writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

女性からのお誘いにはご注意を

photo by pixabay

私が訪れたGIPSYは一般的な観光サイトにも掲載されている、健全なクラブです。しかし、クラブはお客さんの人間関係にはノータッチです。まずは、これをしっかり頭に入れておいてください。

ここからは私の体験談です。クラブで音楽を堪能し、とあるロシア人女性と仲良くなりました。しばらくして、彼女から「オイルマッサージ、200ドル」という一言が。一瞬、心が揺らぎましたが「これはダメだ」と思い、やんわりとお断りしました。

 

残念ながらロシア人の女性は所得が低く、売春関連のアルバイトをする人が少なくないとか。私が話していた女性も見た目は普通の人でした。なおロシアでは法律で禁止されていますので、個々人の判断にしたがって、適切に対応してください。

なお、お誘いがあったからと言って、決して女性に怒ってはいけません!怒鳴り声を出すとスキンヘッド警備員が駆けつけ、ややこしい事態になるかもしれません。彼女の尊厳を傷つけずに、お断りするのがベストだと個人的には思います。

 

帰りはタクシーで、ただしお釣りは出ません

ロシアの治安を考えると、深夜に歩道を歩くのは考えもの。できれば複数人でタクシーを利用することをおすすめします。タクシーは予約制になっているためご注意を。アプリ「Yandex Taxi」などを利用するといいでしょうね。

なお、基本的にロシアのタクシーはお釣りを用意していません。お釣りが気になる人はコインを多めに用意しましょう。

 

クラブに行って、どうだった?

Photo by Nitta Hiroshi

最後に個人的な感想を。実は国内外も含め、クラブに行ったのは今回が初めて。ロシアの今時の音楽が聞け、若い人と交流できたのはよかったですね。私は内向型人間のため、1人ではなかなか声をかけれませんでした。そこは同行者の助けを借りながら交流しました。

私は3時間ほど滞在しましたが、初めてロシアのクラブを訪れる際は60分~90分くらいにとどめておくのがベターだと思います。音楽を聞くだけでも、十分に楽しめます。ぜひ、この記事の注意点をチェックしたうえで、ロシアのナイトライフを楽しんくださいね。

■詳細情報
・名称:GIPSY
・住所:Bolotnaya Naberezhnaya, 3/4, строение 2, Moskva
・アクセス:地下鉄クロポトキンスカヤ駅から徒歩約15分
・営業時間:基本的に金曜日・土曜日の23:00~7:00、詳しくはCLUBBABELをチェック
・定休日:上記日程以外
・電話番号:+7 968 612-04-50
・料金:前金は1,500ルーブル
・所要時間:60分~90分
・公式サイトURL:http://bargipsy.ru
writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事