writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

ワールドカップ開催により、身近な国になりつつあるロシア。2018年8月から、極東ロシアにおける電子ビザの適用地域が拡大されました。一方、いくつか注意点もあります。どうぞ、この記事を参考にして、ロシアに足を踏み入れてみましょう。

 

そもそも、ロシアの電子ビザとは

Photo by 新田浩之

まずはロシアのビザシステムについて説明しましょう。基本的にロシアに入国する際はビザが必要です。今まではどの地域を訪れるにしても、写真や書類を揃えて、大使館もしくは領事館に行く必要がありました。また、大使館へは持ち込みに限られていたので、とても面倒なものでした。

2017年8月、ロシアは極東地域にあるウラジオストクに限り、電子ビザを導入。電子ビザとはインターネットを通じて取得できるビザ制度のことを指します。つまり、家にいながらビザを申請することが可能になりました。電子ビザのルールは以下のとおりです。

・ロシア連邦外務省の専用ホームページからビザを申し込む
・申請可能日は入国予定日の20日前~4日前まで
・電子ビザでロシアに滞在できる日数は最大8日間
・入国した地域内のみの移動に限られる(電子ビザで他地域へは移動できない)
・電子ビザにかかる費用は無料
・入国当日はスマートフォンでメールで送られてくる電子ビザ発給通知を国境審査官に見せればいいだけ
・従来のビザ申請で必要だったバウチャーはいらない

 
大使館に行く手間が省けただけでも、ずいぶんと便利なものに。しかし、電子ビザがスタートしたときはウラジオストク港とウラジオストク空港のみ対応していました。その後、鉄道や道路の対応アクセスポイントは増えましたが、空港は相変わらずウラジオストクに限られていました。

「早く、他の空港でも電子ビザに対応してくれないか……」そのように思った人は私だけではないでしょう。

 

電子ビザで行ける地域はどこまで広がった?

Photo by 新田浩之

2018年8月19日、電子ビザが使える空港が1箇所から5箇所に増えました。2018年9月現在、電子ビザが使える国境ポイントは以下のとおりです。

ウラジオストク空港、ウラジオストク港、ポシエット港、ザルビノ港、ペトロパブロフスク カムチャツィキー港、コルサコフ港、ポグラニーチヌイ駅、ハサン駅、マハリノ駅、ツリー ロッグ(道路)、ポルターウカ(道路)、ペトロパブロフスク・カムチャツキー(エリゾボ)空港、ブラゴベシチェンスク空港、ハバロフスク空港、ユジノ・サハリンスク(ホムトボ)空港、アナディリ(ウゴリヌィ)空港(チュコト自治区)

 

ここで多くの旅人に関係するのはウラジオストク空港、ウラジオストク港、ペトロパブロフスク カムチャツィキー港、ペトロパブロフスク・カムチャツキー(エリゾボ)空港、ハバロフスク空港、ユジノ・サハリンスク(ホムトボ)空港ではないでしょうか。

今回の措置により、ウラジオストク、ハバロフスク、サハリン、カムチャッカ半島などが電子ビザで行けるようになりました。ウラジオストクのみであった昨年と比べると、行ける地域が大幅に増えましたね。

 

電子ビザでシベリア鉄道には乗れるのか

photo by pixta

鉄道ファンならずとも、旅人のあこがれになっているシベリア鉄道。ウラジオストクからモスクワまでの9,000キロを超える列車旅は旅人を魅了し続けています。さて、電子ビザでシベリア鉄道を乗ることはできるのでしょうか。

答えは「NO」です。電子ビザを使ってシベリア鉄道に乗り、ウラジオストクからハバロフスクへ移動することはできません。「ウラジオストクやハバロフスクは電子ビザで入れるのに、なぜ」と思うでしょう。

 

先ほども書いたとおり、電子ビザは入国した地域内の観光に限られます。つまり、ハバロフスクから入ったら、ハバロフスク地域のみ可能。ハバロフスクから入って、ウラジオストクから出るということはできません。

勘のいい旅人なら「期間内にウラジオストク~ハバロフスクを往復すればいいのでは……」と思うかもしれませんね。残念ながら、これもできません。ロシア国鉄では車両に乗り込む前にパスポートチェックがあります。そこで、バレるでしょう。

ワールドカップ開催により、身近な国になりつつあるロシア。2018年8月から、極東ロシアにおける電子ビザの適用地域が拡大されました。一方、いくつか注意点もあります。どうぞ、この記事を参考にして、ロシアに足を踏み入れてみましょう。

 

そもそも、ロシアの電子ビザとは

Photo by 新田浩之

まずはロシアのビザシステムについて説明しましょう。基本的にロシアに入国する際はビザが必要です。今まではどの地域を訪れるにしても、写真や書類を揃えて、大使館もしくは領事館に行く必要がありました。また、大使館へは持ち込みに限られていたので、とても面倒なものでした。

2017年8月、ロシアは極東地域にあるウラジオストクに限り、電子ビザを導入。電子ビザとはインターネットを通じて取得できるビザ制度のことを指します。つまり、家にいながらビザを申請することが可能になりました。電子ビザのルールは以下のとおりです。

・ロシア連邦外務省の専用ホームページからビザを申し込む
・申請可能日は入国予定日の20日前~4日前まで
・電子ビザでロシアに滞在できる日数は最大8日間
・入国した地域内のみの移動に限られる(電子ビザで他地域へは移動できない)
・電子ビザにかかる費用は無料
・入国当日はスマートフォンでメールで送られてくる電子ビザ発給通知を国境審査官に見せればいいだけ
・従来のビザ申請で必要だったバウチャーはいらない

 
大使館に行く手間が省けただけでも、ずいぶんと便利なものに。しかし、電子ビザがスタートしたときはウラジオストク港とウラジオストク空港のみ対応していました。その後、鉄道や道路の対応アクセスポイントは増えましたが、空港は相変わらずウラジオストクに限られていました。

「早く、他の空港でも電子ビザに対応してくれないか……」そのように思った人は私だけではないでしょう。

 

電子ビザで行ける地域はどこまで広がった?

Photo by 新田浩之

2018年8月19日、電子ビザが使える空港が1箇所から5箇所に増えました。2018年9月現在、電子ビザが使える国境ポイントは以下のとおりです。

ウラジオストク空港、ウラジオストク港、ポシエット港、ザルビノ港、ペトロパブロフスク カムチャツィキー港、コルサコフ港、ポグラニーチヌイ駅、ハサン駅、マハリノ駅、ツリー ロッグ(道路)、ポルターウカ(道路)、ペトロパブロフスク・カムチャツキー(エリゾボ)空港、ブラゴベシチェンスク空港、ハバロフスク空港、ユジノ・サハリンスク(ホムトボ)空港、アナディリ(ウゴリヌィ)空港(チュコト自治区)

 

ここで多くの旅人に関係するのはウラジオストク空港、ウラジオストク港、ペトロパブロフスク カムチャツィキー港、ペトロパブロフスク・カムチャツキー(エリゾボ)空港、ハバロフスク空港、ユジノ・サハリンスク(ホムトボ)空港ではないでしょうか。

今回の措置により、ウラジオストク、ハバロフスク、サハリン、カムチャッカ半島などが電子ビザで行けるようになりました。ウラジオストクのみであった昨年と比べると、行ける地域が大幅に増えましたね。

 

電子ビザでシベリア鉄道には乗れるのか

photo by pixta

鉄道ファンならずとも、旅人のあこがれになっているシベリア鉄道。ウラジオストクからモスクワまでの9,000キロを超える列車旅は旅人を魅了し続けています。さて、電子ビザでシベリア鉄道を乗ることはできるのでしょうか。

答えは「NO」です。電子ビザを使ってシベリア鉄道に乗り、ウラジオストクからハバロフスクへ移動することはできません。「ウラジオストクやハバロフスクは電子ビザで入れるのに、なぜ」と思うでしょう。

 

先ほども書いたとおり、電子ビザは入国した地域内の観光に限られます。つまり、ハバロフスクから入ったら、ハバロフスク地域のみ可能。ハバロフスクから入って、ウラジオストクから出るということはできません。

勘のいい旅人なら「期間内にウラジオストク~ハバロフスクを往復すればいいのでは……」と思うかもしれませんね。残念ながら、これもできません。ロシア国鉄では車両に乗り込む前にパスポートチェックがあります。そこで、バレるでしょう。

モスクワやサンクトペテルブルクへは従来通りのやり方で

Photo by:新田浩之

電子ビザの適用地域は拡大しましたが、まだ極東ロシアに限ったお話。モスクワやサンクトペテルブルクを訪れる際は従来どおりのやり方でビザを取得しましょう。

従来通りのやり方ですと、原則として宿泊施設を決めてからビザを申し込むことになります。一方、宿泊施設を予約せずともビザ申請ができる「空バウチャー」を使う旅人も多いようです。

従来、ロシア当局は「空バウチャー」を「黙認」していましたが、最近になり「厳格化」の話も私の耳に届くようになりました。「空バウチャー」はおすすめしません。万が一のことを考え、正規のやり方でビザを取得することをおすすめします。

 

サハリンへ行く場合は船ではなく飛行機にしよう

photo by pixta

北海道の北に位置するサハリンへは2つの行き方があります。一つ目は飛行機(成田~ユジノサハリンスク、新千歳~ユジノサハリンスク)です。二つ目は船(稚内~コルサコフ)です。

船は6月~9月までの運行となっており、スケジュールは年によって異なります。もしかすると、海外への船旅に憧れる旅人が多いかもしれません。

 

ただ、サハリンへ行く場合は飛行機の使用をおすすめします。なぜなら、気象条件により欠航することが多いからです。稚内~コルサコフ間の船は稚内発が火・木・土曜日、コルサコフ発が月・水・金曜日(繁忙期のダイヤ)になっています。欠航すると、2日間もロシアで足止めをくらいます。

もし、最高日数である8日滞在で電子ビザを取り、コルサコフ発の船が欠航したら大変! フェリー待ちであっても「不法滞在」になってしまいます(日本の領事館に連絡すれば何とかなりますが)。サハリンへ行く場合は船よりも確実性の高い飛行機で渡航しましょう。

 

電子ビザに関する、その他の注意点

日本国外務省のホームページを読んでいると、ロシアの電子ビザに関するトラブルが多発しているようです。確かに、電子ビザのルールは少し複雑。しかし、ロシアで間違えると面倒なので、申請する際は端から端まで注意書きをチェックしましょう。

また、申請の際には姓名、生年月日の記入にも注意してください。電子ビザは記載に間違いがあっても、そのまま通ってしまいます。しかし、ロシアで電子ビザとパスポートの照合が行われ、そこで間違いが発見されたら大変! 最悪の場合、入国拒否になります。

 

電子ビザを申請する際は時間に余裕を持って! 落ち着いた場所でじっくり取り組みましょう。それでは、電子ビザを使ってロシア旅行を楽しんでくださいね。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング