ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

こんにちは。年間100サウナを達成した、サウナ大好きライターのけんちょです。

近年のサウナブームの影響でサウナが好きになった人、サウナに興味を持ち始めた人も多いのではないでしょうか?そんな人におすすめしたいのが、プール付き施設でのサウナ浴です。

冷たいプールはサウナで温まった体と相性が良く、いつものサ活(サウナ活動)よりもワンランク上のととのい体験ができるんです。本記事では、そんなプール付きサウナ浴の魅力をご紹介したいと思います。

「ととのう」とは?

photo by shutterstock
サウナの魅力を語る際に必ずセットになって出てくる「ととのう」という言葉。これはサウナ→水風呂→休憩を繰り返すことで訪れるディープリラックス状態のことを言います。

「ととのう」という状態は、熱いサウナと冷たい水風呂を繰り返すことで全身の血管が広がり、体内の栄養や酸素が全身に行き渡ることで起こるとされており、この状態で感じられる多幸感こそが今や人々を魅了するサウナの最大の魅力の一つなのです。

プール付きサウナ浴のススメ

photo by shutterstock
そんなサウナの最大の魅力である「ととのう」をより気持ちよくさせてくれるのがプールです。温まった体にひんやりとしたプールが心地よく、いつまでもぷかぷかと浮いていたくなるような気持ちよさ!

さらに水風呂ではご法度とされている「浴槽に潜る」という行為もプールでは許されるので、いつものサ活ではクールダウンしづらい頭を含めた全身をしっかりと冷やすことができます。そのため、プール後の休憩タイムはいつも以上に頭がボーッとして、すぐに「ととのい」の境地へと到達できるというわけなのです。

冷ためのプールならサウナの直後に、ぬるめのプールなら水風呂でクールダウンしてからと、プールに入るタイミングは水温に応じて判断するのがおすすめです。

そんなワンランク上のサウナ浴が楽しめる東京都内のプール付きサウナ施設について、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

浮遊感がたまらない!プールとサウナが一緒に楽しめる東京都内の施設3選

①庭の湯

Photo by Kento Sato

ドイツの伝統的な温浴法であるバーデと天然温泉が楽しめる「庭の湯」は、緑に囲まれ静かな時間を過ごすことができる大人のスパ施設です。一般的なお風呂にあたる温浴ゾーンと、男女共用で水着を着用して入浴するバーデゾーンに分かれており、バーデゾーンには体に負担をかけずに入浴することができる35℃のぬるめのプールがあります。

サウナ設備も充実していて、温浴ゾーンのテルマリウムサウナ、バーデゾーンのスチームサウナ、両方のエリアに一つずつあるフィンランドサウナと3種類のサウナが楽しめるのに加えて、バーデゾーンのフィンランドサウナではロウリューサービスを受けることができます。

充実したサウナを堪能した後に心地よい水温のプールにぷかぷかと浮かび、緑に囲まれた庭園で外気浴という庭の湯のルーティンによって、一味違った「ととのい」が訪れること間違いなしです。

■詳細情報
・名称:豊島園 庭の湯
・住所:〒176-8531 東京都練馬区向山3丁目25-1
・地図:
・アクセス:西武鉄道池袋線豊島園駅から徒歩1分
・営業時間:10時00分~23時00分
・定休日:なし(メンテナンス時は臨時休館)
・電話番号:03-3990-4126
・料金:平日2,070円、土日祝2,370円、特定日2,470円
・公式サイトURL:http://www.niwanoyu.jp/niwa/

②アクア東中野

Photo by Kento Sato

サウナーたちからの絶大な支持を誇る「アクア東中野」は、数あるサウナの中でもベストサウナに推す声も多いほど人気の東中野の銭湯です。

そんなアクア東中野の人気の秘訣は、100℃の高温サウナからのキンキン冷えた軟水の水風呂や露天に広々と構える水プールの気持ちよさにあります。特に時期によって水温が変わる全長8メートルの広々とした水プールは、他のサウナでは味わうことのできない気持ちよさ。

広々としたプールは泳ぐもよし、プールサイドに腰掛けて休憩するもよし。静かな住宅街の空の下、しっかりとととのうことができる評判通りの良サウナです。

■詳細情報
・名称:アクア東中野
・住所:〒164-0003 東京都中野区東中野4丁目9-22
・地図:
・アクセス:JR東中野駅から徒歩4分
・営業時間:15時00分~0時00分
・定休日:月曜日
・電話番号:03-5330-1126
・料金:入浴料470円、サウナ使用入浴料970円

③そしがや温泉21

Photo by Kento Sato

祖師ヶ谷大蔵駅より5分ほどの場所にある「そしがや温泉21」は、黒湯の天然温泉が湧く世田谷区の人気銭湯です。黒湯の天然温泉に加え、シルキーバスや露天のジャグジーなど、銭湯なのにお風呂の種類が多いのがとっても嬉しいポイント!

そんなそしがや温泉21はサウナ設備も充実。一般的なドライサウナだけでなく、ミストサウナやクールダウン用の冷凍サウナがあり、スーパー銭湯並の設備を楽しむことができます。特にドライサウナは、瞑想するにぴったりの薄暗さで、心地よい熱さの中、じっくりとサウナ浴を楽しめる良質サウナです。

水プールのある露天エリアはサウナ利用者のみが出入りできる専用エリアのため、全長10メートルほどの広々としたプールには人がまばら。サウナの後にひんやりとしたプールにゆったりと浮かぶことができるので、心ゆくまで自分の時間を過ごせます。

■詳細情報
・名称:そしがや温泉21
・住所:〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3丁目36-21
・地図:
・アクセス:小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分
・営業時間:14時00分~1時00分
・定休日:なし
・電話番号:03-3483-2611
・料金:入浴料470円、サウナ料金330円
・公式サイトURL:http://www.soshigaya-onsen21.com/

プール付きサウナで新しい「ととのい」を!

通常のサウナ浴とは一味違ったととのい体験ができるプール付きサウナ浴。サウナの後のひんやり冷たいプールの気持ちよさは格別でクセになること間違いなしです。

継続的なサウナ浴は、ストレス解消や免疫力の強化など、心身ともに良い効果を期待できます。この機会にサウナ通いをスタートしてみてはいかがでしょうか。

ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧