リーマントラベルをしていることに対して恋人・奥さんはどう思ってるの?【リーマントラベラーに聞いてみた】

Pocket はてブ

「正社員と旅を両立するって、ハードル高くない?憧れではあるけど」と悩んでいる方向けに、正社員としてバリバリ働き、有給や休暇を利用して旅に出ている11名の「リーマントラベラー」に日頃の生活について聞いてきました!

 

質問:リーマントラベラーをしていることに恋人・奥さんはどう思っていますか?旅行には一緒に行きますか?これまでに何か言われたことがありますか?

普段はがっつり正社員として働いて、休みを利用して海外に旅に出るというハードな生活を送っているリーマントラベラーたち。そんなリーマントラベラーたちの恋人や奥さんは、どう思っているんだろう?笑顔で送り出してくれる?それとも一緒についていく?

そこで実際に、リーマントラベラーの恋人・奥さんに、リーマントラベルをしていることについてどう思っているかを聞いてきました!

 

リーマントラベラー東松

リーマントラベラー東松

平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。2016年、3か月で5大陸18か国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選出される。現在、東洋経済オンライン、CLASSY.等で連載中。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)。

 

恋人を作ることよりも、今は旅に行くことの方が圧倒的に楽しいので、今は旅に集中しています。

僕ほどの頻度で行ってくれる人、僕くらいマニアックな場所に喜んでついて行ってくれる人がなかなか見つからない上に、週末は海外へ旅行に行っているか、講演等で国内で旅していることが多いので、この生活だと恋人を作ることは難しいですね。

むしろ、旅行に興味がないくらいの方が相性がいいのかもしれません(笑)

 

あっこ

あっこ

1982年生まれ。福岡県出身&在住。アメリカの大学を卒業後、日本のテレビ局でAD、留学カウンセラー、派遣社員などを経験した後、1年間アメリカに再度留学。帰国後は、福岡の業務用家具メーカーで海外業務担当として勤務、現在に至る。初めての暦どおりの会社でうれしくて、3連休、ゴールデンウイーク、年末年始で旅に行きはじめ、はまりました。

 

リーマントラベラーになって、恋人がいたことがないので、恋人については、語れませんが、両親と同居しているので、両親がどう思っているかを書きます。

最初は、見ず知らずの国に行くので心配されたこともありましたが、この頃は私がいろんなところに行って、見聞を広げてくることを良いことと思ってくれているみたいです。

最近は「どうだった?」と聞かれたり、誘ったら一緒に行くと言われ、一人旅のつもりが両親と3人で旅行することになったり、お土産を楽しみにされていたり…。空港までの送り迎えもしてくれます。

 

ただし両親との旅行は、治安上両親と一緒に歩いても大丈夫!と思える場所だけにしており、それ以外の場所は一人旅です。

 

Shin Morita

Shin Morita

1988年、埼玉県生まれ。2011年9月、立教大学観光学部卒業。2012年4月、富士重工業(現・SUBARU)入社。当時、就職氷河期で、2011年3月卒業を見送り就職留年。2011年5月に就活を終了し、7月から(途中、卒業式と内定式のためのトランジットを経て)世界を1週していました。

 

独身のためリーマントラベラー活動について物言いをする人はいません。ただ、もう長く“ひとりーマントラベラー”をやっていると、たまには誰かと旅行に行きたくなりますが、逆に一人で行っているからこそ、現地の人や、一人で旅行に来ている旅人と出会う機会があるとも思っています。

 

余談ですが、日本の自動車メーカー勤務と言うと、海外で外国人のウケが良い気がします。まわりを見ると、確かに既婚者の方はなかなか自由に旅行に行けていない人が多いという印象を受けます。同じ会社の恋人や奥さんなら、カレンダーが自分と同じかもしれませんが、違う会社だと休みを合わせるのも一苦労のようですね。

 

yoshi-

yoshi-

小学生時代の読書は時刻表。高校では自転車輪行で日本各地を回り、大学では列車・徒歩・ヒッチハイクで日本放浪。卒業後7年間、東北上越新幹線開発など鉄道関連システムの開発に従事。その後自動車会社に転職し、ナビや自動運転の研究や人型ロボットの研究、5年の海外駐在(アメリカ、ドイツ)を経て日本に戻り、現在は日本とアメリカ半々の生活。アメリカ駐在時は北米の自然を楽しみ、ドイツ駐在時は毎週末ヨーロッパ各地2泊旅行。日本に戻ってからは年に数回、プライベートで海外旅行へ。

 

海外出張中の週末などは、一人もしくは現地の友人らと遊ぶのが基本。それ以外は、夫婦一緒に旅行しています。

 

欧州のカップルは、結婚しないでパートナー生活をする方たちが多く、私の友人もそうです。お互いが縛られずに、ちょうど良い関係を保つのがコツなのかと思います。夫婦になった場合も同じで、相互の立場を理解することが重要でしょう。妻も個別に旅行や友人達との時間を持っています。

私の場合、駐在や出張で家に居ないことが多く、その状況を既に諦めているのかもしれませんが…。

 

関東あかね

関東あかね

1983年生まれ。大学時代は徹ゲーをするようなインドア人間が就職し、月曜に家を出て金曜に帰ってくる生活を機に『人生は旅だ』と悟り国内旅行を開始。47都道府県制覇とほぼ同時に男に振られ、結婚をあきらめる代わりに好きなことをしようと海外旅行に精を出し、土日や三連休、まとまった休みはほぼ旅に出る生活。結果、世界は果てしなく広がり、ついでにモンゴルで出会った日本人と結婚もでき、めでたしめでたし。

 

試しに夫に聞いてみましたが、どうも思っていないようです。

知り合った時には既に私はこうでしたし、夫は休みに融通が利きやすく一人でふらっと海外に行っていますが、それを私もなんとも思いません。お互い気兼ねなく好きなことができるのは共通の趣味が故かもしれませんね。2人で行くこともありますが、私に合わせた弾丸日程なので、疲れるようです。

 

歴代の恋人がみんな寛大だったわけではないですし、一度父には小言を言われパリにいながらLINEで大喧嘩をしたことがあります。しかし今では「世界中どこに行っても構わないから、お父さんにTシャツを買ってきて」と頼まれていて、その土地のちょいダサTシャツを探すのが旅の楽しみにもなっています。

 

ねもぱい

ねもぱい

名古屋生まれ名古屋育ち、2013年に転勤で大阪にやってきた広告会社勤務。関西地区の渋い居酒屋めぐりをライフワークにする一方で、関西空港に就航しているLCC各社の魅力にドハマりしており、格安航空券を見つけては週末を中心に国内・海外を飛び回っている「LCC激安トラベラー」として毎月国内外のどこかに出没中。

 

「好きな時に好きなように旅をする」というスタンスは大事にしたいので、基本的には1人旅ばかりです。パートナーの方にはそれを理解してもらえていると思っています…が、人によっては「まったく理解できない、信じられない」と言われたこともあり、それが原因で振られたこともあります。

 

もちろんタイミングが合えば、友人やパートナーと一緒に旅行することもありますが、頻度としては少ないです。あくまでマイペースで旅行を楽しみたいので、複数人で旅行した場合でも現地で別行動とさせていただき、自分が行きたいところに行くということが多いです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

永野桃
極度の潔癖症で基本ホテルは4〜5つ星
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品