ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

2006年にセルビア・モンテネグロが解体され、セルビアとモンテネグロがそれぞれ別の国となりましたが、セルビアはどこにあるか知っていますか?

セルビアはバルカン半島の中西部に位置し、東側をルーマニアとブルガリア、南側がモンテネグロ、アルバニア、マケドニア、西側をボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチア、北側をハンガリーに囲まれた内陸国です。

国としては新しいものの、地域には古くから文明があり、3つの世界遺産が登録されています。

 

スタリ・ラスとソポチャニ

セルビアモンテネグロの中央にある町ノヴィ・バザールがあるエリアは、かつてスタリ・ラスと呼ばれていました。ここに建つソポチャニ修道院にはビザンチン様式のフレスコ画が保存されています。

内部を飾る壁画は13世紀後半から14世紀後半にかけて描かれたとされていますが、最も古いものは1265年に作成されたもので、それらの歴史的価値が評価され、1979年に世界遺産に登録されました。

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング