writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は日本ワーキングホリデー協会の方にワーホリに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)カウンセラー・しょへさん

しょへ

大学在学中、ワーキングホリデー制度を利用して約1年ドイツへワーホリ。帰国後は、主に九州の学生を対象として留学サポートを行う学生団体「ABConnect」を設立。大学4年次にはTABIPPO2015 初開催福岡の副代表。大学卒業後は、日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)にカウンセラーとして就職し、現在に至る。

質問:1年間で200万円貯金したい!稼げるのはどこの国でどんな仕事?

英語の勉強もしたいけど、とにかく貯金がしたい!必死で頑張ったら稼げるし貯金もできると聞いたんだけど、実際にどこの国どんな仕事に就けば可能なの?

そこでワーホリ協会のカウンセラーに質問してきました。

回答:最低時給が18ドルのオーストラリアでしょうか。


photo by unsplash

正直200万というのは、あまり現実的な額ではないですが、一番可能性が高いのは時給のベースが高いオーストラリアではないでしょうか?

オーストラリアは現在最低時給が18ドル程度ですので英語ができて現地のいわゆるローカルで仕事ができれば夢ではないと思います。

弊協会のお客様で英語がある方は比較的リゾートなどのホテルなどでアルバイトされて高時給でお金を貯めた子は見たことがあります。あとはオーストラリア人経営の優良ファームに行けている子は稼げている印象です。

 

なんにせよ英語力が前提条件になっているなあとは感じますね。しっかりローカル(現地)の経営者の下で働けている子はシフトもホワイトなので働きやすく、稼げている、という印象です。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜ワーホリ編〜は「1年間で200万円貯金したい!稼げるのはどこの国でどんな仕事?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事