ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

山田裕貴

山田裕貴

1993年生まれ。埼玉県出身。早稲田大学卒業。大学時代は友人達とフラッシュモブを行う団体を設立・運営していました。アフリカ縦断、0円ヒッチハイクなど様々な旅の形を体験し、大学を5年かけて卒業。現在大手旅行代理店に勤務。旅行会社の利を活かし、国内外問わず旅を続けています。

中国です。中国は広く、いろいろな都市があり、料理も美味しい。何度行っても新しい発見があります。自然に溢れており異国情緒を味わえるのと同時に、鉄道も発達しています。

インドのように列車が28時間遅れ!なんてこともないので仕事に間に合わない、という心配も少ないです。「c-trip」というサイトで列車の時間などを検索することもできます。

 

近いので航空券も比較的安く、直行便でいけますし、時差もほとんどありません。時間の限られたリーマントラベラーにとって移動の時間は悩みのタネですが、中国ならそんな心配もありません。

上海・北京など物価が高いエリアを除けば、国内よりも格安な週末旅行だって出来ます。

小栗拓馬

小栗拓馬

大学の卒業旅行でイタリアへ。初のヨーロッパにとても感動しました。同時に、英語で様々な国の人と繋がることができると感じました。TOEIC965点を取得し、専門商社へ転職。「20代でヨーロッパ制覇」を目標に全ての休みをヨーロッパで過ごしています。毎日が世界と繋がっている生活を実現するために旅・仕事を楽しむリーマントラベラー。

イタリアのナポリです。現地の生活感を肌で感じることが出来るからです。

 

ヨーロッパは、人気の観光地が多く、良い意味でも悪い意味でも観光地としての整備が整っています。その一方、現地の人たちの日常に触れる機会が少なくなってると感じます。

その点、ナポリの中心街は観光地化が進んでいません。ゴミだらけですし、スリやひったくりもあります。街中には浮浪者や薬物中毒者も普通にいます。決して治安がいいとは言えません。

その分、地元の人の生活を間近で体験できます。ピッツアを外で座ってお菓子のように食べる子どもたち。洗濯物を干す主婦の姿。道端で野菜や小物を売る地元の人。陽気にカフェでエスプレッソを飲む大人たち。

 

色んなヨーロッパの国、地域を見ていますが、こういう風景にはなかなか出会えません。是非、ツアーでなく個人旅でナポリの雰囲気を肌で感じて欲しいです。

星野佑介

星野佑介

幼少期をフランスパリで過ごしましたが、小学校四年生で帰国してからの15年間、ハワイ以外海外に出たことのない生活を送り、就職先にも日系コンサルを選びました。しかし、就活後初の東南アジア渡航をきっかけに旅の楽しさに目覚め、半年で25カ国を旅し、就職後も積極的に海外を飛び回るリーマントラベラー生活を送っています。

リーマントラベル先という観点でいうと
・時差が少ない、身体への負担が少ない
・非日常感、異国情緒が味わえる
・リラックス、リフレッシュできる
という点からオーストラリアでしょうか。

特に先月行ったメルボルンは、
・市内を走るトラムも市内Wi-Fiも無料と行動がしやすく、
・デイトリップで行ける範囲に自然の織り成す絶景あり、ワイナリーあり
・さらに皆心に余裕があるのか、とにかく人が優しい
とかなりリーマントラベラー向きな先だと思います。

昨年からカンタス航空に加えて、日本航空も直行便を飛ばしているので、短い休みでも効率よく旅できる先でもあると思います。

藤井 かおり

藤井 かおり

1977年生まれ。学生時代の海外研修旅行に資金不足で行けなかったことから海外へ強い憧れを持ち、就職が決まった時に友人のワーホリ先であるオーストラリアへ遊びに(飲みに)行ったのが初海外旅行です。就職したら海外旅行には行けないと思っての旅行でしたが、今はしっかりリーマントラベラーしてます。昨年40歳にしてバックパッカーデビューも果たしました(笑)

やはり時差が少ないところでしょうか。アジアは移動時間も短いのでおすすめです。

個人的には、疲れてエネルギーが欲しいと思った時にインドネシアやタイに行きます。現地の人のエネルギーに触れて自分もエナジーチャージできるので。

あとは台湾もご飯が美味しいので食いしん坊にはたまらないです。週末だけで小顔になりたい方には韓国での骨気(コルギ)を体験してもらいたいです。とても痛いけど、その分自分の顔が小さくなるのが実感できます。

体力がある時は羽田発の深夜フライトでヨーロッパですね。一晩寝て起きたら全くの別世界なのでリフレッシュできます。ただ移動の時間を取られるので現地で無駄なく活動できるように自分なりの機内安眠方法を生み出す工夫が必要ですが…。

あっくん

あっくん

月に1回ペースで弾丸海外旅に出かける自動車業界のエンジニア。1988年京都府生まれで中高は男子校、大学では航空宇宙工学を学んだ後、1年に3回の9連休がある自動車業界に魅力を感じてエンジニアに。東海で4年過ごし、スキルアップを求めて関東へ転職。2週間に一度は飛行機に乗って出かけ、その他の休日はバイクやクルマで国内のゲストハウスを巡る旅大好き人間です。

有休を使わずに土日で行けるという観点からフィリピンの離島パラワン島をおすすめします。

深夜便を利用すれば土曜日の朝にパラワン島到着、帰りも深夜便利用で日本に早朝つくことができ、そのまま出社することが可能です。最大限時間を有効活用でき、これだけ美しい海が見れるところはなかなかありません。

また、ビール500mlが1本70円程度と非常に物価が安く、滞在費も激安です。マニラまではLCCのセールで1万円程度で往復できるときもありますので、激安チケットが手に入れば検討してみてください。

ただし、マニアは治安が悪いので気を付けて…。

旅行先を決めるポイントは時差


photo by shutterstock
リーマントラベルをするにあたり、旅も仕事も全力で取り組む彼ら。そんなリーマントラベラーたちが一番気にしているのは時差のようですね。確かに6,7時間の時差でも仕事中眠くなってしまう…なんてことも大いにあり得ます…。基準は時差!覚えておきましょう。

 

旅と仕事の両立や、海外経験を仕事に活かす方法について心配なことがあったら、周囲にいるリーマントラベラーに声をかけるか、世界を旅した旅人のための就職・転職支援サービス「旅人採用」のカウンセラーに相談するのが効率的です。

 

自分一人で悩む時間も貴重ですが、より大切なのはやりたいことをできるだけ早く実現することです。そのために必要なのは、様々な成功例と失敗例の収集です。特に重要なのは、失敗から学ぶことですが、自分で失敗すると限られた数の失敗しかできないので、旅人向けの支援サービスは積極的に使ってみるべきです。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧