スペイン語圏各国のなまり・表現の違いまとめ

Pocket はてブ

cuchara(クチャーラ):大さじ

cucharita(クチャリータ):小さじ

といった感じで使い分けます。メキシコでは、この-itoをやたら多用するので、リスニングには注意が必要です!

スクリーンショット 2016-02-01 15.07.53

 

歌ってるみたい?アルゼンチンのスペイン語

picture (2)

photo by shutterstock

アルゼンチンのスペイン語は曲者です。

イタリア移民が多い影響で、イタリア語のように抑揚が強く、「ダラ〜〜ラ♪ダラ〜〜ラ♪」と、歌っているような言い回しをします。

また、アルゼンチン人が話すスペイン語は、「ジャ行」が「シャ行」になったり、他の国では『tu(トゥ)』で表すはずの「君」という単語がアルゼンチンだけ『vos(ボス)』になります。例えば以下のようになります。

 

《例:Hola, me llamo María, y  vos? (訳:こんにちは、私はマリア。君は?)》

ポイント1: “me llamo Maria”(私の名前はマリア)の部分、一般的な発音は「メ ジャモ マリア」ですが、「メ シャ〜〜モ マリア♪」となるわけですね。

ポイント2: 普通のスペイン語圏なら『tu(君)』となるはずですが、アルゼンチンでは『vos』と表現しています。

 

ところ変われば意味も変わる、スペイン語のオモシロさ

そのほかにも、チリのスペイン語は超早口だったり、コロンビア人は色っぽい発音だったり、エクアドルも『s』が薄めの発音だったりします。

上の動画は、メキシコからアルゼンチンはパタゴニア、スペインまで、様々なラテンの国々を旅したアメリカ人が「スペイン語ってなんてややこしいんだ!」と嘆く様子を紹介した歌です。

スペイン語はたった一つのフレーズでも、国によって全然違う意味に変わってしまう!そんな苦労を歌っています。

 

初めてスペイン語を学ぶなら、メキシコで!

IMG_1941

photo by shutterstock

では、初めてスペイン語を勉強したいと思った時、どこで学ぶのがいいのでしょうか?

とにかくスペイン語留学を始めたい!という場合は、やはり今後需要の増えるであろう中南米、そのなかでもメキシコをおすすめします。

 

私はスペイン語をまず日本でスペイン人から学び、留学してメキシコ人から学びましたが、はじめは聞いたことのないメキシコ人のスペイン語表現にとても戸惑いました。

ですが、メキシコ人は比較的はっきり、やや低速で喋るので、学びやすいスペイン語と言われています。なので、スペイン語はメキシコで習うのが断然おすすめ。

 

どの国のスペイン語ネイティブもみな「メキシコ人のスペイン語でわからないことはまずない」と言っているので、間違いないと思いますよ!

では、みなさんのスペイン語学習が、実りある楽しいものになることを祈って…¡Suerte!

スクリーンショット 2016-02-01 15.07.53

1 2
Pocket はてブ

WRITER

都内大学3年生。メキシコに1年間留学してました。 旅した国: メキシコ・アルゼンチン・ウルグアイ・カナダ・アメリカ・韓国・タイ・オーストラリア・シンガポール・インドネシア・イギリス・スペイン…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

スペイン語留学

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品