other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

英語を学習する人にとって、発音は頭を悩ます問題の一つですよね。日本語と英語の発音には、異なる点が数多く存在します。「ちゃんと英語を話しているつもりなのに、全然通じない!なんでやねん!」と、もどかしい思いをした方も多いのではないでしょうか。

 

日本人にとって難しい、LとRの違い

話す

photo by Shutterstock

日本人にとって再現が難しい英語の発音の一つに、「L」と「R」の音があります。

日本語にはラ行の音は1つしかありませんが、英語には残念ながら2つ存在します。日本語のラ行の音に近いのが「L」の音ということもあり、「R」を発音しているつもりなのに「L」として受け取られることはしばしばあります。

 

「うわ」という言葉を繰り返しブツブツ言う

遅刻

Photo by Shutterstock

「うわ、遅刻しちゃった!」の「うわ」を、念仏のように繰り返し唱えましょう。「うわうわうわうわうわうわうわうわ…」といった感じです。

あ、周りの人に心配されないよう、自分の部屋で、小さい声で行うのをお忘れなく!

 

ステップ2:口の動きはそのままに、「らい」と言うよう頑張る

話す

Photo by Shutterstock

「うわうわうわうわうわ…」

口をすぼめる→広げる→すぼめる→広げる…の動きをそのままに、「らい」という言葉を言うように頑張りましょう。決して口の動きは変えちゃいけませんよ!口の動きを忘れちゃったら、再び「うわ」を言いまくりましょう。

うまくいけば「わいわいわいわいわ…」みたいな音が口から出てきます。

はい。実はたったこれだけです。「わいわいわい…」は、英語で言う”right, right, right…”。
上記2ステップを踏むだけで、あんなに頭を悩ませた「R」を含んだ”right”という言葉が、いともカンタンに発音できちゃいます。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事