writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

南アフリカに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、南アフリカでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっと南アフリカに行きたくなっているはず。

南アフリカのおしゃれスポットを満喫する


photo by Yotarhy Kawai

マロティ・ドラケンスバーグ

冒険好きは必見!絶壁と渓谷が美しい公園を、5日かけてトレッキング&キャンプ体験。大自然を満喫する。

南アフリカ観光のお土産を買う


photo by Tsubasa Koshimizu

ビッグ5を紙幣でコンプ

サファリで人気のビッグ5が紙幣に!南アフリカ紙幣を全種揃えてマイコレクションに追加したい。

南アフリカのグルメを味わう


photo by Quality Master/Shutterstock.com

ワインランドでワイナリー見学

世界が注目する美食の地。宿泊もできるワイナリーで、ツアーに参加して極上ワインを飲み比べしたい。ワインだけでなく絶景も食事も楽しめる最高の場所。南アフリカに行くなら必ず訪れたいスポットだ。

南アフリカでしたいアクティビティ


photo by WitR/Shutterstock.com

ブライデリバーキャニオン

世界三大渓谷の1つとして名高い緑の渓谷。パラグライダーに乗って、美しい自然とスリルを味わいたい。大都市ヨハネスブルクから近くアクセスも良い。世界三大峡谷の一つを一生に一度は見てみたい。

photo by WitR/Shutterstock.com

ときめくカラフル♡「ボ・カープ」のビタミンカラーで心の栄養補給

南アフリカでもっとも有名な町・ケープタウン。その一角にある、見ているだけで元気が出てくる街並みのカラーは、奴隷解放の喜びを表しているのだとか。町には陽気な人が多く、散策中にどこからともなく音楽が聞こえてくることも。外では可愛い子どもたちが遊んでいて、カメラを向けると素敵な笑顔を見せてくれる。


photo by Dirk M. de Boer/Shutterstock.com

願いが叶う奇岩の渓谷

「ブルックス・ラック・ポットホールズ」。橋の上から幸運の穴をめがけコインを投げて、願いごとをお祈りしたい。

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事