エルミタージュ

【いくつ知ってた?】ロシアにある映画のロケ地を楽しもう

エルミタージュ
Pocket はてブ

TABIPPOのぐっちです。寒くなってきましたね、そんな寒いけど素敵な国ロシアからの素敵な絶景をお届けします。今回は、映画の発祥国である広大な大地が広がるロシアから映画の舞台となったマニアックな絶景の舞台をご紹介していきます。ロシアの絶景写真をまとめたので、こちらもご覧ください!→ソチオリンピックが話題の今!知っておきたいロシアの絶景写真13選

 

世界三大美術館のエルミタージュ美術館 『エルミタージュ幻想』

あのルーブル美術館に引けをとらないのが、サンクト・ペテルブルクにあるエルミタージュ美術館です。ロシア人映画監督ソクーロフが、エルミタージュ美術館オールロケで撮ったのが『エルミタージュ幻想』です。壮大なロシアの歴史が、エルミタージュ美術館内部で繰り広げられます。観光で入ろうとすると、長蛇の列に並ばなければならないのを、さくっと映画で優雅に観てみるのはいかがでしょうか。

 

お城のようなウクライナ・ホテル『ダイハード・ラストデイ』

空にそびえ立つ建物の高さに度肝を抜かれると思います。ソヴィエト建築の傑作ともいわれるスターリン建築の1つ。ブルース・ウィイリスのアクション映画『ダイ・ハード・ラスト・デイ』で終盤にでてくる豪華なホテルの舞台です。ちなみに、同じような風貌をしたスターリン建築は、モスクワ市内にあと7つあるそうです。ぜひ、残りも探してみるのもいいでしょう。

 

都会の喧騒を忘れるアンドレイ・ルブリョフ美術館『アンドレイ・ルブリョフ』

アンドレイ・ルブリョフ美術館

photo by shutterstock

展示してあるのは、イコンだけというマニアックな美術館。映画『アンドレイ・リュブリョフ』は、惑星ソラリスなどで世界的に有名なロシア人映画監督タルコフスキーが、ロシアで15世紀に活躍した最も優れたイコン画家アンドレイ・ルブリョフの生涯を描いた作品。観光地としてはマニアックかもしれないが、郊外ののどかな緑に囲まれた美術館は、モスクワ中心部の喧騒に疲れた際にはぴったりかもしれません。

 

ロシアの短い夏を堪能できるラドガ湖 『父、帰る』

氷河期頃にできたという西ヨーロッパで最大の湖がラドガ湖です。ロシア映画『父、帰る』で、少年たちが湖畔の灯台から次々と飛び降りて水遊びをしていた舞台です。この湖に浮かぶ島にはとても古い修道院があるそうです。夏には、多くのロシア人たちがこの湖で釣りを楽しむそうです。短いロシアの夏を満喫してみるのはいかがでしょうか

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ロシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品