営する「たびレジ」に登録しましょう。テロ・事件・戦争などが起きた際に、いち早く安否確認と避難先の連絡が入ります。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事