ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

上越新幹線~お先にトクだ値スペシャル~

photo by pixta

首都圏と新潟を結ぶ上越新幹線でも、「お先にトクだ値スペシャル」が利用できます。こちらも普通車指定席の割引率は30%ないし35%。東京(都区内)~新潟間は大人6,980円(通常期、35%割引)です。「お先にトクだ値スペシャル」が利用できる列車、区間は以下のとおりです。

対象列車

終日の「とき号」

乗車区間(東京、上野、大宮からの場合)

東京、上野、大宮~浦佐、長岡、燕三条、新潟

上越新幹線~お先にトクだ値スペシャル~HP https://www.eki-net.com/top/tokudane/kakaku_joetsu_hokuriku.html?src=tokudane_top

北陸新幹線~えきねっとトクだ値~

photo by pixta

10%OFFと東北新幹線よりは割引率は低いですが、北陸新幹線でも乗りトク切符が販売されています。こちらは設定区間が広く、どの「はくたか」「あさま」に乗車してもOKです。設定区間は少し複雑なので下記の専用HPで確認してください。

北陸新幹線~えきねっとトクだ値~HP:https://www.eki-net.com/top/tokudane/kakaku_joetsu_hokuriku.html?src=kakaku#kakaku_title

これらの「お先にトクだ値スペシャル」「えきねっとトクだ値」はJR東日本のきっぷ予約「えきねっと」から購入できます。

短距離で新幹線を利用するなら自由席! 特定特急料金について

さて新幹線のおトクきっぷとは違う話題ですが、知っておきたい豆知識をお伝えします。新幹線に乗車するには普通乗車券+特急券が必要です。両者とも営業距離によって算出されますが、時刻表を見ると不思議なことに気づきます。ここでは新大阪~新神戸間で考えてみましょう。

新大阪~新神戸間の大人1人あたりの運賃(通常期)

指定席(ひかり号):2,940円(乗車券650円)
自由席(ひかり号):1,520円(乗車券650円)

原則として指定席料金は530円ですが、新大阪~新神戸間の指定席と自由席の差額は2,940円-1,520円=1,420円! 自由席のほうがずいぶんと安く感じます。

新幹線は短距離区間において通常の特急料金より安い「特定特急料金」を適用しています。ただし「特定特急料金」が適用されるのは普通車自由席だけ。また隣駅であっても「特定特急料金」が適用されないケースもあります。

問題はどの区間に「特定特急料金」が適用されているか、ということ。これはあまりにも複雑なため、鉄道ファン以外の人は新幹線の料金表で確認することをおすすめします。短距離で新幹線を利用する際はなるべく自由席を利用しましょう。

他にも様々なおトク情報があります。詳しくはJR各社のホームページをご覧下さい。賢く新幹線を使って効率的で楽な国内旅行を楽しみましょう。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング