writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

英語を上達するには、英語を正しく読むことが必要です。今回は英語の読み方のコツをお伝えします。この記事を読みながら練習してみましょう。

 

1. eaの読み方

shutterstock_303661565

eaの読み方は大きく分けて2パターンに分類されます。1つ目は、「e」をアルファベット読みして、「a」を発音しないパターンです。「tea」や「meat」がそれに該当します。

2つ目は「e」を発音し、「a」を発音しないパターンです。「heavy」はこのタイプに該当します。

 

2. Cの読み方

Cはずばり「S」もしくは「K」と発音します。これにはルールがあります。下記をご覧ください。

 

◼︎C+e・i・母音のy⇒Cは「S」と発音します。「City」や「Cent」がこのグループになります。

◼︎C+子音・a・o・u⇒Cは「K」と発音します。「Cat」や「Cup」がこのグループになります。

 

3. ghの読み方

shutterstock_388630330

「gh」が並ぶと、どのように発音すればいいのか、フリーズしてしまう人もいるのではないでしょうか。「gh」が頭にくる場合、「h」は発音されません。例えば、「Ghost」は「h」を読まないのです。「igh」や「ight」の場合は、「gh」を読まずに、「i」を「アイ」と読みます。Nightがわかりやすい一例です。

 

4. thの読み方

「この人は英語を勉強しているなぁ」と思わせるには「th」の読み方をマスターしましょう!これは、日本語の「ス」ではありません。舌の先を上唇と下唇で軽く挟んで「ス」に近い音を出します。「th」の綴りが出たら、意識的に音読するのも良いでしょう。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事