ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

観光列車の情報もスロベニア鉄道ホームページから

Photo by www.slo-zeleznice.si

スロベニアでは蒸気機関車などの観光列車を運行しています。観光列車の情報もスロベニア鉄道ホームページにあります。同じく上の欄から「Around Slovenia」→「Heritage train」と進みます。すると、観光列車が写真付きで出てきました。それぞれの機関車をクリックすると、観光列車の情報が表示されます。

 

それでは、スロベニア鉄道の切符を購入するにはどうすればいいの?

Photo by 新田浩之

さて、情報収集しても実際に切符が購入できなければ意味はありません。スロベニア鉄道の切符はホームページから購入できないので、駅窓口で買うしかありません。

リュブリャーナ駅の場合、駅窓口は国内線と国際線で分かれています。注意したいのが国際線! 国際線は窓口が少なく、少しの人数であっても待たされます。私は10月にスロベニアを訪れましたが、国際線の切符を購入するのに30分ほど待ちました。当日であれば絶対に焦るはず。国際線の場合は前日に切符を購入することをおすすめします。

 

国内線、国際線に限らず、あらかじめメモを作成しておくとスムーズに切符を購入することができます。メモには乗車日、乗車駅、降車駅、往復か片道か、クラス(1等、2等)を書けばOK。それを駅員に見せたら、すぐに切符を発券してくれます。なお、26歳以下の場合はパスポートを見せて「ユース」料金にすることを忘れずに。

Photo by 新田浩之

ところで、リュブリャーナ駅からホームまではとても離れています。時間にして徒歩5分くらいでしょうか。バックパックを持って走っていると、とてもつらいと思います。スロベニアに限らずですが、時間には余裕を持って! 日本のように駆け込み乗車をしないように気をつけましょう。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング