tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

「オウノーウ!汚い言葉使っちゃダメですヨ~~」ネイティブ含め、学校の先生はとにかくスラングや汚い言葉を聞くのがダイキライ。焚書坑儒、魔女狩りよろしく、そんな言葉を耳にしたら即座に「言論弾圧」しちゃいます。

かく言う筆者は、そんな「言論弾圧」を最も受けた学生の一人でありましたが…。ただ、やっぱりスラングってのは、若者同士では非常によく使われます。

若者同士で仲良くなるための共通言語、必須アイテムと言っても過言ではありません。というワケで、FacebookやTwitterなど、各種SNSでよく使われるスラングを一挙ご紹介。これでアナタも、SNSで外国人と友達になること間違いなしです。それでは、Check It Out!!!

*編集部追記
2015年に公開した記事に、新たに加筆しました。
2016年に更新された記事に、新たに5つのスラングを加筆しました。(2017/09/12)
2017年9月に更新された記事に、新たに追記しました。(2018/09/20)
2018年9月に更新された記事に、新たに追記しました。(2020/01/18)

 

海外で実際に使った時のエピソード

SNSや友達とのメッセージで使うスラング。省略形だと簡単に書けるので、長い単語でも安心です。例えば今すぐにを表す「ASAP」は、正式に書くと「as soon as possible」なのでなかなか長いですよね。

「ASAP」は非常によく使うスラングで、SNSやメッセージだけではなく、実際に口語としても使えます。文字通り「エーエスエーピー」と言えば良いので、結構簡単♪私が海外に住んでいる時も、よくこのスラングを口にしていました。

また日本の「www」にあたる「lol」もよく使います。日本語と同じように、友達や恋人とのメッセージで頻繁に使いやすいフレーズです。ただしこれは「ASAP」と違い、会話の中で口に出すことはありません。単語の省略形の多くは、実際に口に出すことはほとんどないので覚えておきましょう。

 

ASAP

「今すぐに」という意味です。”as soon as possible”の頭文字をとって作られました。

「I’ll do that ASAP」(今すぐそれやるよ)
「Can you come here ASAP?」(今すぐ来れない?)
「You should do your homework ASAP!」(宿題は今すぐしなさい!)

 

brb

「すぐ戻る」という意味です。”be right back”の頭文字をとって作られました。Skypeのチャットやオンラインゲームのチャットなどでよく使われます。

「I have to take this… brb」(この電話出なきゃ……ちょっと待ってて)
「Mom is calling me! brb」(ママが呼んでる!すぐもるね)
「Someone is trying to reach me. brb」(誰か呼んでる、ちょっと待ってて)

 

b/c

ホワイトボードに文字を書き出す男性

photo by pixabay

「b/c」はbecauseの意味です。「なぜなら..….」会話では欠かせない表現ですね。同様の意味の略語に「cuz 」「coz」もあります。こちらは音を当てた形となります。

「Can I call you back? b/c I’m on a train.」(電車だから折り返していい?)
「I should go now b/c I have an appointment with my doctor.」(病院を予約してるから行かなきゃ)
「I have to leave right now b/c I have work!」(仕事があるから行かなきゃ!)

 

lol

笑いを表すネットスラングです。日本語でいうところの「www」にあたるでしょうか。

爆笑を表現するためか、「looooooooooool」とアレンジしちゃう人がYouTubeのコメント欄などで散見されます。ちょっと幼稚な気もするので、普通に「lol」を使いましょう。

「That’s hilarious lol」(ウケるww)
「Can’t believe this is happening lol」(あり得ないんだけどww)
「OMG that’s embarrassing lol」(うわー恥ずかしーww)

 

kmt

友達と遊ぶ女性二人

photo by pixabay

「kmt」これは「Kiss My Teeth」つまり、「きもい!」という意味になります。スペルもなぜか「きもい」を連想させてくれますね。Twitterでよく使われる表現です。

「Maybe I can’t sleep tonight, KMT」(今日は寝れない!チッ!)
「OMG I totally forgot I have an exam tmrw… KMT」(最悪……明日試験があるのすっかり忘れてた……チッ!)

kkk

これもlolと同じく、笑いを表現するスラングです。たぶん「ククク」という笑いを、「k」の音で表しているのでしょう。

韓国の人がよく使うイメージがあります。また、韓国好きな「非韓国人」も、この表現を使う傾向にあります。きっと韓国の人とチャットしているうちにうつっちゃったのでしょう。

「That’s too funy! kkk」(面白すぎ!(笑))
「You are super cute! kkk」(可愛すぎ!(笑))

 

kewl

森の中でシャツを着る女性

 photo by pixabay

「kewl」これは略語ではありませんが、coolの意味を表します。どちらかというと音にあてたようですね。

「Wow! that’s super kewl!」(カッコよすぎ!)
「Did you give me a gift? so kwwl!」(これくれるの?嬉しい!)

 

wtf

「なんじゃこりゃ」という意味です。『太陽にほえろ!』の例の名シーンを思い浮かべてみてくださいな。

「なんだよそれww」と、「…なんだよそれ…(イライラ)」という2つのニュアンスがあります。友達同士で使う際は、前者の方が多くなるでしょう。

「WTF? Are you serious?」(は?本気で言ってるの?)
「Wtf are you doing?」(何やってるの?)

 

cuz

「なぜなら」という意味です。becauseという語を略した’causeと似てる音ということで、生誕しました。because→’cause→cuzという感じですね。全く同じ意味で、cozという語も使われます。

「I’m heading to the library cuz I have a test tomorrow.」(明日テストがあるから図書館に行かなきゃ)
「I have to go back to my room cuz my friends are coming.」(友達が来るから部屋に戻らなきゃ)

 

OIC

OKマークを指で作るカメラマン

photo by pixabay

「OIC」は読んでみるとわかるのですが、「オーアイシー」その発音通りです。Oh, I seeを表します。「なるほど」という意味になります。

「That’s why you said so! OIC」(だからそう言ったのか!なるほど)
「OIC! Finally, I got it!」(なるほど!やっとわかったよ!)

 

btw

“by the way”の頭文字をとったスラングで、「ところで」という意味です。文頭でも文末でも、使うときはどっちに入れてもOK。

「BTW, are you coming to my party tmrw?」(ところで、明日のパーティーくる?)
「Have you seen him today, BTW?」(ところで、今日彼のこと見た?)

 

CUL/またね

CUL」はSee You Laterの意味です。「C」は「SEE」、「U」は「YOU」ですね。あとは「LATER」の「L」です。「じゃあまたね」といった意味になります。

「So… Meet me at the party! CUL」(じゃあ、パーティーで会おう!またね)
「Can’t wait to talk to you tmrw! CUL」(明日話すのが楽しみ!またね)

tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集