ライター
Noriko ドイツ駐在妻

岐阜県出身。東京で人材会社に勤務。旦那の転勤を機に、現在はドイツフランクフルトに在住中。これまで訪れた国は30ヵ国程。駐在歴20年以上のママ友にヨーロッパのコアなオススメ旅行先を聞きまわって旅しています。

シェアスクーターの注意点


photo by Noriko

シェアスクーターを利用するにあたり注意点があります。乗車前に確認してシェアスクーターを楽しんでくださいね。

年齢制限

乗車は14歳以上。

停車場所

事前に目的地がスクーターの下車対応地域かアプリで確認しましょう。

基本的に街中はどこでも問題なく停めることが可能ですが、郊外など少し外れた地域では対応していない場合もあります。仮に、郊外に行きスクーターを停めようとしても、地域対象がでアプリ上の「乗車終了」ボタンが押せず、下車できなくなります(その際、使用時間のカウントは進み、その分料金がかかるので注意が必要です)。

街中で停める場合は自転車停留所や歩道の脇に停め、車道や私有地などに停めないように注意しましょう。

速度と走行場所

最高速度は時速20㎞。実際にシェアスクーターによる事故なども発生しているので十分に注意が必要です。

走行場所は基本的に自転車レーン。自転車レーンがない場合は車道を走る必要があります。また、ヨーロッパは石畳が多く石畳をフルスピードで走行すると振動によって、ハンドルが取られてしまうこともあるので注意しましょう。

ヨーロッパにあるシェアスクーターの種類

各国にサービス展開が急速に広がるシェアスクーター。現在ヨーロッパでよく見かけるシェアスクーターをご紹介します。

Lime(ライム)


photo by Noriko

2017年に設立されたアメリカ発のシェアスクーター。現在33ヵ国にわたりサービス展開をしています。現在、マイクロモビリティ市場では最大手。

私が住んでいるドイツでは一番目にする機会が多く、車体の幅も広くて乗りやすいです。各社の中では、やや高い金額設定。

料金

・ロック解除:1€
・1分毎:20¢~30¢(※都市により異なる)
・支払い方法:クレジットカード、PayPal

アプリダウンロード

iPhone版:Lime – Your Ride Anytime
Android版:Lime – Your Ride Anytime

TIER(ティアー)


photo by Noriko

2016年設立ドイツ・ベルリン発のシェアスクーター。私が一番好きなスクーターです。ハンドブレーキが左右両方についており(Lime、Circは片方のみ)前輪、後輪ともにしっかりとブレーキが掛かる感じがします。現在、ヨーロッパを中心に13ヵ国に展開。

料金

・ロック解除:1€
・1分毎:15¢~25¢(※都市により異なる)
・支払い方法:クレジットカード、PayPal

アプリダウンロード

iPhone版:TIER – Scooter Sharing
Android版:TIER – Scooter Sharing

CIRC(サーク)


photo by Noriko

2018年設立ドイツ・ベルリン発のシェアスクーター。現在、ヨーロッパを中心に12ヵ国に展開しています。

料金

・ロック解除:1€
・1分毎:15¢~25¢(※都市により異なる)
・支払い方法:クレジットカード、PayPal

アプリダウンロード

iPhone版:Circ – Electric Scooters
Android版:Circ – Electric Scooters

BIRD(バード)


photo by Noriko

アメリカ発のシェアスクーター。Limeに次ぐアメリカ2番手のBIRD。元UberのUEOにより設立された会社で白黒のボディがスタイリッシュでカッコイイです。

料金

・ロック解除:1€
・1分毎:20¢~25¢(※都市により異なる)
・支払い方法:クレジットカード、PayPal、Google Pay、Apple Pay

アプリダウンロード

iPhone版:Bird – Be Free, Enjoy the Ride
Android版:Bird – 自由気ままに、乗車を楽しもう

Voi(ヴォイ)


photo by Noriko

2018年設立のスウェーデン発のシェアスクーター。現在、ヨーロッパを中心に10ヵ国に展開しています。

料金

・ロック解除:1€
・1分毎:20¢~25¢(※都市により異なる)
・支払い方法:クレジットカード、PayPal

アプリダウンロード

iPhone版:VOI Scooters: Get Magic Wheels
Android版:VOI Scooters: Get Magic Wheels

シェアスクーターの楽しみ方

ヨーロッパでは自転車競技が盛んなこともあり、市民にとっての交通手段として自動車は非常に身近な存在です。そのため、自転車レーンが設置されている道が日本と比較すると多いです。

夏には風を感じながら走るシェアスクーターは、本当に気持ち良いですよ!

また、ヨーロッパの観光都市では必ずと言っていいほど目にする機会が増えました。小回りが利くので街中で少し移動したい場合でもオススメです。ぜひ、見かけたら利用してみてくださいね。

ライター
Noriko ドイツ駐在妻

岐阜県出身。東京で人材会社に勤務。旦那の転勤を機に、現在はドイツフランクフルトに在住中。これまで訪れた国は30ヵ国程。駐在歴20年以上のママ友にヨーロッパのコアなオススメ旅行先を聞きまわって旅しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング