writer
五島 夕夏 イラストレーター・ライター

桑沢デザイン研究所卒業。学生時代ロシアの絵本に大きく影響を受け、絵本画家を志す。現在はフリーのイラストレーター・ライターとして活動。 2014年には同じくイラストレーターである父との二人展、「このこねこのこ展」を目黒にて開催。 2016年には名古屋市栄にて初の個展「かくれんぼうてん」を開催。 ラフォーレ原宿でのグッズ販売やファッションブランドのノベルティデザインなど、多方面で活躍の幅を広げている。 また、全国を周り旅やものづくりの楽しさを伝えるライターとしても活動中。

遺跡の街、ローマ

ドーハ空港からローマへ向かう

翌あさ再びドーハ空港に向かい、目的地ローマへ出発します。ドーハ〜ローマのフィウミチーノ空港までは約5時間のフライト。映画を観て軽食をいただき、現地時間PM12:30ころ空港に到着いたしました。

昨日ドーハに一泊したおかげで、身体が軽く元気いっぱい!いったん空港から列車に乗り、ローマ市内のホテルにチェックイン。

ジョベルティ アートホテルの外観

ローマ滞在中お世話になるのは、こちらの“ジョベルティ アートホテル“。

ジョベルティ アートホテルの部屋

ジョベルティ アートホテルの水回り

ローマの主要駅であるテルミニ駅から徒歩1分程という好立地で、泊まったお部屋は日本人に嬉しいバスタブ付き!ベッドやクッションが可愛くって、さすがアートホテルと言った印象です。

■詳細情報
・名称:Gioberti Art Hotel
・住所:Via Gioberti, 23, 00185 Roma RM, イタリア
・電話番号:
・料金:+39 06 4521 0474
・公式サイトURL:http://www.giobertiarthotel.it/

ローマ市内の様子

ローマにあるスペイン広場

ホテルに荷物を置き準備して、初日はのんびり街歩き。有名な“スペイン広場“をはじめ、ローマには歴史ある広場がいくつも点在しています。

明日からの観光が楽しみだ〜!

ローマのバスが乗れるチケットを持った女性

2日目は朝から遺跡巡り。

ローマは比較的ちいさな街ですが、夏場に歩いて移動するのはちょっとツラい…。そんな時はテルミニ駅の切符売り場で市内バスの1日券を購入しましょう。7ユーロ(当時約920円)で24時間バス乗り放題なので、とても重宝しましたよ。

有名なコロッセオの中

伝統的な建物のフォロ・ロマーノ

美しいサンタマリアマッジョーレ教会

“コロッセオ“に、“フォロ・ロマーノ“、“サンタマリアマッジョーレ教会“。

犬も歩けば遺跡にあたると言えるくらい、ローマはとにかく遺跡だらけの街ですね。そのひとつひとつが見上げるとクラクラするくらい巨大で、どこかしこも迫力満点!とくに、教会の装飾は涙が出るほど繊細で素晴らしかったです。

イタリアでピザを食べる女性

本場のピザはサクサク香ばしくって、毎日でも食べたい美味しさでした。

ローマで市場、列車でフィレンツェ

フィレンツェにあるいちば

フィレンツェにある市場で写真に写る女性

3日目も早起きでバスに乗り、“ポルタ・ポルテーゼ“という蚤の市でお買い物。川沿いに数えきれないほど出店が並び、お財布の紐がつい緩みます。ただブランド模倣品なども山ほど売っているので、地元の人が出しているお店で掘り出し物を探すのがオススメ!

ローマ市内で写真を撮る女性

ローマは街並がとても綺麗で、どこをとっても絵になります。遺跡も観光地も素敵だけど、こういうなんてことない路地もときめくなあ。

ローマにある真実の口と女性

と言いつつ、超有名な“真実の口“でもバッチリ写真を撮りました。

ジョベルティ アートホテルの朝食ビュッフェ
4日目は少し遅めに起きて、まったりホテルの朝食ビュッフェ。毎朝フレッシュな野菜やチーズ、焼きたてのパンがいただけるなんて最高すぎて……もうここに住みたい〜!

ヨーロッパの電車の前で写真を撮る女性

この日、特急列車に乗ってフィレンツェを訪れることにしました。ローマ〜フィレンツェは1時間半という近距離なので日帰り可能!列車はネットで事前予約ができるので、日本にいるうちに手配しておくとスムーズです。

ローマ市内にあったメリーゴーランド

赤い屋根が可愛いサンタマリアノベッラ教会

美しすぎるフィレンツェの街並み

赤い屋根や広場のメリーゴーランド、“サンタマリアノヴェッラ教会“の建築……どこもおとぎ話の世界のように美しい街、フィレンツェ。

イタリア発祥のジェラートを食べる

イタリア発祥のジェラートは、濃厚で甘くて良い香り。ただ量が多いのでシェアして食べるとちょうどいいかも?

ありがとうローマ、それにカタール

楽しかった旅行も、あっという間に最終日。最後に、ずっと来てみたかった“ヴァチカン市国“の大聖堂に足を運びました。

世界で一番小さな国ヴァチカン市国

ヴァチカン市国にある小さな教会

大聖堂の中に足を踏み入れた時のインパクトといったら、もう、写真だけでは伝えきれません。その場所の生の空気、におい、意味……全てを肌で感じることができて本当に良かったです。

美味しすぎるティラミスと女性

美味しすぎる本場のイタリアン

ヴァチカン近くのスイーツショップ“ポンピ“で美味しすぎると話題のティラミスをいただき、レストランで最後のイタリアンを食し、ローマ旅ついに!これにて終了〜!ドーハの一泊からはじまり、楽しすぎる7日間でした。

夜の美しすぎるローマ市内

夜のローマに別れを告げ、帰りの便ももちろんカタール航空で。さようならローマ、またくるね〜!

カタール航空でくつろぐ女性

カタール航空のサービスも、ドーハの異国感も、ローマの絶景も、全てが忘れられない思い出となりました。ふかふかのシートに身を委ね、ぐっすり眠って無事に帰国しましたとさ。

▼カタール航空様よりご案内
カタール航空では、お客様の安全を第一に考え、運航を継続しております。お客様がこれからまたご旅行をお考えになるにあたり、安心してご計画いただけますよう、たくさんの選択肢をご提案させていただきます。

2020年12月31日までのご旅行をすでにご予約のお客様、またはこれからご予約をお考えのお客様には、安心かつ柔軟な旅をご計画いただけます。詳細はカタール空港公式HPをご覧ください。

writer
五島 夕夏 イラストレーター・ライター

桑沢デザイン研究所卒業。学生時代ロシアの絵本に大きく影響を受け、絵本画家を志す。現在はフリーのイラストレーター・ライターとして活動。 2014年には同じくイラストレーターである父との二人展、「このこねこのこ展」を目黒にて開催。 2016年には名古屋市栄にて初の個展「かくれんぼうてん」を開催。 ラフォーレ原宿でのグッズ販売やファッションブランドのノベルティデザインなど、多方面で活躍の幅を広げている。 また、全国を周り旅やものづくりの楽しさを伝えるライターとしても活動中。

RELATED

関連記事