ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

世界中には様々な空港が存在しますが、こんな滑走路があるのをご存知ですか?

全長約396mという世界一短い滑走路は、断崖絶壁の場所にありました。一歩間違えば命を落としてしまいそうな何とも危ない滑走路です。

今回はハラハラドキドキの着陸映像をご紹介したいと思います。

 

世界一短い滑走路

Saba_Flughafen

photo by commons.wikimedia.org

全長約396mという世界一短い滑走路はカリブ海のオランダ領サバ島にあるファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場にあります。

滑走路の両端は約20m。断崖絶壁で海へと切り落とされていて、離着陸時にオーバーランをすると一瞬で海のもくずへと消えてしまいそうな、常にハラハラが止まらない状況です。

滑走路が短いということは、操縦士の高度な技量が求められるでしょう。そんな空港への着陸映像をご紹介します。

 

実際の着陸映像はこちら

見ているこちらがドキドキしてしまいそうな映像ですね。タイミング、スピード共に操縦士の見事な技術が窺えます。

 

この場所に空港ができた理由

aircraft-316708_960_720

photo by pixabay

1959年、飛行場が開港しました。こんな危ない場所に飛行場を作ったのは、サバ島がシーナリー山を中心とした火山島であるため、この場所以上に平坦な土地がなかったからだそうです。

ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング