ロシアのナイトライフはどんな感じ?モスクワにある巨大クラブGipsyに行ってみた

Pocket はてブ

みなさん!突然ですが、海外のクラブに行ったことはありますか?ヨーロッパやアジアのクラブには行ったことがある話はチラホラ聞きますが、ロシアのクラブに行ったという旅人はあまり聞きません。

今回は内向型人間の私がロシアのクラブに潜入しました。さっそく、レポートしましょう。

 

ロシアのクラブはパスポートチェックが厳しい?

photo by pixta

私はとあるヨーロッパ人男性と一緒に、首都モスクワにあるクラブを訪れました。まず、クラブに入る際にパスポートチェックが求められます。ロシアのクラブに行く際は必ずパスポートを持っていきましょう。

それでは、パスポートを持っていけば必ず入れるか?というと、それは甘い! パスポートチェックはとても厳しく、中には「外国人だから」という理由で入店を断られたクラブもありました。あくまでも主観ですが、アジア系やアフリカ系に対しては特に厳しいように思いました。

 

私の場合はヨーロッパ人男性が代表になって、スタッフと交渉してくれたおかげで、クラブに入れたと思います。なお、スタッフは英語はNG! ロシア語しか話せません。したがって、ロシアのクラブに行く際はロシア語が話せるヨーロッパ系の方と行くか、ロシア人と一緒に行くようにしましょう。日本人1人だけですと、入店は難しいかもしれません。

私はモスクワ、いやロシアでも最大の規模を誇るであろうGYPSYに行きました。GYPSYの場合、パスポートチェックをパスすると、ボディチェックがありました。2つのチェックが終わると、ようやく入店できます。

 

クラブ内の雰囲気は?ロシア美女・美男はいるの?

Photo by Nitta Hiroshi

入店すると、カウンターで前金1,500ルーブル(約2,500円)を払わないといけません。この前金を払うカウンターで、信じられない光景が。なんと、若いロシア人女性が長いカウンターテーブルにズラリと並んでいたのです。少なくとも10人以上はいたと思います。

思わず写真を撮りたくなりますが、周りには体格のいいスキンヘッドの警備員がいるため、撮影ができるような雰囲気ではありませんでした。なお、前金はクレジットカードでも支払えます。

 

いよいよ、クラブに入ります。規模はとても大きく中央にはプールがありました。もちろん、飲み物をオーダーできるカウンターもあります。ステージではパフォーマーが演奏しているわけですが、これがとてもうまい!しかもロシア語なので、聴く価値は十分にあると思います。

多くの若者が音楽に合わせてはっちゃけていました。ところで、椅子とテーブルがありますが、これは別料金になっています。疲れたら窓際にある長椅子に座りましょう。

photo by pixta

さて、クラブ内はほとんどロシア人。全体的に20代~30代が多く、女性のほうが少し多いような気がします。男性はパリっとしたシャツ、女性は黒系のおしゃれな服を来て、美男・美女ばかり!思わず、こちらが気後れしてしまいます。

それでも、日本人であることを伝えると、男性も女性も基本的に大歓迎!驚きの目で見られ、積極的にコミュニケーションをとってくれます。握手はもちろん、熱烈なハグで応えてくれる人もいました。なお、多くのロシア人は英語が話せませんでした。少しでもロシア語が話せると、好感度UP間違いなしです。

 

なお、クラブ内には立派な体格をしたスキンヘッドの警備員がウロウロしています。安全といえば安全ですが、正直、少し怖いくらいです。ステージの撮影はOKでしたが、一眼レフカメラで店内の写真を撮りすぎると警備員に目を付けられるかもしれません。あまり、周りの人と違った行動をとらない方がいいと思います。

また、私が訪れた日だけかもしれませんが、クラブ内ではお互いに写真を撮るシーンは見られませんでした。そこは周りの状況を見ながら対応してください。

 

現金(ルーブル)をある程度、持っていくのがコツ

photo by pixta

GIPSYでは、ドリンク注文の際にカードはNGでした。ロシア・ルーブルで支払わないといけません。そのため、クラブに行く際はある程度、ルーブルを用意することをおすすめします。もちろん、クラブ内は混沌とした雰囲気なので、貴重品の取り扱いにはご注意を。

また、クラブ内のドリンクは決して安くありません。メニュー表を見ながら、計画的に飲むといいでしょう。GIPSYではホームページにドリンクメニューが公開されています。お金に不安のある旅人は事前にクラブのホームページをチェックするといいでしょう。

 

そして、男性のみなさん!クラブに限らずですが、ロシア人の女性と仲良くなって、一緒にドリンクを注文する際は男性がおごるのが基本です。これはジェンダーの問題というよりはロシアの文化・習慣です。人にもよりますが、女性は財布すら出そうとしない場合が多いようです。

「割り勘でいい」と言われたら、それに従えばOKです。反対に女性の場合は、ケースにもよりますが、割り勘にしたい場合は毅然と対応したほうがいいでしょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ロシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品