writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

夏といえば花火大会やお祭り、海など、イベントが目白押しですよね。今からどこにデートに行こうか迷っている方も多いのではないでしょうか。

もちろん楽しく遊べるデートもいいけれど、たまには落ち着いたロマンチックなデートもしてみたい。

そんなあなたのために、今回は国内で楽しめるムード満点の星空スポットをご紹介します!彼と素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

 

赤城山パノラマ展望台/群馬

群馬最大級の夜景スポットと称される赤城山のパノラマ展望台では、みどり市方面から渋川市方面と広範囲の夜景を一望することができます。
 
寄り添いながら「あの道を通ってきたんだね」なんて同じ方向を指差して盛り上がれば、自然と距離も近くなっていいムードになってしまうかも。ただ、山の中なので虫や寒さ対策は必須です!
 

阿智村スタービレッジ/長野

環境省が認めるほど綺麗に星空が見える長野県の阿智村では、プロポーズする人も絶えないカップルに人気のスポットです。
 
「消灯!」の合図までの彼と手を繋いで待っている時間も高揚感を高めてくれます。ライトが消えてからの星空は2人にとってかけがえのない思い出になるでしょう。
 

奥多摩湖 月夜見第二駐車場/東京

都心から2時間でいける奥多摩湖は、なんと東京で一番星が綺麗に見える場所と言われています。冬の透き通った寒空では天の川が肉眼で見えるほど。
 
奥多摩湖周辺には百名山の雲取山など自然溢れる観光名所なので、ハイキングを楽しんだ後に星空を眺めるのが王道コース。都会の喧騒から2人で逃げ出しちゃいましょう!
 

苗吹川フルーツ公園/山梨

photo by pixta

新日本三大夜景に認定されている山梨県のフルーツ公園は、甲府盆地の夜景を一望できる国内でも上位にランクインする夜景スポットです。
 
目的地までのドライブの段階ですでに夜景の美しさに驚かされますが、フルーツ公園に着くと公園内の果物の街灯はもちろん、丘から見渡す夜景が道中の集大成となって期待を上回ってきます。
 
近くには「ほったらかし温泉」もあるので、ゆっくり温泉に浸かってから帰るのがおすすめ。
 

戦場ヶ原/栃木県

photo by pixta

400ヘクタールの広大な湿原である戦場ヶ原では、250種類もの植物を観察しながら2時間のハイキングを楽しむことができます。
 
日が沈み夜景に切り替わる途中経過も幻想的で美しく、夜になれば辺り一面が星空に。夜になると人が少なくなるので、2人だけの世界観を満喫できるかも。

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事