ライター
Jyaiko カタール在住/約100ヵ国渡航

横浜生まれ中東育ち。現在はカタール在住。今まで住んだことのある国はエジプト、アメリカ、カタール。人生の約半分は海外暮らし。高所恐怖症で飛行機も苦手なのに、旅がしたくてなぜか客室乗務員として空の上で働いている。現在行ったことのある国は約100ヵ国。興味あることは国際協力とモアイとラーメン。

ドーハでアラビック料理を食べるならここ

ドーハの醍醐味は、中東の各国の料理が食べられるということ!それぞれ似ているようで少しずつ違った中東料理ですが、日本人の口にも良く合います。カタールに来たらぜひ色々な中東料理を試してみましょう。

 

Al Bait Al Kuwait Restaurant

photo by Shoko_Jyaiko

カタールでカタール料理というものを見つけるのは案外難しいもの。しかし、このお店では正統派のカタール料理を食べることができます。観光客はあまり来ないエリアにあるので、カタール人が主なお客さんです。

お店の特徴は個室のような作りになっていて、テーブル席か座敷席かを選ぶことができること。また、各個室にはテレビも付いている部屋もあり、カタール人の家族はこういうところで食事をとっているのかという様子も伺えます。

 

メインの食事はインドのビリヤニのように、ご飯の上にチキンや魚などをのせた料理。その他にもレンティルスープやファトゥーシュといった中東の代表的な料理も、もちろんあります。

 

Mashawi Al Arabi

photo by Shoko_Jyaiko

ここは物価が高いドーハの中ではかなり格安で、そして美味しい中東料理が食べられる場所。レストランというよりはファストフードの食堂のようなイメージで、テイクアウトもすることができます。

 

このお店のメイン料理はシュワルマ。日本ではケバブ屋さんで見かけるような、鉄串に刺して直火で焼いたお肉のかたまりを削って、野菜やソースと共にラップサンドイッチにしたもの。

ここではチキン、またはビーフ、そしてサンドイッチのサイズを選ぶことができます。またここの中東風ピザも美味しいので、ぜひ試していただきたい一品です。

 

ローカルな気分を味わいながらスピーディーに、安く、そして美味しく食事をしたい時には最適のお店!チェーン店なのでドーハ市内に何店舗かあります。

 

Remman Cafe

photo by Shoko_Jyaiko

朝6時から深夜0時まで空いているこのRemman Cafeは、West BayにあるEzdanビルの地上階に入っており、昼間はスーツを着たビジネスマンがランチでよく利用しています。

このレストランの特徴は、内装のデコレーションがとてもかわいいこと。女子ウケすること間違いなしのレバノン料理屋さんです。料理もアラビック料理の定番が揃っています。

 

Al Khaima Restaurant

photo by Shoko_Jyaiko

ドーハの中で一番おいしいラムチョップが食べられることで有名なこのお店。いつも地元の人だけでなく多くの観光客で賑わっています。私はラムはあまり好んで食べる方ではありませんでしたが、ここのラムチョップは格別でとても美味しかったです。

また、びっくりするくらい大きなパンもこのお店の名物で、このパンと一緒に様々なアラビックメッゼ(前菜のようなもの)を試してみるのもおすすめです。

 

Layali Al Qahira (Cairo Nights)

photo by Shoko_Jyaiko

Souq Waqif内にあるエジプト料理屋さん。ここで頼んでほしいのは、ライムミントジュースにモロヘイヤスープとラムチョップ。

photo by Shoko_Jyaiko 石窯でパンを焼くおばさん。

また、このレストランの入り口には石窯があり、そこで焼かれたアツアツのパンに「タヒーナ」というペーストをつけて食べると、ほっぺたが落ちるほど幸せな気持ちになります。さらに、ここではシーシャを吸うこともできます。

 

Argan Moroccan Cuisine

photo by Shoko_Jyaiko

Souq WaqifにあるAl Jasra Boutique Hotelの中にあるこのモッロッコ料理屋さん。料理はタジンやクスクスなどのモロッコの代表的な料理を味わうことができますが、なんといってもこのお店の内装が凝っていて美しいのが特徴です。

photo by Shoko_Jyaiko

食事で利用しなくても、オシャレなグラスで飲む本場のモロッカンティーと甘いモロッカンスイーツを楽しむ、お茶タイムだけの利用も可能です。

 

Parisa Souq Waqif

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Parisa Souq Waqif (@parisasouq) on Apr 12, 2019 at 12:00am PDT

ここもSouq Waqifにあるイラン料理のお店です。このお店の特徴はキラキラと輝く鏡張りになった入り口と、お城のような美しい内装です。中に入るだけで昔の宮殿に入ったかのような気分に。日本ではなかなか試すことのできないイラン料理を是非試してみましょう。

 

Al Aker Sweets

photo by Shoko_Jyaiko スークワキーフ店は、親指のモニュメントの隣にある。

Souq Waqifや市内に店舗を構えるアラビックスイーツ屋さん。ここでぜひとも頼んでほしいのがKuafa(コナーファ)というアラビックスイーツ。

アラビックスイーツというと甘すぎて食べられない!という方もいるかもしれませんが、このコナーファはチーズを使っていて、甘さも控えめで日本人の口に合うため、とても美味しく病みつきになってしまいます。

photo by Shoko_Jyaiko Hard KunafaとチョコレートKunafa。

コナーファとは、極細の麺のような形をした小麦粉の生地の中にチーズを入れて焼いた伝統的なお菓子です。この極細の麺のような生地はSoftとHardの2種類から選ぶことができ、日本食で例えると固やきそばと普通のやきそばと言った感じ。

どちらもとても美味しいですが、多くの日本人が好むのはHardの方です。初めての方はHard Kunafaを頼んでみましょう。

 

Halul Cafe

photo by Shoko_Jyaiko

地元の人たちと一緒になってカフェでお茶をしたいなら、このHalul Cafeがおすすめ。ここはレストランではなくカフェなので、簡単な軽食しかありません。多くの人たちが紅茶を飲みながらシーシャを吸ったり、ボードゲームをして遊んだりと、ゆったりした時間が流れています。

ここではKarak Chaiという中東特有の甘いミルクティーを試してみましょう。外の空気を吸いながらローカルな気分を味わうことができるはず。

 

アラブを感じられるオススメホテルは?

ドーハには数々のホテルがありますが、今回はアラブを感じられるカタールならではのホテルを紹介します!

 

Sharq Village & Spa -The Ritz Carlton-

photo by Shoko_Jyaiko

photo by Shoko_Jyaiko

空港からほど近い距離にあるこのホテルは、リッツカールトンが運営しています。エントランスを入るなりとてもゴージャスな作りで、優雅な雰囲気を味わうことができます。

photo by Shoko_Jyaiko

客室はヴィラタイプになっていて、外観はカタールの伝統的な薄茶色の素朴な建物ですが、部屋の中は格調高い作りとなっています。このホテルにはプールやビーチもあります。

photo by Shoko_Jyaiko スパの入り口。

また、Six Senses Spaというスパもあり、ヨガのクラスやマッサージ、サウナやジャグジー等もあります。このスパは中がとても凝った素敵な内装にになっているので、見学するだけでもぜひ行っていただきたい場所です!

 

Souq Waqif Boutique Hotels

photo by Shoko_Jyaiko

Souq Waqifを歩いていると目にするのが数々のブティックホテル。これらブティックホテルは全て系列店となっており、それぞれ内装や部屋のタイプ、料金などが異なります。

このブティックホテルの特徴はアラブらしさを取り入れた外装と内装、そして何よりSouq Waqif内にあるという立地の素晴らしさでしょう。

photo by Shoko_Jyaiko

また、宿泊者であればブティックホテル内にあるレストランなら、どこでも朝食を楽しむこともできます。どのホテルも違った雰囲気があり、それぞれ見に行くだけでも楽しめます。

 

Banana Island Resort Doha by Anantara

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Banana Island Resort Doha (@bananaislandresort) on Dec 15, 2018 at 3:43am PST

アラビア湾に埋め立てられ作られたこの人工の島は、バナナアイランドと呼ばれています。島にある唯一のこのホテルは、とてもラクジュアリーなリゾートホテルで、ドーハにある数多くの高級ホテルの中でも上位にランクインするでしょう。

離島にあるため、静かなビーチとプールを思いっきり満喫することができます。喧騒から離れて贅沢な時間を味わいたい人にはぴったりのホテルです。

このバナナアイランドまでのアクセスは、先ほど紹介したコ―ニッシュにある専用ターミナルから船で向かいます。宿泊せずに日帰りで施設を利用することができるプランなども用意されています。なお、このホテルではお酒を飲むことはできません。

 

「世界一退屈ではない」ドーハにぜひ行ってみよう!

photo by Shoko_Jyaiko

いかがでしたか?私が好きなドーハの良いところをできるだけ多く知ってもらいたい!と思って書いていたら、とてもボリューム満点の記事となってしまいました。それくらいドーハには隠れた魅力的な場所がたくさんあります。

photo by Shoko_Jyaiko

かつて「世界一退屈な町」と言われていたドーハが、今はどんどん新しいものが建てられて、とてもホットな場所へと変化しています。

そしてカタールの良いところは、そんな新しいものをどんどんと積極的に取り入れるものの、伝統的なアラブの雰囲気をきちんと残しているというところ。

photo by Shoko_Jyaiko

これからどんどん進化を遂げていくカタール。他の国にはないとても面白いこの国にぜひ足を運んでみてください!日本からはカタールまでは、直行便がおすすめ。世界の航空会社ランキングトップを争うカタール航空が就航しています。

きっと「世界一退屈な国」だった面影を感じることなく、素敵な思い出をたくさん作ることができるでしょう。

ライター
Jyaiko カタール在住/約100ヵ国渡航

横浜生まれ中東育ち。現在はカタール在住。今まで住んだことのある国はエジプト、アメリカ、カタール。人生の約半分は海外暮らし。高所恐怖症で飛行機も苦手なのに、旅がしたくてなぜか客室乗務員として空の上で働いている。現在行ったことのある国は約100ヵ国。興味あることは国際協力とモアイとラーメン。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング