writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は日本ワーキングホリデー協会の方にワーホリに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)カウンセラー・しょへさん

しょへ

大学在学中、ワーキングホリデー制度を利用して約1年ドイツへワーホリ。帰国後は、主に九州の学生を対象として留学サポートを行う学生団体「ABConnect」を設立。大学4年次にはTABIPPO2015 初開催福岡の副代表。大学卒業後は、日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)にカウンセラーとして就職し、現在に至る。

質問:ワーホリの人気3ヶ国と人気の理由は?

ワーキングホリデーに行くことは決めたけど、なかなかエリアが決まらなくて困ってる…。ワーホリ先でオーストラリアはよく聞くけど実際に人気の国ってどこなんだろう?

そこでワーホリ協会のカウンセラーに質問してきました。

回答:オーストラリア・カナダ・ニュージーランドです


photo by unsplash

人気3か国は不動のオーストラリア・カナダ・ニュージーランドです。

理由としては、やはりまずビザが取りやすいこと。これが圧倒的に大きいです。また移民国家でどんな人種も、留学生も、移民もウェルカムな雰囲気が根付いているところが非常に魅力的です。

 

ワーホリが受け入れする側の国に根付いているんというのも大きいですね。例えば新しく入った南米やヨーロッパの国は、まだ国民に「ワーホリ」がメジャーではありません。対して上記の3か国はそのへんのビーチで寝てるおっさんでもワーホリを知っています(笑)ですので、ワーホリで仕事探しや情報収集する土壌が整っていると言えますね!

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜ワーホリ編〜は「1年間で200万円貯金したい!稼げるのはどこの国でどんな仕事?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

 

現在TABIPPOでは、旅行好きや留学・ワーホリ経験のある求職者の方にTABIPPO限定の特別セミナーや企業を紹介するサービス「旅人採用」を運営しています。ワーホリから帰国後の仕事探しについて、心配な方はぜひキャリアアドバイザーにご相談ください。

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事