other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

皆さんは、アメリカにあるセコイア国立公園をご存知ですか?世界で一番大きい巨樹が存在する場所として知られているセコイア国立公園。

高くそびえる山並みや、深い渓谷、日常では感じられない壮大な景観が魅力的な場所です。今回は、そんなセコイア国立公園についてご紹介します。ネイチャー好きな方はマストチェックです。

 

セコイア国立公園はどんな場所?

セコイア国立公園はどんな場所?

シエラネバダ山脈の南部にあるセコイア国立公園。隣にあるキングス・キャニオン国立公園と共に管理されており、雄大な自然をとことん味わえる場所です。この公園は通年オープンしており、入園料は車1台につき$20です。

冬期は見られる場所が限られているので、訪れる前に公式ウェブサイトをチェックしておくのがベターです。入園料を払えば7日間は出入り自由です。また、この公園のチケットで隣のキングス・キャニオン国立公園にも入場できます。

 

セコイア国立公園の見所は「シャーマン将軍の木」

セコイア国立公園の見所は「シャーマン将軍の木」

セコイア国立公園の見所といえば、なんといっても「シャーマン将軍の木」です。樹齢約3000年、世界で一番大きな体積を持つ木で、重さは推定2000トンだとか。

その他園内で3番目に大きい「グラント将軍の木」や、「モロ・ロック」と呼ばれる小高い岩の展望台も人気スポットです。この「モロ・ロック」は、「シャーマン将軍の木」から少し南に行った場所にあります。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事