ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在中、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

こんにちは、ロンドン在住ライター・KANAです。ロンドンから日帰りで行ける人気の絶景スポット「セブンシスターズ」。せっかくロンドンに来たからには、1度は見ておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんなセブンシスターズ、実は運動が目的の人も多く訪れるハイキングスポットとしても有名なんです。今回は、よりスムーズにハイキングを楽しむために、セブンシスターズのハイキングコースについてまとめてみました!ぜひこちらの記事を読んで、行きたいコースの参考にしてみてくださいね。

一度は見たい!絶景スポットセブンシスターズ!


ロンドンから電車とバスで約2時間。イングランド南部イースト・サセックス州に位置するセブンシスターズ。イギリスが誇る人気の絶景スポットであり、イギリスで知らない人はいないと言われているほどです。

7つの崖がベールを被った修道女に見えることから由来しているセブンシスターズ(7姉妹)という名前は、とてもシンプルで覚えやすいですよね。


側面が白色のとても珍しい7つの断崖絶壁の崖は、白亜系チョークから出来ており、ドーバー海峡や青空のコバルトブルーがとても良く映えます。このコントラストの美しさも人気の理由の1つです。


そんなセブンシスターズ、実は年間30〜40センチも削られており、将来なくなってしまう可能性があると言われている、とても貴重な観光地。

また、映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』のロケ地として、ハリー・ポッターファンの間でも有名なロケ地スポットでもあります。

■詳細情報
・名称:Seven Sisters
・住所:Eastbourne BN20 0AB
・地図:
・アクセス:Eastbourne駅からバス30分
・営業時間:Eastbourne BN20 0AB
・料金:無料
・所要時間:2時間~
・オススメの時期:4月~9月

4つのハイハイキングコースを制覇しよう


セブンシスターズは大きく4つのハイキングコースに分かれています。コースによって見える景色がまったく違うので、全てのコースを制覇して欲しいところ。

ですが、日帰り旅だと時間に限りがあってなかなか全て回るのは難しいという方も多いのではないでしょうか。


また、初めて行く人にとっては、地図を見てもどのコースが自分の見たい景色なのか、どれくらい時間のかかるコースなのかが分からず、迷ってしまう方もいるかと思います。

そこで今回はコース別に景色の様子をまとめてみました。


タイムロスを防ぎ、セブンシスターズを思う存分満喫するためにも、自分の見たい景色がどのコースから見られるのか、事前確認の参考にしてみてくださいね。

Path to Seaford Head view point


ピンク色のコース「Path to Seaford Head view point」。このコースはセブンシスターズを反対側の崖から眺めることのできる「coastguard cottage」に到着することができます。


Coastguard cottageまでは徒歩片道45分ほど。川沿いを海にむかってひたすら歩いて行くコースです。

登りきった崖にはイギリスではお馴染みの電話ボックスも設置されています。赤色の電話ボックスは景色とのコントラストも抜群。写真映え間違いなしのスポットですね。


このコースからセブンシスターズの崖までは川で阻まれているため、途中で対岸に渡ることはできません。セブンシスターズに登りたい方は一度入り口まで戻り、再度ハイキングをする必要があります。

橋があればすぐに渡れるのに……。と思う方も多いはずですが、大草原の美しい景色を眺めながらのハイキングは爽快です。海沿いのお散歩を楽しんでみてください。

South Down Way


緑色のコース「South Down Way」。セブンシスターズの崖の上から下を眺めることのできるコースです。


全体的に緩やかな登り坂の続くコースで、トレイル(遊歩道)の横には羊もたくさん。放し飼いをしているので驚くほど近い距離で動物たちを見ることができます。


また、後ろを振り返ると広がる広大な自然も見もの。食べ物や飲み物を持参して、途中で休憩がてらにピクニックを楽しむのもいいですよね。


頂上までは片道1時間弱。崖の上から見渡すドーバー海峡と、セブンシスターズの壮大さには言葉では表せない感動があります。ハイキングの疲れも忘れさせてくれること間違いなし。


頂上には柵やロープなどがなく、自然そのままの形を残しているため、崖のギリギリまで足を進めることができてしまいますが、石灰からできている崖は強度が高くなく、崖崩れも起きやすいので注意が必要です。

写真を撮る際でも、あまり端に近づきすぎないように気をつけましょう。

Park tail


青色のコース「Park tail」。こちらもSouth Down Wayと同じくセブンシスターズの崖の上から下を眺めることのできるコースです。


South Down Wayと比べて頂上までの距離は短いですが、急斜面の道があるので、ハイキング用のシューズや、運動神経に自信のある方におすすめです。


日によってはかなりの強風で体が飛ばされそうになることもあります。特に女性の皆さん、髪の毛がぼさぼさになること間違いなしなので、しっかりと結いで行かれることをおすすめします。

Beach tail


オレンジ色のコース「Beach tail」。その名の通り、ビーチからセブンシスターズを見上げることができます。こちらも所要時間は1時間ほど。


大自然が作り上げた壮大な崖は、近くでみれば見るほどその大きさを実感します。「Path to Seaford Head view point」では川に阻まれて近づくことのできないセブンシスターズ の崖下を、思う存分楽しんじゃいましょう。


ビーチは大きな砂利石でできているため、サンダルなどで歩くには少し歩きずらいかと思います。

また、海岸沿いには崖が崩れて落ちてきた石灰の塊もたくさん落ちています。ビーチで過ごすためだけにくる場合でも、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。

かわいいカフェで一休み


ビジターセンター付近にあるこじんまりとしたホテルカフェ。宿泊客だけでなく一般客も利用可能なので、ハイキングの前の腹ごしらえで訪れる人も多い人気のカフェです。

手作りのスコーンやサンドイッチを、可愛らしいガーデン席で楽しむことができ、心も体も癒される時間を過ごせます。


また、食事だけでなくお酒の提供もしており、たくさん体を動かしたあとのご褒美ビールも楽しめます。歩き疲れた体に冷たいビールでの乾杯はまさに至福のひととき。

こちらの「Long Blonde」はこの地域のご当地ビールなので、ぜひとも試してみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Saltmarsh Cafe & Rooms
・住所:Exceat Farm, Seven Sisters Country Park, E Dean Rd, Seaford BN25 4AD
・地図:
・アクセス:バス停seven sisters park centreより徒歩1分
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:不定休
・電話番号:+441323870218
・料金:£5~
・所要時間:30分~
・オススメの時期:4月~9月
・公式サイトURL:https://www.saltmarshfarmhouse.co.uk/

ロンドンからセブンシスターズまでの簡単アクセス方法


ロンドンからセブンシスターズまでは電車とバスで簡単に向かうこうことができます。ブライトン、もしくはイーストボーンと呼ばれる海辺の街からバスに乗って行くのが主流になっており、今回おすすめするのはロンドンからイーストボーン経由。

ロンドンからセブンシスターズまでの最も早いアクセス方法です。


まずはロンドンのターミナル駅「ビクトリア駅」から電車に乗ります。


チケットは事前にオンラインで予約しておくとスムーズです。駅に設置されている発券機でチケットを受け取ります。


電車に乗り片道1時間30分。イーストボーン駅に到着です。広々とした大きな駅で、外装もとても立派。


イーストボーンの駅を出てるとすぐにバスターミナルの広場があります。セブンシスターズ行のバスは「G1」のバス停です。


12X、もしくは12Aのバスに乗って「 Seven Sisters Park Centre(セブンシスターズパークセンター)」で下車します。

バス停はビジターセンターの目の前にあるので、バスを降りてからも迷うことなく、らくらくアクセスすることができます。

心に残る絶景を目に焼き付けて


今しか見ることのできない景色を堪能できるセブンシスターズ。絶景に心癒されたい方はもちろん、週末にちょっと体を動かしたい!という方にもぴったりのスポットです。

ロンドンから気軽に足を運べるのもとても嬉しいですよね。ぜひ全てのハイキングコースにチャレンジして、お気に入りのハイキングトレイルと景色を探してみてください。

All photos by Kana Kawahata

ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在中、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング