ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手メーカーで営業をしながら、トラベルライターとして活動開始。その後、副業が高じてOTAに転職。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 「創業110周年記念 愛知銀行フォトコンテスト」最優秀賞、「YAMAP夏のフォトコンテスト2020」入賞など。

京都といえば、豊かな歴史や文化ですよね。しかし、一方で、表情豊かな自然が根付いているのはご存知でしょうか?京都市は三方を山に囲まれ、京都一周トレイルが整備されており、京都府南部へ目を向ければ、気持ちの良い散策コースが数々存在します。

今回は、そんな京都の美しい自然を象徴する『絶景ハイキングスポット』について、オススメ順にランキング形式ご紹介します。

第3位:五山の送り火で有名。京都の里山「大文字山」


まず紹介したいのは、五山送り火でも有名な「大文字山」。世界遺産・銀閣の裏手にある登山口から入山できます。道がよく整備されており、ハイキング客も多く、ハードルが低いのがポイントです。

登山口から中腹の火床(送り火を灯す場所)まで片道30分、山頂まで約1時間。心地よい樹林歩きに癒されながら進んでいきます。


山頂パノラマが登山の醍醐味ですが、大文字山の場合は火床が一番の展望スポット!先ほどまで、森に覆われていたのに、突如180度以上にわたり視界が開け、山々に囲まれた京都の街を一望できます。劇的な景色変化に、思わず「おぉ〜!」と声を上げてしまうはず!

心地よい風にあたりながら休憩するのもよし、景色を眺めながら京都の場所を当てゲームも楽しいですよ。


四季折々の魅力があり、時間帯によって様々に表情を変える「大文字山」。何度登っても楽しい、という点もオススメの理由です。中でも特筆すべきは「夜景」。

マニアの間で全国有数と言われる夜景は、まるで京都盆地一帯に散りばめられた宝石のようです。挑戦する場合は明るいうちに登り、ライトで照らしながら下山しましょう。

■詳細情報
・名称:大文字山
・住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷大黒谷町
・地図:
・アクセス:京都駅から京都市営バス(5、17、100系統いずれか)に乗車し、銀閣寺道で下車。銀閣寺道から登山口まで徒歩10分。登山口から火床まで片道30分、山頂まで片道1時間
・所要時間:2〜3時間
・オススメの時期:夏、夕暮れ〜夜

第2位:知る人ぞ知るもう一つの竹林風景。向日市「竹の径」


竹林の道といえば、まず思い浮かべるのが嵯峨嵐山。しかし、京都にはもう一つ、そうした竹林の風景があるのはご存知でしょうか?それは向日市の「竹の径」。京都南部、向日丘陵の竹林の中を歩く1.8kmにもわたる道で、心地よい竹林浴を楽しめます。

実は古来より、この乙訓(おとくに)地域は良質な筍(たけのこ)の名産地として知られ、京銘竹という伝統工芸には欠かせない竹材供給地になっていました。


今でもその乙訓の原風景は健在!美しい竹林が爽やかに散策客を迎えてくれます。日光に照らし出される朝、しっとりとした情緒に包まれる雨の日など、少しずつ表情を変えてくれるのも魅力です。

なお道の両端には、個性豊かな竹垣も編まれており、密かな見所の一つにもなっています!


なお竹林の径の途中には「竹の資料館」があり、その周りには、全国各地から集めた110種類の竹を植えた広大な庭園が営まれ、無料で散策ができます。竹が魅せる、京都のディープな世界を楽しむハイキングコース!

人混みを避け、落ち着いた観光をしたい方に打ってつけです。

■詳細情報
・名称:竹の径 / 竹の資料館
・住所:京都府向日市寺戸町芝山~物集女町長野、中海道地内
・地図:
・アクセス:JR向日町駅・阪急東向日駅で下車後、バスに乗り換え「東山」下車徒歩10分
・営業時間:9時00分~17時00分
・定休日:水曜日
・電話番号:075-331-3821
・料金:無料
・所要時間:2〜3時間
・オススメの時期:早朝
・公式サイトURL:https://www.muko-kankou.jp/recommend/detail.html?id=585

第1位:心癒される緑の秘境遊歩道。清滝川渓谷「錦雲渓」


京都を囲む山々を歩く広域登山道・京都一周トレイル。約83kmにもわたる道の中で、一番面白い区間として話題なのが「錦雲渓」。京都の霊峰・愛宕山の山麓から、紅葉名所として名高い高尾山へ至る途中にある渓谷です。

深い緑とマイナスイオンに包まれ、ここが本当に京都市内か!?と思う秘境感が魅力。


また総長3kmほどと短い距離ながら、景色変化に富んでいるのも特徴です。前半はちょっとした岩場もあり、アスレチックなコース。中盤には、美しい清流を横切る橋が現れ、ガラリと表情を変えます。

この辺りは紅葉が特に美しいのもポイント!11月になると渓流一帯がオレンジと赤に包まれ、秘境遊歩道に趣が添えられます。水面に映り込む紅葉も一興です。


そして後半、フォトジェニックな区間が、数十mだけ現れる杉林。奥行きを持って、整然と立ち並ぶ景色に引き込まれます。京都の自然といえば、やはり杉の風景。素朴な風情に、心満たされながら、ゴールの高尾を目指しましょう!

■詳細情報
・名称:錦雲渓
・住所:京都府京都市右京区嵯峨清滝町7
・地図:
・アクセス:阪急嵐山駅前or京都駅から京都バス(62、72、92、94系統いずれか)に乗車し、清滝にて下車。清滝から錦雲渓まで徒歩20〜30分。
・所要時間:2〜3時間
・オススメの時期:秋

初心者でも楽しめる!京都の豊かな自然を満喫する山歩き


いかがでしたか?今回は、ハイキングや自然といった方面から京都へアプローチしてみました。

京都には本格的な登山ができる場所はあまりないものの、手ごろで景色の素晴らしいコースを数多く有しているのが魅力。観光とも組み合わせやすく、ふと癒しを得ることができます。

初心者の方も、歩きやすい服装でぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

All photos by Yuhei Tonosyou

《短期連載》とっておきの、京都 |旅好きが選ぶこだわりの「京都BEST3」


TABIPPO.NETでは、旅好きによるとっておきの京都について特集しています。他にもこだわりの記事が掲載されているので、ぜひチェックしてくださいね!

特集を見る

ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手メーカーで営業をしながら、トラベルライターとして活動開始。その後、副業が高じてOTAに転職。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 「創業110周年記念 愛知銀行フォトコンテスト」最優秀賞、「YAMAP夏のフォトコンテスト2020」入賞など。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング