ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

山田裕貴

山田裕貴

1993年生まれ。埼玉県出身。早稲田大学卒業。大学時代は友人達とフラッシュモブを行う団体を設立・運営していました。アフリカ縦断、0円ヒッチハイクなど様々な旅の形を体験し、大学を5年かけて卒業。現在大手旅行代理店に勤務。旅行会社の利を活かし、国内外問わず旅を続けています。

恋人はいません。が、昔付き合っていた方は肯定的に捉えてくれる方ばかりでした。一緒に行ったことはありません。基本ひとり旅ばかりです。

というのも、危険なエリアや変わったところに行きたい事が多いので、治安が悪いところに彼女を連れて行くのは気が引けるからです。治安の良いリゾート地でゆっくり、というのも憧れますが、どうしてもスリルを求めてしまうので恋人には迷惑をかけてしまう事が多いと感じています。

 

海外渡航中はWi-Fiをキャッチしたら連絡するようにはしていましたが、やはり電波の通じないところもあったので心配はかけていたようです。「たまには生きているか連絡しろ」と言われたこともあります。

小栗拓馬

小栗拓馬

大学の卒業旅行でイタリアへ。初のヨーロッパにとても感動しました。同時に、英語で様々な国の人と繋がることができると感じました。TOEIC965点を取得し、専門商社へ転職。「20代でヨーロッパ制覇」を目標に全ての休みをヨーロッパで過ごしています。毎日が世界と繋がっている生活を実現するために旅・仕事を楽しむリーマントラベラー。

休みが意外に合わないので何とも言われたことはないです。ただ、自分ひとりで行きたいところに行かせてもらっているので、相手の休みの時は、相手の行きたいとこに合わせるようにしてます。

私は、基本1人で旅をします。現地の人と交流することが目的だからです。他の人が一緒だと気を
使ってしまいます。

 

しかし、タイのみ彼女と一緒に行きました。偶然お互いの休みが一致して、彼女がアジア好きだったからです。一人旅と比較すると、やはり自分の自由が少なくて何か物足りなさを感じました。

奥さんになる人とはヨーロッパ一周とかしたいですね。欲を言うなら奥さんも旅行好きだったら最高です。

星野佑介

星野佑介

幼少期をフランスパリで過ごしましたが、小学校四年生で帰国してからの15年間、ハワイ以外海外に出たことのない生活を送り、就職先にも日系コンサルを選びました。しかし、就活後初の東南アジア渡航をきっかけに旅の楽しさに目覚め、半年で25カ国を旅し、就職後も積極的に海外を飛び回るリーマントラベラー生活を送っています。

もう何年も恋人はいないので、何とも答えられませんが…。旅への優先度の高く、そこに時間もお金も使えるような相手であれば一緒に行くでしょうし、旅以外に大きな趣味がありそちらへの優先度が高ければ、一人で行くのではないでしょうか。

 

また、無理してお互いに合わせることなく、見たいもの、やりたいこと、行きたいところが一致することに越したことはないと思いますが、一緒に行くとしてもずっと一緒に行動する必要もないと思います。

そしてもし興味関心が違う場面があるのなら、それぞれ別行動をして、その日の終わりにお互いの発見などを共有するようなスタイルもありだと思います。

藤井 かおり

藤井 かおり

1977年生まれ。学生時代の海外研修旅行に資金不足で行けなかったことから海外へ強い憧れを持ち、就職が決まった時に友人のワーホリ先であるオーストラリアへ遊びに(飲みに)行ったのが初海外旅行です。就職したら海外旅行には行けないと思っての旅行でしたが、今はしっかりリーマントラベラーしてます。昨年40歳にしてバックパッカーデビューも果たしました(笑)

今は何か言う相手自体がいません…。

過去の話ですが、海外に行く予定を話したら全く無関心で、出発の当日まで何も連絡がない人がいました。帰国後も私が海外に行った事実がなかったかのような感じで、理由を聞いたら「外国に行くなんてとんでもない、そんな危険なことをするなんて信じられない。」と言われました。

ウッカリ結婚しそうな勢いで付き合っていたのですが、色々価値観が合わないことが多く、今その人とは真っ赤な他人です。

 

その後は、旅好きな人との出会いを探す旅を長年続けています。やはり、同じ価値観か相手の価値観を理解できる人がいいですよね。

あっくん

あっくん

月に1回ペースで弾丸海外旅に出かける自動車業界のエンジニア。1988年京都府生まれで中高は男子校、大学では航空宇宙工学を学んだ後、1年に3回の9連休がある自動車業界に魅力を感じてエンジニアに。東海で4年過ごし、スキルアップを求めて関東へ転職。2週間に一度は飛行機に乗って出かけ、その他の休日はバイクやクルマで国内のゲストハウスを巡る旅大好き人間です。

現在は理解してくれていますし、予定が合うときは一緒に行くようにしています。もともと相手は旅をするタイプではなかったのですが、海外旅行で視野が広がることをアピールして一緒に連れて行ったことで理解してくれるようになりました。

結婚を決意したときは「1人で週末海外に出かけてしまうのでは?」と心配されましたが、基本的には2人で行くことを考えていることを伝え、理解してもらっています。

 

次の課題は子供が生まれたときが課題ですが、両親の全面的バックアップを取り付けてリーマントラベラーを続けたいと考えています。

理解してくれる恋人を見つけるのが一番かも…


photo by shutterstock

正社員に旅人に、とにかく忙しいリーマントラベラーたちにとって、理解してくれる相手や一緒に楽しんでくれる恋人の方が相性がいいそう。中には「大切な彼女を治安の悪いところへ連れていけない…」なんていう紳士も!お互いがお互いの行きたいところを優先して、希望が合えば一緒に行くというスタイル、憧れますね!

 

旅と仕事の両立や、海外経験を仕事に活かす方法について心配なことがあったら、周囲にいるリーマントラベラーに声をかけるか、世界を旅した旅人のための就職・転職支援サービス「旅人採用」のカウンセラーに相談するのが効率的です。

 

自分一人で悩む時間も貴重ですが、より大切なのはやりたいことをできるだけ早く実現することです。そのために必要なのは、様々な成功例と失敗例の収集です。特に重要なのは、失敗から学ぶことですが、自分で失敗すると限られた数の失敗しかできないので、旅人向けの支援サービスは積極的に使ってみるべきです。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング