ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

昔からカナダの中でも移民が多く住んでいたと言われる国際都市トロントネイバーフッドと呼ばれる中華街などの各国のフードエリアをはじめ、毎月新しいレストランがオープンし、グルメも観光の目的の一つになっています。

昔からさまざまな食文化が培われてきたトロントで、「台所」と呼ばれるほど市民に愛されているマーケットがセントローレンス・マーケット。ずっと訪れたかったライターの桃(@XxPeach)が、今回はこのマーケットの楽しみ方をご紹介します。

トロントにあるセントローレンス・マーケットとは


トロントにある、セントローレンス・マーケット(St. Lawrence Market)は、さまざまなお店が一つのエリアに集まった、食のショッピングモールのような場所です。


トロントは昔、ヨークという大きな街でした。しかし、すぐ近くのニューヨークを含め、世界各国にヨークという都市名が使われたことで、1834年に町の名前を「トロント」に改定。トロント初の市庁舎の跡地が、セントローレンス・マーケットになりました。


この「トロント」に改定したときの歴史などは、マーケットの入り口に写真付きで説明されています。トロントの中でも非常に歴史ある建物の一つで、親しまれているのも納得です。


建物自体が非常に古く、1899年にはアーチより奥が改装され、1970年の改装で今の状態に。昔の市庁舎時代が残るのは、こちらの入り口だけ。アーチを潜ると200年続く、明るい市場が広がっています。

セントローレンス・マーケットでの楽しみ方


セントローレンス・マーケットは二階建て。パン屋、海鮮屋、肉屋など、さまざまな種類のお店が並んでいます。3日間の滞在中、2日連続でマーケットに通った私が紹介する、楽しみ方をご紹介します。

雰囲気を楽しむ


トロントは、ビジネス街が広がっていて高いビルがたくさんあり、想像以上に都会です。そんなトロントにあるマーケットは、一歩足を踏み入れるとこれまで見てきた市内とは違った雰囲気を味わえる、ちょっと特殊な場所。


柔らかく温かい雰囲気の中、たくさんの人がワイワイガヤガヤしながら買い物を楽しみます。トロントにはたくさんの観光スポットが点在していますが、セントローレンス・マーケットもフードマーケットとして歩いているだけで楽しめる観光スポットの一つです。

試食・味見をする


「海外の食事って当たり外れがあるな〜」なんて思ったこと、ありませんか?マーケット内では試食や味見ができるお店が多いため、実際に購入する前に試してみるのも可能。物によっては1個〜購入できるお店もあるので、イートインスペースで味見もOKです。


少しずつ味見をしながらマーケットをぐるっと回ると、ランチ代わりになるかも。お腹を空かせて訪れることで、味見をしながら気に入ったものはそのまま購入し、ランチとお土産選びを一緒に済ませてしまうのも手です。


こちらはカナダグルメで有名なピーミール・ベーコンというサンドイッチが食べられる「Carousel Bakery」。合わせて、カナダの珍しく美味しいチーズが食べ比べできる「Alex Farm Products」は忘れずに立ち寄ってくださいね。

マスタード屋さんはマストで訪れる


日本人から非常に人気が高いと噂の、黄色い看板が目印のマスタード屋さん「Kozlik’s Mustard」。何十種類ものマスタードがずらりと並んでおり、スタンダードな普通のマスタードからトリプルクランチマスタード、ジンジャーが入ったマスタードなど、ちょっと変わったマスタードが購入できます。


人気商品はこのように味見可能。「こんなにたくさんのマスタードからお気に入りを見つけるのって大変……」と思ってしまいましたが、クラッカーに付けて実際に食べることで、どんなマスタードかわかるのは嬉しいですね。

日が落ちたらライトアップも


訪れたときはちょうどクリスマスシーズン。トロント市内のホテルや会社など、さまざまな場所でライトアップや装飾がされていましたが、マーケットも同じくキラキラしていました。


一歩お店の中に入ると大きなクリスマスツリー、外に出ると雪の結晶のように光る装飾。冬は寒いですし早く日が落ちますが、外に出てもワクワクする世界が待っているので、足早に帰るのではなく振り返ってマーケットを見てみてください。

環境に優しいエコグッズを買う

トロントは街全体でもエコや環境保護に力を入れており、タンブラーを持ち歩いたり、エコバックを持って買い物に行ったりする人が多いと言います。

マーケット内にもエコグッズを置いているお店があり、タンブラーやエコバッグはもちろん、何度でも洗って使える&小さくなるタッパー、竹で作られたカトラリー、洗えるストローなど、探せば探すほど出てきます。エコに興味がある方も、今まだない方も、毎日持ち歩きたいグッズばかり並んでいます。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング