ワーホリ協会の方が行きたいワーホリ先ベスト3とその理由は? | プロフェッショナルに聞いてみよう

Pocket はてブ

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は日本ワーキングホリデー協会の方にワーホリに関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)カウンセラー・しょへさん

しょへ

大学在学中、ワーキングホリデー制度を利用して約1年ドイツへワーホリ。帰国後は、主に九州の学生を対象として留学サポートを行う学生団体「ABConnect」を設立。大学4年次にはTABIPPO2015 初開催福岡の副代表。大学卒業後は、日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)にカウンセラーとして就職し、現在に至る。

 

質問:ワーホリ協会の方が行きたいワーホリ先ベスト3とその理由は?

毎年数カ国が加盟するワーキングホリデー先。たくさんあり過ぎて一体どこのエリアを選べばいいかわからないんだけど、プロが選ぶワーホリ先ベスト3って一体どこなの?なぜそこなの?

そこでワーホリ協会のカウンセラーに質問してきました。

 

回答:仕事が探しやすいのでシドニー・オークランド・トロントです

これ難しいですね。(笑)おすすめだとやはり人口が多くて生活・仕事などが全般的にしやすい場所がいいと思うのでシドニーなどでしょうか?

シドニー・オークランド・トロントあたりは語学学校・仕事・家探し、何をするにもバランスが良くイベントなども多いので飽きずに暮らせると思います。(もちろんニーズにもよりますが…)あとはニッチですが最近人気急上昇の、アイルランドのダブリンはおススメですね。

 

基本的には「言葉が通じない」「知り合いが全くいない(全く情報がない)」「土地勘がない」場所に行くので選びやすい街はやっぱり人口がしっかりいる、ある程度情報量なども多い街ではないでしょうか。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜ワーホリ編〜は「ワーホリの人気3ヶ国と人気の理由は?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

Pocket はてブ

WRITER

桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

プロフェッショナルに聞いてみよう

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品