リーマントラベルで一番おすすめの海外旅行先とその理由を教えて!【リーマントラベラーに聞いてみた】

Pocket はてブ

「正社員と旅を両立するって、ハードル高くない?憧れではあるけど」と悩んでいる方向けに、正社員としてバリバリ働き、有給や休暇を利用して旅に出ている11名の「リーマントラベラー」に一番おすすめの海外旅行先について聞いてきました!

 

質問:リーマントラベルで一番おすすめの海外旅行先と、その理由を教えて!

学生の時はいろんな国をゆっくりバックパックで回るのが好きだったけど、有給休暇も長く取れるわけじゃないし、はじめてのリーマントラベルはやっぱり近場の方がいいのかなあ?リーマントラベラー初心者はどこに行くのが良いんだろう?

そこで実際に、リーマントラベルで一番おすすめの旅行先を聞いてきました!

 

リーマントラベラー東松

リーマントラベラー東松

平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。2016年、3か月で5大陸18か国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選出される。現在、東洋経済オンライン、CLASSY.等で連載中。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)。

 

香港です。

まずは日程的にも、最短で土日があれば行くことができます。忙しい社会人にもぴったりです。また、日本からの直行便が豊富で、深夜発の便もあるため、忙しい社会人でも旅程を計画しやすいです。東京以外からも便が多いので、地方に住んでいる友達と香港集合で同窓会なんてのにも良いでしょう。

 

さらに、公共交通機関が発達しており、街がコンパクトで回りやすいです。移動が楽なのはありがたいですね。欧米人も多くて、非日常を感じやすいのも大きな理由です。せっかく海外に行くのであれば、日本では決して味わえない雰囲気を味わいたいですよね。

その上、ご飯が美味しいのも大きなポイントです。ミシュラン星付きレストランから、B級グルメまで豊富です。あと気になるのは、治安ですが、香港はとても治安がよく、夜、女性が一人で歩いても安心です。

 

これらの理由から、初めての一人海外旅行にもぴったりだと思っています。簡単に成功体験を味わえますからね。香港だけじゃあちょっと物足りない方は、足を伸ばしてマカオや中国の深センに行くのもいいでしょう。

 

あっこ

あっこ

1982年生まれ。福岡県出身&在住。アメリカの大学を卒業後、日本のテレビ局でAD、留学カウンセラー、派遣社員などを経験した後、1年間アメリカに再度留学。帰国後は、福岡の業務用家具メーカーで海外業務担当として勤務、現在に至る。初めての暦どおりの会社でうれしくて、3連休、ゴールデンウイーク、年末年始で旅に行きはじめ、はまりました。

 

ラオスのヴィエンチャンです。

福岡からは、タイか韓国で1回乗り継げば行けますし、帰国日の出社時間を遅らせるか、半休をとれば、丸二日楽しめます。人が優しいし、寺院もたくさんあり、メコン川に沈む夕日が素敵でした。定番の観光地ではないので、自分のペースでゆっくり散策できます。

 

エクササイズ集団がサンセットの時間に合わせて、メコン川沿いの広場でサンセットに向かってエクササイズをしていて、これも見ものです。バックパッカーの方でも居着いてしまう方が多いみたいで、たまたま入ったバーのオーナーがカナダ人でビックリしたのと同時にラオスの事をたくさん知ることが出来ました。

食事も日本人にはあうと思います。

 

Shin Morita

Shin Morita

1988年、埼玉県生まれ。2011年9月、立教大学観光学部卒業。2012年4月、富士重工業(現・SUBARU)入社。当時、就職氷河期で、2011年3月卒業を見送り就職留年。2011年5月に就活を終了し、7月から(途中、卒業式と内定式のためのトランジットを経て)世界を1週していました。

 

バンコク。

サラリーマンのための週末旅行であれば、直行便があり便数も多いバンコクがおすすめです。敬虔な仏教徒が多くゆったりとしたタイの伝統を感じられる仏教寺院。安くておいしい庶民の屋台からインスタ映えするおしゃれなカフェまであるグルメスポット。

綺麗な夜景が見えるおしゃれなルーフトップバーからちょっと怪しいお店まで幅広いニーズに応えてくレルナイトライフ。

見ているだけでも十分に楽めてタイの若者文化を感じられるショッピングモールに、日頃の仕事疲れを癒すことができるタイ式マッサージなど、バンコク市内でだけでいろいろな体験ができるので忙しいサラリーマン向けの国だと思います。

 

yoshi-

yoshi-

小学生時代の読書は時刻表。高校では自転車輪行で日本各地を回り、大学では列車・徒歩・ヒッチハイクで日本放浪。卒業後7年間、東北上越新幹線開発など鉄道関連システムの開発に従事。その後自動車会社に転職し、ナビや自動運転の研究や人型ロボットの研究、5年の海外駐在(アメリカ、ドイツ)を経て日本に戻り、現在は日本とアメリカ半々の生活。アメリカ駐在時は北米の自然を楽しみ、ドイツ駐在時は毎週末ヨーロッパ各地2泊旅行。日本に戻ってからは年に数回、プライベートで海外旅行へ。

 

ミャンマーは国の発展の様子をあちらこちらで感じられます。

遺跡、寺院、市場、裏町など、見所が多く旅行コストが安いです。そしてビールが旨い。人見知りなところもあるが、人が優しい。貧しくもあるが、一生懸命働いています。かつての南北統一した直後のベトナムのようであり、素のミャンマーを見るには、今のうちだと思います。

 

ちなみに、寺院は精神な場なので、裸足で。入り口で有料で預かるところもありますが、ビニール袋を持って行くと良いでしょう。また、膝の見える短パンはNG。長いジーパンを入り口で売っているところもあります。

クルマは日本の中古車がほとんどで、右側通行に左ハンドル。市内や空港のバスは、西部や京成の路線バスそのまま使われています。

 

関東あかね

関東あかね

1983年生まれ。大学時代は徹ゲーをするようなインドア人間が就職し、月曜に家を出て金曜に帰ってくる生活を機に『人生は旅だ』と悟り国内旅行を開始。47都道府県制覇とほぼ同時に男に振られ、結婚をあきらめる代わりに好きなことをしようと海外旅行に精を出し、土日や三連休、まとまった休みはほぼ旅に出る生活。結果、世界は果てしなく広がり、ついでにモンゴルで出会った日本人と結婚もでき、めでたしめでたし。

 

シンガポールです。仕事終わりの金曜の夜出発、月曜の朝帰国、そのまま出社というのを何回かしていますが、週末弾丸トラベラーデビューにも打ってつけではないかと思います。

 

コンパクトでまわりやすく有名どころもたくさんあり、外国特有の熱気がありつつ街はきれい、そして食事がおいしい国です。チリクラブは必食、ラクサやバクテーも是非!

また、私はインドのビリヤニをシンガポールで知りました。以来、何かにつけビリヤニを食べています。人種・文化とも多種多様ですので旅行者が浮くこともないですし、ごくごく自然に旅を楽しめると思います。

1つ注意点をお伝えしておくと、月曜出社の午前10時頃、自席でたまらない眠気に襲われます…。

 

ねもぱい

ねもぱい

名古屋生まれ名古屋育ち、2013年に転勤で大阪にやってきた広告会社勤務。関西地区の渋い居酒屋めぐりをライフワークにする一方で、関西空港に就航しているLCC各社の魅力にドハマりしており、格安航空券を見つけては週末を中心に国内・海外を飛び回っている「LCC激安トラベラー」として毎月国内外のどこかに出没中。

 

US・ハワイが一押しです!

2018年現在は関西空港からしか就航していないのですが(首都圏に住んでいる人に対して自慢できる点です!)、ついにLCCの格安航空券でハワイにまで行けるようになりました。

スクートもしくはエアアジアで、安い時は往復25,000~30,000円くらいで往復ができて、月火の連続休暇が取れれば金曜夜出発で金土日月火と3泊5日の滞在が可能になります。「週末にふらっとハワイ」は日本発のリーマントラベルとしてとても魅力的だと思っています。

 

格安のLCCが就航したことで、日常の延長線上でハワイ滞在を楽しむことができています。関西圏に在住であればぜひ体験してほしいです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ながの桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品