ライター
川波 恵子 旅する臨床検査技師

旅する臨床検査技師けーちゃん。訪問国数は39ヶ国。臨床検査技師として働く傍ら、出張撮影サービスのカメラマンをしたり、世界一周をしたりアメリカ横断したり、フォトコンテストで世界1位になったり(IPA 2023)。「やりたい事は全てやる、行きたい所は全て行く」をモットーに世界中を旅しています。好きなことはカメラと美味しいチョコレート探し。今の目標は宇宙旅行。

兵庫県と徳島県の間、瀬戸内海の東部に位置する淡路島は、見どころの多い人気観光地。

本州からは明石海峡大橋、四国からは大鳴門橋を通れば車でのアクセスが可能ですし、フェリーやバスも出ています。

そんな淡路島で泊まりたい宿泊施設が、今回紹介する「しっぽの森リゾート淡路島」です。

完全プライベートのしっぽの森リゾート淡路島


しっぽの森リゾート淡路島」があるのは島の北東部です。

淡路インターで高速道路を下りて、下道を運転することわずか約10分。車通りの少ない静かな丘の上にある、広い庭つきの一軒家が「しっぽの森リゾート淡路島」です。

そう、ここは完全プライベートの宿泊施設。ただ宿泊するだけじゃなく、宿泊体験自体も楽しみたい、淡路島も満喫したい……そんな人におすすめの施設なんです。

しっぽの森リゾート淡路島で日常のような非日常を


施設内は、今すぐにでも住めるような「普通の一軒家」。

洗濯機や冷蔵庫はもちろん、コーヒーメーカー、プロジェクターといった家具家電が一式揃っており、食器や調理器具、洗濯洗剤まであって、家にいるような感覚で宿泊できます。

なんと調味料まで揃っていました!!
1番驚いたのが、調味料まで揃っていたこと。油に関しては胡麻油、オリーブオイル、サラダ油などすべて完備……!

こういったキッチンつきの宿泊施設は過去に何度か泊まったことがあったのですが、調味料まで揃っていたのは初めてだったので驚きました。

ゲームもでき、まるで自分の家のよう。自分の家より快適かも……
Netflixの視聴や任天堂Switchの利用もでき、滞在中飽きることがありません。

たとえ天候が悪くても屋内での滞在を楽しめるのがうれしいですよね。

また、窓からは瀬戸内海や淡路島の自然を見ることができ、滞在中は「淡路島に来ている」という非日常を感じることができます。

屋内BBQで淡路島を堪能

インナーバルコニーへは、リビングから直接アクセス可能
一見普通の一軒家ではありますが、ここはグランピング施設。グリルが完備されていて、BBQが楽しめるんです。

しかも、インナーバルコニーがついているため、天気が悪い日でもBBQが可能。淡路島は玉ねぎをはじめ、淡路牛や海鮮などおいしいものが揃っているので、スーパーで食材を購入して淡路島の食を堪能するのもいいでしょう。

施設側が食材を用意してくれるプランもありますので、スーパーへ行く時間がない人も安心です。

瀬戸内海を眺めながらのサウナ体験

サウナ、水風呂、外気浴の設備を完備
この施設を利用するにあたり、私が一番楽しみにしていたのが「サウナ」。なんと憧れのバレルサウナが庭にあるではないですか!

サウナストーンあり、景色よしのバレルサウナ
サウナ内にはサウナストーンがあり、ロウリュも体験できます。外気浴用のベンチや水風呂も用意されており、部屋の中には水風呂用に使える製氷機まであって至れり尽くせり。

水風呂の温度調節に大活躍の製氷器
淡路島の大自然に囲まれ、目の前には瀬戸内海が広がる、なんとも開放的な空間です。

施設の周りは街灯がないため、天気のいい夜にサウナに入れば、星空を楽しみながら外気浴ができるという非日常に「整う」こと間違いなしです。

夜はライトアップで雰囲気を出してのサウナも楽しめます

ワンちゃん連れに大人気の施設


じつはこの施設、”ワンちゃんと宿泊できる”という点でも注目を集めているんです。

今回わたしはワンちゃんを連れずに宿泊しましたが、ワンちゃん目線でこの宿を見ると、細かいところまでこだわっているのがわかります。

ワンちゃん用のゲージやトイレがあるのはもちろんのこと、床は滑りにくい素材を使用、部屋の前の庭はワンちゃんが走り回れるほど広々とした造りです。また、安心して遊べるよう施設がフェンスで囲われているなど、ワンちゃん含めた宿泊者全員のための配慮がたくさん。

ワンちゃんのためのフォトブースは、季節ごとに小物が変わるそう
ワンちゃんをかわいく撮影できるフォトブースまであり、ワンちゃんを飼う人たちに人気が出ているのも納得です。

施設の周辺には、ドッグテラスつきのマーケットやワンちゃん用のレストランがあり、ペットと一緒に楽しめるスポットもたくさんありました。

暮らすように淡路島を旅する

眼前に広がる淡路島の自然、瀬戸内海、風車の景色
淡路島には素敵なホテルがたくさんありますが、それらとは違った”暮らすように淡路島を感じる”ことができるのが「しっぽの森リゾート淡路島」の魅力だと、今回の滞在を通して感じました。

チェックイン・チェックアウトともに、部屋にあるタブレットにてセルフで行うため、良い意味でホテル感がなく我が家のよう。

ホットサンド、コーヒー、淡路島牛乳とオニオンスープの豪華な朝食
朝にはホットサンドと淡路島の牛乳を、瀬戸内海を眺めながらいただき、食後にはPCとコーヒーを持って庭に出て、午前中の一仕事。そして淡路島の観光へ出かける……。

非日常のような淡路島の日常を味わうことができ、ちょっとした移住体験のようで、ワーケーションにもピッタリですよね。

皆さんも「しっぽの森リゾート淡路島」で”淡路島に溶け込む体験”をしてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:しっぽの森リゾート淡路島
・住所:〒656-1726 兵庫県淡路市野島貴船23番地5
・地図:
・アクセス:淡路ICから車で8分/「禅坊靖寧前」バス停から徒歩15分
・電話番号:06-7167-6048
・公式サイトURL:https://www.shipponomori.jp
ライター
川波 恵子 旅する臨床検査技師

旅する臨床検査技師けーちゃん。訪問国数は39ヶ国。臨床検査技師として働く傍ら、出張撮影サービスのカメラマンをしたり、世界一周をしたりアメリカ横断したり、フォトコンテストで世界1位になったり(IPA 2023)。「やりたい事は全てやる、行きたい所は全て行く」をモットーに世界中を旅しています。好きなことはカメラと美味しいチョコレート探し。今の目標は宇宙旅行。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧