編集部

広告代理店の企画、出版社の書籍編集を経て2016年に企画・編集・ライターとして独立。ワタリドリ製作所の屋号で、書籍の執筆・編集、複数の企業のメディア運用に関わる。 東京都観光まちづくりアドバイザーとして、国や県庁のインバウンド事業の仕事をしていたときにTABIPPOに出会い、2023年春からジョイン。 大学生の頃から、世界各地を一人旅しては、陸路での国境越えをすることに情熱を捧げていた。現在は自然豊かな多摩エリアで、エネルギーの塊みたいな小学生男児2人の育児に奮闘中。街歩きとおいしい物と温泉が好き。 著書:『世界の絶景1000』(英和出版社)共著、『石の辞典』(雷鳥社)

海外旅行の楽しみのひとつであるショッピング。限られた旅行資金で少しでも安く買い物ができたら嬉しいですよね。キャッシュレス決済が主流になった今、海外での支払い方法もたくさんあって、迷うことが多いと思います。

海外での支払い方法は、大きく分けると3つ。
●外貨両替をして現地通貨で払う
●クレジットカードで決済する
●外貨口座を開設してデビッドカードで支払う

普段はあまり意識をしていないかもしれませんが、海外で買い物をすると必ず外貨両替に手数料が発生します。そして、この手数料はクレジットカード決済でも実はかかります。

こうした外貨両替の手数料を大幅に少なくできるのが、今回ご紹介するデビッドカード、「Sony Bank WALLET」です。

外貨両替、クレジットカード、「Sony Bank WALLET」で手数料がどれだけ異なるのか、シミュレーターがあるので、ぜひ比較してみてください。

外貨両替の手数料ってなに?

外貨両替,外貨,両替,為替レート,外貨手数料,空港,海外旅行,旅,お金

photo by photo AC

外貨両替とは何かというと、日本の通貨である円を海外の通貨に交換することを指します。旅行先では日本円での支払いができないので、必ず現地の通貨に交換する必要があると思いますが、外貨両替をすると必ず手数料が発生します。

この手数料は、決まった価格設定になっているのではなく、両替する場所や決済方法によって大きく異なるのです。

外貨両替は、いつ、どこでするのがいいの?

外貨両替,外貨,両替,為替レート,外貨手数料,空港,海外旅行,旅,お金,円,ドル,安い

photo by photo AC

旅行先の現地通貨に両替したいという方は、出国前に日本でする方法と、渡航先でする方法の二種類があります。

国内で両替をしておいた方が言葉が通じるから安心だという方は、空港や街中にあるトラベレックスやGREENPORT AGENCYといった外貨両替ができる店舗、もしくは外貨の取り扱いをしている大手銀行などでするといいでしょう。渡航先で両替する場合は、国によっては日本でやるよりも両替レートが安く済むことがあります。

クレジットカード払いの手数料とは?

高額の買い物だったり、通貨での支払いが必要がないお店では、クレジットカードで決済することが多いと思いますが、日本円のクレジットカードで支払いをすると、円から外貨に両替される際に「海外事務手数料」というのがかかります。

つまり、海外でクレジットカードでの支払いをすると、日本円で請求される支払い金額の中に手数料が含まれるということです。

手数料がどれだけおトクか比較してみよう

外貨両替,外貨,両替,為替レート,外貨手数料,空港,海外旅行,旅,お金,円,ドル,安い,デビッドカード,クレジットカード

photo by Sony Bank

こうした、外貨両替・クレジットカードでの支払いで発生している手数料をなるべく節約して、おトクに買い物できるのが、今回ご紹介する「Sony Bank WALLET」です。

実際に海外ショッピングでの支払いついて例を交えながらご紹介いたします。

前段で外貨両替、クレジットカード払いの手数料についてご説明しておりますがデビットカード(Sony Bank WALLET)も追加したうえで実際にどれだけ違ってくるのかを見ていきましょう。

例)為替レートが1USドル=100円の時に1,000USドル分利用した場合
①外貨両替の場合手数料  ⇒ 1USドル当たり3円(※1)円換算額 ⇒ 103,000円(※2)②クレジットカードの場合手数料  ⇒ カード会社所定の為替レートの2.0% (※1)円換算額 ⇒ 102,600円(※2)

③デビットカード(Sony Bank WALLET)の場合

手数料  ⇒ 1USドル当たり4銭~15銭(※3)

円換算額 ⇒ 100,040円~100,150円(※2)

(※1)外貨両替の為替コストや、カード会社所定為替レートは各社により異なります(ソニー調べ)

(※2)1USドル100円の場合

(※3) ソニー銀行の優遇プログラム(Club S)のステージにより、15銭(ステージなし)〜4銭(プラチナの場合)の為替コストが適用されます。

これらを踏まえるとデビットカードを使用した時と外貨両替をした時では2,850円~2,960円もおトクに!またデビットカードを使用した時とクレジットカードを利用した時では1,850円~1,960円もおトクになるんです!

なお、ソニー銀行の場合、手数料がソニー銀行の優遇プログラムClub Sのステータスに応じで優遇されます。月末の残高やお取引状況に応じてステージなし、シルバー、ゴールド、プラチナとステージが決定。1USドルに対してプラチナステージの場合は、4銭まで下げることが可能です。

また、為替コスト以外にも国内ショッピング利用額に応じたキャッシュバック率も最大で2.0%までUPすることができたりと、様々なメリットがあるんです。(ステージは翌々月の適用)

急な出費や為替影響などによって一時的に残高が減少した場合、「ステージサポート」機能が適用されます。(ステージアップ判定は毎月、ステージダウン判定は3月末と9月末のみ)

優待特典

photo by Sony Bank

ステージ獲得条件

photo by Sony Bank

長期的に海外に滞在したり海外渡航の機会が多い人にとってはソニー銀行のデビットカードを1枚持っていても損はないでしょう。
それでは実際、手数料がどれだけ変わるのかシミュレーターで比較してみてください。

外貨決済比較シミュレーター

USD
1USD=
(参考)最新の為替レートはこちら

手法 為替コスト相場 円換算額
①外貨両替 1USドルあたり3円*1
*2
②一般的なクレジットカード カード会社所定
為替レートの2.0%
*1
*2
③Sony Bank WALLET 1USドルあたり4銭〜15銭*3
*2

①外貨両替より③Sony Bank WALLETの方が円〜円お得!

②一般的なクレジットカードより③Sony Bank WALLETの方が円〜円もお得!

SonyBank WALLETの外貨決済を使うことで手為替コストを大幅にカットすることができますね!

これだけおトクならば、作らないと損ですよね。

※1 外貨両替の為替コストや、カード会社所定為替レートは各社により異なります(ソニー銀行調べ)
※2 1USドルあたり円の場合
※3 外貨取引で一番気になるのは為替コスト。優待プログラム Clue Sのステージにより、15銭(ステージなしの場合)~4銭(プラチナの場合、業界最低水準)の為替コストが適用されます。( https://moneykit.net/visitor/fx/fx23.html

口座はどうやって開設するの?

外貨両替,外貨,両替,為替レート,外貨手数料,空港,海外旅行,旅,お金,円,ドル,安い,デビッドカード,口座開設,外貨口座

photo by photo AC

作り方は簡単です。
オンライン上で申し込みをして、ソニー銀行の外貨口座を開設するだけ。特に審査などもありません。

15歳以上から申込が可能になり未成年者のお客さまにも、Sony Bank WALLET のVisaデビット機能が使えたり、クレジットカードと違って即時決済の為、与信審査がなくコンビニやスーパー、インターネットショッピングなど、様々なシーンで使うことができます。カード一つで国内外での支払いから、現金の引き出しまでできる便利なサービスです。

旅先でも大金を持ち歩く必要もなく、現金が必要になったら「Sony Bank WALLET」の取り扱いのあるATMから、外貨両替を行うよりも低い手数料で現地通貨を引き出すことができます。

また、口座に入金している分しか買い物ができないので、クレジットカードと違ってうっかりお金を使いすぎた! という心配がありません。
カードでの支払いから現地通貨の引き出しまでできるので、これ一枚があればお財布代わりに持ち歩けます。

海外で買い物をする機会が多い方は、ぜひ「Sony Bank WALLET」を一枚常備しておいてくださいね。
Sony Bank WALLETについて詳しく知る【PR】

編集部

広告代理店の企画、出版社の書籍編集を経て2016年に企画・編集・ライターとして独立。ワタリドリ製作所の屋号で、書籍の執筆・編集、複数の企業のメディア運用に関わる。 東京都観光まちづくりアドバイザーとして、国や県庁のインバウンド事業の仕事をしていたときにTABIPPOに出会い、2023年春からジョイン。 大学生の頃から、世界各地を一人旅しては、陸路での国境越えをすることに情熱を捧げていた。現在は自然豊かな多摩エリアで、エネルギーの塊みたいな小学生男児2人の育児に奮闘中。街歩きとおいしい物と温泉が好き。 著書:『世界の絶景1000』(英和出版社)共著、『石の辞典』(雷鳥社)

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧