ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

私は父親っ子か、と言われると、そうでもないと思います。

でも父と南カリフォルニアに行くと決めたのは、ただの観光じゃなかったから。サーフィンを生き甲斐にする父の、波と憧れと仲間を訪ねる旅になりそうな予感がしたからでした。

アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコからサンディエゴまで、1週間のロードトリップのはじまりです。

サンフランシスコ。シェイパーDannyを訪ねる


サンフランシスコに着いてまず向かったのは、ハンドシェイプにこだわる職人でありサーファーでもあるDanny Hessの工房でした。

木の香りがふわりと漂う工房には、たくさんのつくりかけのボードが。


父はDannyのボードが好きで、今回の旅の1つの目的はDannyに会って直接ボードをオーダーすることでした。日本から持ってきたデザインを説明したり、彼の仕事場を見せてもらったりと、SNSをフォローしているだけでは得られないコミュニケーションに「やっぱり会うっていいなあ」としみじみ。


サーフィンを趣味というにはおこがましいような私でさえ、仕事も暮らしも海を中心にしたライフスタイルを持つDannyをみて羨ましいなあと思わずにはいられませんでした。

1971年から続くオーガニックレストランChez Panisse(シェ・パニース)


この日のお昼は、日本から必死に電話で予約したレストラン、Chez Panisse(シェ・パニース)。1971年に、オーガニック食材や地産地消をコンセプトにアリスウォータースがはじめた、有名レストランです。

一階のレストランは数ヶ月先まで予約でいっぱいのため、私たちは2階のカフェへ。カフェと言っても、味も雰囲気も価格もおしゃれで洗練されています。


本や動画で何度も観て憧れていたお店。野菜のおいしさがぎゅっと詰まった一皿一皿に、またいつか来たいなと思いながらおいしくいただきました。

ロサンゼルス付近で立ち寄って欲しい、カフェと雑貨のお店


お買い物好きな私たちにとって、カリフォルニア雑貨のそろうお店は立ち寄り必須。中でもぜひ行ってもらいたいのは、カフェを併設していてアパレルも揃うお店Daydream surf shopです。


ロサンゼルスの少し南にあるコスタメサという街にある、Daydream surf shop。看板犬のブルドックちゃんもいて、誰かの部屋に遊びに来たかのようなゆるい空気が流れていました。

他にも街中にはセンスの光るお店がたくさんあるので、ぜひ車をおりて散策してみてくださいね。

ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング