ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

お刺身が食べられるのは、その「サンタナ」にて。

カツオなどのお魚を地元の漁師から直接仕入れて、それをゲストハウスのシェフがさばいてくれるのです!自分でさばくわけではないので、安心安全です。

 

また、この宿ではビールなどのお酒も販売しているので、刺身をつまみに宴会をすることもできます!まさに、小さな日本といった感じですね。

※筆者が滞在したときは、漁師が「やる気がでない。」という理由により漁に出ず、お刺身が食べられませんでした。まさに、インドといった感じですね(怒)

 

スペイン/バルセロナ

shutterstock_103970195

photo by shutterstock

実はスペイン人は日本人と同じく、マグロ大好き民族です。日本にも負けず劣らずのとってもおいしいマグロがよくとれるのです。

そのおいしさは、近年ではスペイン産のマグロが日本にたくさん輸出されていることからも想像できるでしょう。

また、マグロ以外にも新鮮なサーモンなどもスーパーで取り扱われており、お刺身として食べるととてもおいしいです。

マグロやサーモンはバルセロナでは、切り身の状態で売っているので、さばきやすいのも魅力の一つ。ぱっとさばいて、きゅっとお酒で流し込めば・・・もう最っ高です!

 

まとめ

日本では当たり前に食べられるお刺身も海外では、そう食べられるものではありません。

長期旅行などで日本を長く離れている間に、「お刺身が食べたくて仕方ない!!」という状態になったら、ぜひ、今回紹介した街にいってみてください。

とってもおいしいお刺身が食べられるはずです。

ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング