ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は日本ワーキングホリデー協会の方にワーホリに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)カウンセラー・しょへさん

しょへ

大学在学中、ワーキングホリデー制度を利用して約1年ドイツへワーホリ。帰国後は、主に九州の学生を対象として留学サポートを行う学生団体「ABConnect」を設立。大学4年次にはTABIPPO2015 初開催福岡の副代表。大学卒業後は、日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)にカウンセラーとして就職し、現在に至る。

質問:ワーホリ提携先はどんな基準で選ばれてるの?次にワーホリに選ばれそうな国は?

最近たくさんの国がワーキングホリデーに加盟しているけれど、それって何か基準があるの?行きたい国があるけど、提携するかどうかはどうやって判断されているの?

ワーホリ協会のカウンセラーに質問してきました。

回答:日本との文化交流が目的なのでそういった観点から選ばれます。


photo by unsplash

提携先が選ばれているのは、定かではないですが、日本との文化振興や、国交の流れの中で提携が結ばれていると聞いたことはありますが、詳しい基準はあまり明らかになっていないです。移民や有能な技術者を移住させるために取り決めを行う国もあると思います。

 

ただやはり文化交流が目的ですのである程度日本への文化やインバウンドに貢献しそうなものが主眼に選ばれているとは思います。あとは日本との治安が釣り合うかも重要な項目ですね。

次にワーホリに選ばれそうな国はフィンランドという噂ですが、まだ正式には決まっていないのでなんとも…最近はやたらヨーロッパと南米が多くなってきましたね(笑)

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

 

現在TABIPPOでは、旅行好きや留学・ワーホリ経験のある求職者の方にTABIPPO限定の特別セミナーや企業を紹介するサービス「旅人採用」を運営しています。ワーホリから帰国後の仕事探しについて、心配な方はぜひキャリアアドバイザーにご相談ください。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング