writer

世界一周しながら、"くらしをつくる" をテーマにWebメディアなど色々やってます。TABIPPOでは、マニアックな旅の情報発信をしていきます。僕のHPもぜひご覧ください。

スターバックス1号店

最後はスターバックス1号店の紹介です。パイクプレイスマーケットというエリアの一角に佇むスターバックスコーヒー1号店。

ここは小さい店舗ですが、これまでの本社や焙煎工場と比べると、派手すぎず、開業当初に想いを感じることができるアットホームな店舗になってます。

また1号店ということもあり、この店舗では創業当初ロゴをそのまま使っています。昔のセイレーンなので、尾が2つ書かれています。スターバックスは時代に合わせて、4、5回ほどロゴのデザインは変わっています。

そして徐々にシンプルなデザインに変わっていき、セイレーンの顔のみの、今のデザインになったそうです。

また1号店しか買えない限定品のマグカップ、タンブラーもあるので、ゆっくり店内を見たければ早朝の時間がおすすめですね。

遅い時間に行くと、こんな感じにごった返してしまいます。ちなみにテーブルなどはなく、コーヒーは立ち飲みになりますのでご注意を。

人混みが激しくなってきたので、早めに出た僕は見れませんでしたが、1号店名物の「カップを投げ」パフォーマンスもあるので、スタバ巡りをする場合は、最初の早い時間に行くとよさそうですね。

1号店はこれまでの店舗とは違った、アットホームさが溢れる店舗、そんな印象を受けました。

■詳細情報
・名称:STARBUCKS Pike Place
・住所:1912 Pike Pl, Seattle, WA 98101 アメリカ合衆国
・営業時間:平日 6:00〜21:00 土日 6:00〜22:00
・公式サイトURL:https://www.starbucks.com/

 

なぜ、こんなにオススメするのか?

はじめにも話した通り、僕はスターバックスが大好きなのですが、この3店舗を通じてスターバックスの、サービスの良さと、居心地の良い空間づくりに掛ける思いに感動してしまったからです。

もちろん限定グッズや美味しいコーヒーもおすすめですが、細かいサービス面に目を向けてみると面白いと思います。

階段の手すり一つとっても、鉄の手すりが冷たくないようにレザーを貼っていたり、細やかが気遣いに感動することでしょう。

「スターバックスの最高峰3店かもしれない」僕は、そんな風に思っております。

シアトルに行く際は、ぜひ行ってみてください!そして時間をしっかりとって、ゆったりスターバックスのホスピタリティーに浸ってみてはいかがでしょうか?

All photo by Yoshitomo Kobayashi

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも、マニアックな旅情報を発信していくので、よろしくお願いいたします。

writer

世界一周しながら、"くらしをつくる" をテーマにWebメディアなど色々やってます。TABIPPOでは、マニアックな旅の情報発信をしていきます。僕のHPもぜひご覧ください。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集