海から川、森から空、そしてまた海へ。国境を超えた自然の恩恵を受けて豊かな生態系が広がる、世界自然遺産・知床。

知床の豊かな自然の象徴でもある「ヒグマ」は、自然の恵みをもたらし、観光資源としても重要な役割を果たす一方、知床に暮らす人々の生活を脅かす存在でもあります。

意図せず市街地に迷い込んだヒグマは、殺処分されることもありますが、望まれる現実ではありません。

ヒトとヒグマの適切な”距離”について考えることは、知床の暮らしの中心にあり、地域で長らく議論が続けられてきました。知床に暮らす人々が考える「ヒグマとの距離感」について、旅行者が共有し、地域と一緒に、知床の未来について考える『知床でクマ活シャチ活』ツアーを今年も開催します。

開催期間は2023年6/5(月)〜6/7(水)の2泊3日。

昨年開催した「知床でクマ活シャチ活」をパワーアップさせて、参加しやすくなりました。前半を「クマ活」、6月7日からの後半を延泊プログラムとして、「シャチ活」を企画。現地で暮らすローカルフレンドと交流しながら、地域が自然とどのように共生しているのか考えるきっかけをお届けします。

従来の観光ツアーとは異なるサステイナブルツアーに、あなたも参加してみませんか?

※本ツアーは定員に達したため、募集を終了しました。

ヒトとクマとの”距離”について考える『クマ活』とは?

ツアーの舞台となる「知床」は世界自然遺産に登録されていることから、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

クリオネやアザラシ、シャチなどを代表する海洋生態系と、ヒグマやエゾシカ、シマフクロウなどが生息する陸上の生態系。そして、海と森をつなぐ鮭や鱒。お互いに活かしあう豊かな生態系が評価されたことから、世界自然遺産に登録されたエリアです。

海と森と川、そして人。豊かな生態系を考えるキッカケとして、魅力的な舞台が「知床」であり、今なお魅力を増やし続ける場所。発展途上の今だからこその余白や楽しさも体感できます。

そんな知床ではヒグマに関する問題が深刻化しています。ヒグマが誤って町に近づいたり、人のゴミを食べてしまったり。ヒグマを起因とする交通渋滞なども発生しています。


ヒトとクマとの関係が危うくなる中で、互いのテリトリーを侵さず、いかに共存できるかが重要であり、このような背景から始まったのが「クマ活」です。

もともと知床で宿泊業等を運営する「北こぶしリゾート」が、2020年から活動を開始し、今年で4年目。コロナの影響もあり、地域の有志を中心に活動していましたが、昨年初めて旅行者の参加者受け入れを実施しました。本ツアー参加者には、さまざまなアクティビティや地域との交流をご用意し、楽しみながら活きた学びを深める体験をしていただきます。

ツアーに申し込む(募集を終了しました)

『知床でクマ活シャチ活』とは?ツアーで体験できる9つのポイント

観光として知床の大自然を楽しみながら、体験や交流から学びも深めていく「知床でクマ活シャチ活」ツアー。本年度のプログラムのこだわり「9つのポイント」をご紹介します。

▼基本ツアー(6/5~6/7)
(1)まずは海からヒグマのすみかを拝見!?「ヒグマクルーズ」
(2)ヒトとクマとの距離について学ぶ「クマ活事前レクチャー」
(3)美味しい豪華ビュッフェ付、サウナもリニューアル!「KIKI知床ナチュラルリゾート」
(4)大変だけどみんなでやるから楽しい!「クマ活草刈り」
(5)地域住民と一緒に楽しむ!「選択制アクティビティ」
(6)地域住民と一緒に夜を過ごして、知床暮らしの魅力をディープに体験!

▼延泊プログラム「シャチ活」(6/7~6/8)
(7)特産品の羅臼昆布ヒレ刈り体験&愛に溢れた浜の母ちゃんと郷土料理づくり
(8)「シャチクルーズ」を体験して、海の生態系の豊かさを学ぶ
(9)ホタテ割体験&好きな海の幸を詰め込むオリジナル海鮮丼

▼基本ツアー(6/5~6/7)

1.まずは海からヒグマのすみかを拝見!?「ヒグマクルーズ」|6/5 午後


「クマ活」は、ヒトとクマとの適切な距離を図るための「草刈り」がメインのプログラム。実際にクマと出会うわけではありません。むしろ出会ってしまえば命の危険を脅かす危険があります。

とはいえ、せっかく知床まで来たからには、遠くからでもヒグマの姿をみてもらいたい。その思いで、知床に到着早々、ヒグマの住処でもある「ルシャ湾」を巡るクルーズ船コンテンツをご用意しました。およそ2時間ほどのクルージングで世界自然遺産知床の雄大な自然を体感しながら、ヒグマの姿も見られる?かもしれません。

2.ヒトとクマとの”距離”について学ぶ「クマ活事前レクチャー」|6/5 午後


ローカルフレンドの村上さん(通称:はるかちゃん)から、ヒトとクマの適切な距離について、これまでの町の活動と共に学べる時間をご用意。大学在学中からヒグマに魅了され、研究を続けてきた村上さんならではの視点で、地域からみたヒグマについて理解を深めます。

3.美味しい豪華ビュッフェ付、サウナもリニューアル!「KIKI知床ナチュラルリゾート」|6/5,6 宿泊


photo by KIKI知床ナチュラルリゾート
滞在中は『KIKI知床ナチュラルリゾート』に宿泊します。ナチュラルな木目や差し込む自然光から、まるで森の中にいるようなあたたかく居心地の良い雰囲気が醸し出されている名ホテルです。ご飯も評判で、ビュッフェスタイルの朝食もついているので、お楽しみに!

photo by KIKI知床ナチュラルリゾート
また、KIKI知床はサウナシュラン受賞経験のある「北こぶし知床ホテル&リゾート」の系列で、2023年1月にリニューアルしたばかりの温泉&サウナは必見。
寝ながら入れるサウナ「ネウナ」や暗い部屋でじっくりと汗をかく「クロウナ」など、全4種類のサウナに入ることができるので、サウナーも満喫できます!

4.大変だけどみんなでやるから楽しい!「クマ活草刈り」|6/6 午前



2日目の午前中から、いよいよ「クマ活」のメインコンテンツ「草刈り」を行います。草刈りでは、⽣い茂ったヤブを切り、⾒晴らしを良くし、クマが誤ってヒトの⽣活圏に入ることを防ぎます。
地域の方と一緒に草刈りをすると、一体感も生まれて楽しい時間が生まれるはずです!

5.地域住民とディープスポットを一緒に楽しむ!「選択制アクティビティ」|6/6 午後


全て決められたツアープランになっていないのも、このツアーの面白いところ。少人数に分かれてディープな知床を探索できる時間をご用意しました。各コンテンツ、定員がありますので、事前にチェックして気になるところに応募しましょう!
この時間はリモートワークに当ててもOK。自分で「選ぶ」ことで地域を前向きに知るきっかけにしていただければ幸いです。

森|原生林ツアー(選択制A|定員8名)
世界自然遺産エリアとなっている知床の森を自らの足で歩いていくアクティビティ。ローカルガイドによる案内のもと、ひとりで歩くだけでは分からない知床の自然の魅力を学びます。

川|シレトコ魚道見学ツアー(選択制B|定員8名)
海から森へ、森から海へ、豊かな生態系をつなぐ川。そんな川の中に作られる「魚道」を見学しにいきます。川をのぼる鮭は、知床の自然を守る上でも欠かせない存在。そこで鮭の営みを守る活動「魚道づくり」が進められています。様々な魚道を見学し、人と自然が共存するための工夫を学びます。

海|海岸テントサウナ(選択制C|定員5名)
オホーツク海を眺めながら、ローカルフレンドとともにテントサウナを体験します。サウナの前には、海岸を歩きながら薪となる流木集めからスタート!
外気浴でととのいながら見えてくる自然に思いを巡らせる、サウナー必見のコースです。

※原生林ツアー、魚道見学ツアー、テントサウナの3つの中からどれかひとつお選びいただきます。参加しない場合も返金には対応し兼ねますのでご容赦ください。

6.地域住民と一緒に夜を過ごして、知床暮らしの魅力をディープに体験!|6/5,6 夜


知床で暮らす地域の方々にもご協力いただき、本ツアーはつくられています。地域を盛り上げていこうという地域の方との交流会で、生き方のヒントが見つかるかも?海鮮炉端焼きや懇親会で、美味しいご飯を食べながら交流を楽しみましょう!

▼延泊プログラム(6/7~6/8)

7.名産品の羅臼昆布ヒレ刈り体験&愛に溢れた浜の母ちゃんと郷土料理づくり|6/7 午後


ここからは舞台を羅臼エリアに移します。
産地が限られていることや、出荷までの工程が多いことから、最高級昆布とされる「羅臼昆布」のヒレ刈り体験を行います。その後、漁師の奥様方と羅臼昆布はもちろん、羅臼の海産物をつかった郷土料理を一緒につくって、いただきます!

8.「シャチクルーズ」を体験して、海の生態系の豊かさを学ぶ|6/8 午前


ホエールウォッチングクルーズで羅臼の海の豊かさを学びましょう。国後島や知床連山を両側に見ながら、鯨類や海鳥を観察する2時間半のツアーです。この時期は最も観察率が高い時期で、約70%の確率で「海の王者」シャチに遭遇できます。海上からしか見ることができない、日本離れした景色を堪能してください!

9.ホタテ割体験&好きな海の幸を詰め込むオリジナル海鮮丼|6/8 午後


羅臼の海鮮丼は、食べるだけじゃありません。今回は「ホタテ」を自分で割る作業から体験していただきます。生簀(いけす)からホタテを選んで、漁師さんからホタテの割り方を伝授していただきます。ホタテ以外の具材も自分で盛って、自分好みのオリジナル海鮮丼をいただきます!

ツアーに申し込む(募集を終了しました)

基本的にはマイクロバスをご用意していますが、各自レンタカーを手配いただき、現地集合・現地解散もできるため前泊や延泊は自由。せっかくの道東エリア、魅力的な地域がたくさんあるため、ぜひ自分ならではの余白をえがいてみてください。

詳細:https://tabippo.net/special/beautiful-hokkaido/

ツアーではローカルフレンドと共に、地域の生活に溶け込む特別な体験が待っています。レジャーだけではない、関わりを深めるあたらしい旅を体験してみませんか?

本ツアーの魅力

①「あたらしい旅」を実践する


「あたらしい旅」とはこれまでのレジャーとしての観光だけでなく、学びや気づきが得られたり、地域貢献もしながら、人生に活きるような旅を指します。日常をより良くしてくれる、非日常が知床で待っています。交流も深めながら、地域とのGive&Giveの関係になる旅にして、存分に楽しみましょう!

②世界自然遺産知床の圧倒的な大自然


なんといっても世界自然遺産である知床の大自然は圧倒的。ツアーでは国立公園で人が自然と共に生きる姿を感じながら、少し離れるだけで絶景が広がっています。日本が世界に誇る自然を、全身で感じてみてください。

③信頼できる”人”との出会い


現地で活動するローカルフレンドはもちろん、ゲストとして参加するインフルエンサーや、サイハテの地に行ってみたいという参加者同士の繋がりは人生において、かけがえのない財産となります。旅へ踏み出すことが信頼できる人との出会いにつながるかもしれません。

「知床でクマ活シャチ活」で出会える人

一期一会のツアープログラム。どんなことを体験するかと同じくらい「誰と一緒に体験するか」は大きな価値になり得ます。知床を基盤に活躍するローカルフレンドをはじめ、観光業界をリードするインフルエンサーや、同じ興味を持つ参加者同士での絆も深まる旅となります。

ローカルフレンド


村上 晴花 (Murakami Haruka)|北こぶしリゾート / クマ活プロデューサー
大学生の頃にヒグマに魅了されてから、現在はヒグマをはじめ雄大な自然と共に、人も活きて豊かに暮らす知床を理想に、「シレトコノミライ」として若者コミュニティを作るなど活動中。


高木 唯 (Yui Takagi)|(一社)知床しゃり / 斜里町地域おこし協力隊
斜里町ウトロ出身。流氷フリーダイビングを主催。住民が1番楽しんでいるから外からも人が集まってくる町を理想に暮らしている。2023年夏から産業ガイドとして活動予定。


佐脇 星 (Sawaki Hikari)|元 羅臼町地域おこし協力隊
兵庫県神戸市出身。世界自然遺産知床の自然に魅了され、新卒で地域おこし協力隊に着任し羅臼町へ移住。2年の任期を終え、TRAPOLへジョイン。フッ軽。旅と野生動物が好き。


ほかにも個性豊かな地域の方と出会うことができます。
・三浦 隆浩(Takahiro Miura)|Mother Nature’s Son代表、ピリカデリックオーナー
・圓子 瑞樹(Mizuki Maruko)|知床の鮭漁師
・小泉 尚也(Naoya Koizumi)|道東サウナ小僧
・惣田 好法(Yoshinori Souda)|SHIRETOKO BASE CAMP代表
・藍 屏芳(Lan Pingfang)|LANTOKO知床生態旅遊 代表

そして、今年の参加インフルエンサーも決定!
シンガーソングライターMiyuuさんや写真家の横田裕市さんも一緒にツアーを旅します。


・Miyuu|シンガーソングライター
・ROY|北海道ノマドフリーランス
・横田裕市(Yuichi Yokota)|写真家

また、昨年に続きおなじみ、大瀬良さんやしみなおさんをはじめとしたメンバーももれなく参加するので、一期一会の旅を一緒に楽しみましょう!


・大瀬良 亮(Ryo Osera)|株式会社遊行
・清水 直哉(Naoya Shimizu)|株式会社TABIPPO代表
・森脇 健吾(Kengo Moriwaki)|TRAPOL合同会社代表
・長沼 茂希(Shigeki Naganuma)|元株式会社TABIPPO
・西脇 謙志(Kenji Nishiwaki)|株式会社TABIPPO
・土居 佑治(Yuji Doy)|株式会社遊行
・樋口 佑樹(Yuki Higuchi)|株式会社TABIPPO

▼昨年の参加者の声


堀川 莉香さん(Webデザイナー)
「クマ活」を通して知床のクマに関して学び、実際にクマと人間が共生するための活動をすることで、地域のために活動している人の素晴らしさを感じました。夜の交流会では旅業界を代表するみなさんの想いや「余白力」に関して知れたのが面白かったです。これからはもっともっと「人に優しく、一緒に楽しく!」を意識して生きていこうと思える、そんな旅でした。

菅野 亮さん(カメラマン)
ただただ楽しむだけでなく、視座の高い運営メンバー、参加者、知床にいるローカルフレンドの方々と熱く語り合えたことがなによりの収穫です。

知床の皆さんの自然や街、文化を守る気持ち、わたしたちを歓迎してくださる気持ち、本当に真摯に伝わりました。今後の人生を大きく変える出会いがいくつもあり、旅に対する価値観が大きく変わり、消費する旅ではなく、人に会いに行く旅がこんなに素敵で感動的なんだと知ることができました。みなさんからいただいた恩を、私も迎える側になった際に必ず返していきます。

▼昨年のレビューコメント
https://www.trapol-travel-shiretoko.com/%E8%A4%87%E8%A3%BD-top

ツアー行程

基本ツアー

5月30日(火) 19:30〜21:00目安
事前オンライン交流会
※日程は後日ご案内いたします。
6月5日(月)
9:00 女満別空港に現地集合(推奨便:JAL 7:10羽田発フライト)
9:00~ バス移動
11:30 ランチ@知床ごはんtomoni(各自支払い)
14:30 知床観光船クルーズ体験
17:30 クマ活レクチャー
18:30 チェックイン
19:30 夜ご飯&交流会
6月6日(火)
7:00 朝ごはん
9:00 クマ活〜草刈り〜
12:00 ランチ
14:00 選択制アクティビティ(各アクティビティ定員あり)
16:30 ホテル着&フリータイム
18:00 海鮮炉端焼き
21:30 交流会(スナックハルカ)
6月7日(水)
7:00 朝活散歩&ゴミ拾いプロジェクト(参加自由)
8:30 朝ごはん
10:00 クロージングセッション
11:00 終了
→延泊プログラムにご参加の方はレンタカーで羅臼へ移動
12:00 ランチ(各自)
13:00 知床博物館&北のアルプ美術館
16:30 終了&解散(推奨便:AIRDO 19:10女満別空港発フライト)

▼延泊ツアー「シャチ活」にご参加の方

6月7日(水)
11:30 移動
12:00 ランチ(各自)
13:00 羅臼昆布のヒレ刈り体験
16:00 郷土料理クッキング
20:00 JAPPINAで懇親会
6月8日(木)
8:00 朝ごはん(各自)
9:00 シャチ活クルーズ
12:00 ホタテ割り体験
15:00 終了&解散(推奨便:AIRDO 19:10女満別空港発フライト)

※上記スケジュールは気象条件や地域の方針等により、予定通りに運行できない又は変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

ツアーに申し込む(募集を終了しました)

知床までのアクセス


引用元:https://hokkaidolove.jp/easternhokkaido/

道東は北海道の約半分を占める広大なエリア。このエリアだけで5つの地方空港があるという珍しい場所です。帯広市の「とかち帯広空港」、釧路にある「たんちょう釧路空港」、今回舞台となる知床の最寄り空港「女満別空港」など。

空の旅を楽しみながら、各地の大自然やグルメを満喫できるのが道東の魅力です。それぞれ羽田空港からの就航便もありますし、女満別空港はLCCも就航しているので、利便性もバッチリ。

これらの空港は広大な北海道の空を繋ぐ『北海道エアポート株式会社(HAP)』様が運営しています。知床を満喫したあとは新千歳空港(札幌)に行く、といった楽しみ方ができるので、ぜひ前入り、延泊を利用して、夏の北海道を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ツアー概要

①基本ツアー

日程 :2023年6月5日(月)〜6月7日(水)
集合 :6/5(月) 9時女満別空港 or 13時ウトロ現地集合
テーマ:知床でクマ活シャチ活〜ヒトと自然の適切な距離を考える余白旅〜
参加費:¥68,000(税込)
(推奨便)
行き:6/5(月) 07:10羽田発(JAL)
帰り:6/7(水) 19:10女満別発(AIRDO、ANA)
※6/8までの「シャチ活」延泊プログラムも用意しています

②延泊プログラム「シャチ活」

日程 :2023年6月7日(水)〜6月8日(木)
参加費:¥30,000(税込)
推奨便:6/8(木) 19:10女満別発(AIRDO)
※前入り・延泊は各自で移動手段を確保の上、ご自由にお楽しみください。
*企画・旅行販売は「TRAPOL合同会社」が行っています。

参加費に含まれるもの

①基本ツアー
・宿泊費(6/5-7KIKI知床ナチュラルリゾート)
※男女別相部屋利用を予定しております。ご希望の方は+6,600円(+3,300円/泊)で1人部屋へと変更可能です。
・食費(朝2回、夕2回)
・空港からの送迎含む現地交通費(貸切バスを予定しています)
・地域の方との交流会 / BBQ(6/5・6/6)
・知床観光船クルーズ (6/5)
・選択制アクティビティ (6/6)
・斜里町でのアクティビティ(6/7)
・クマ活コンテンツ〜草刈り/レクチャー/ガイド〜

②延泊プログラム「シャチ活」
・宿泊費(6/7-8 Bear elephant)
※男女別相部屋利用を予定しております。
・食費(昼1回、夕1回)
・現地交通費(レンタカーを予定しています)
・羅臼昆布ヒレ刈り体験
・郷土料理体験
・シャチ活クルーズ
・ホタテ割体験

定員

15-20名(最小催行人数4名)

注意事項
・コンテンツはあくまで予定です。人数や状況により変更するおそれもございます。
・旅行傷害保険には各自でご加入ください。
・応募者多数の場合は選考を行い、順次ご連絡いたします。
・新型コロナウイルス感染状況によって、政府や北海道・現地事業者から要請があった場合、やむを得ずプログラム内容の変更、実施の中止をする可能性があります。
・ご参加においては、マスクの着用、検温、消毒、北海道が実施する「新しい旅のスタイル」を遵守いただきますようお願いいたします。
・感染症防止策にそむく行為や運営側の案内、指示に従わない場合、その場で離団いただく場合もございます。なお、離団以降の交通費、宿泊費等は各自でご負担いただきます。
・ツアー中止の場合、航空券や各種チケット等の自己負担費用の返金はいたしかねます。ご了承の上、お申し込みください。(航空券予約の際には日程変更のオプションを付けることをおすすめしております)
・天候により、飛行機の遅延や運行中止の可能性がございます。ツアー前後のスケジュールにご注意ください。
・メディアが取材のため同行する可能性がございます。

応募の流れ(募集を終了しました)

①LINEに登録する

以下のボタンよりTRAPOL公式LINEに登録します。
公式LINEに登録する

②フォームから応募する

TRAPOL公式LINEよりフォームが届くので、ご記入ください。
その後、LINEメッセージより案内が届くので「クマ活シャチ活に申し込む」を選択してください。TRAPOLサイトのプランページに遷移します。

③予約リクエスト

プランページから申し込みに進んでください。その際、選択制アクティビティの選択をお忘れないようご注意ください。料金を確認し、支払い方法を入力して「申込みを完了する」を押してください。
※【6/7-6/8】シャチ活延泊オプション」をご希望の際は、オプション選択画面でご選択ください。

④参加確定&入金

3営業日以内に予約の可否を確認の上、ご登録のメールアドレスにてお知らせいたします。予約が確定されると決済が行われます。

その後、参加前アンケートのご記入とLINEグループへのご参加をお願いいたします!

知床で地域と繋がる「あたらしい旅」を体験しよう


『知床でクマ活シャチ活』ツアーでは、レジャーとしての観光では生まれない、地域との繋がりや一体感が得られるはず。大自然の中に身を置いて、ヒトとクマや、ヒトと自然の関わり方について、考えてみませんか?

photos by 知床でクマ活シャチ活

編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧