ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

時間の有効活用。新しいことを始めてみよう


刺繍や料理に始まり、執筆やプログラミングなど、この機会に新たな趣味を始めた方も多いのではないでしょうか。語学の習得、資格の取得など、自宅で過ごせる今だからこそチャレンジできることはたくさんあります。

この期間に自分が成長したと目に見えてわかることで、日々の充実感もグッとアップすること間違いなし。ぜひ新しいことにチャレンジしてみましょう。

日光チャージを欠かさずに


在宅ワークをしていると、気づけば一歩も外に出ない日があるなんてこともしばしば。しかし、太陽の光を浴びることは、気持ちをリフレッシュすることができたり、睡眠の質を上げてくれる効果があったりと、心も体も元気に過ごすためには欠かせないことです。


仕事前、朝の10分間、お昼休憩の10分間、仕事終わりの10分間など、用事がなくてもなるべく外に出て日光を浴びることを心がけて過ごしましょう。


また、日照時間が短く、日光を十分に浴びることのできないイギリスの冬は、医師からもサプリメントでビタミンBを摂取することが推奨されています。必要な方は、正しく服用して健康維持に努めましょう。

旅行の代わりに。おうち時間を充実させるアイテムをそろえる


イギリスでは現在、3度目のロックダウンが行われており、必要最低限の理由による外出が禁止されています。今まで当たり前にできていた外食、お買い物、旅行などができず、ストレスを感じる日々。

趣味が旅行であった筆者にとっても、貴重なワーホリ生活における行動制限はとても悔しく、辛い時間となっています。しかし、落ち込んでばかりはいられません。

前向きにおうち時間を乗り越えるために、個人的に買ってよかったと思ったものをご紹介していきます。

プロジェクター


お家時間のおともと言えば、NetflixやAmazon Prime Video、YouTubeなどの動画配信サービス。おうちでのんびりと映画やドラマを見て過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか。

そんなおうち時間の何気ないひとときを特別なものに変えてくれるのが、プロジェクター。お部屋が簡単に、本格的なホームシアターへと変貌します。


自宅の壁に投影するだけなので、大きなスペースも必要なく、気軽に取り入れることができるのも嬉しいポイント。大画面、大迫力でおうち映画を楽しんじゃいましょう!

お菓子作りグッズ


おうち時間を過ごす中で、お菓子作りを始めた方も多いはず。お菓子作りのアイテムを買っておくと、休日や仕事の休憩など、ふとした瞬間にサクッと作ることができるだけでなく、作れるもののレパートリーの幅もグッと広がります。

ミラーボール


何を言っているんだ?とびっくりされる方も多いかと思いますが、個人的にとてもおすすめなのがミラーボール。毎日自宅で過ごしていると、たまには外でワイワイと飲みたい!という気持ちが高まりますよね。


小型のミラーボールは、置き場の幅も取らず、値段も良心的。これ一つでお部屋があっという間に大変身してくれます。普段とはまったく違う雰囲気を味わえてテンションも上がるので、ぜひ、宅飲みの楽しみ方の一つとして取り入れてみてください。

普段は飲まない特別な紅茶やコーヒー


おうちでのんびりと映画を見たり読書をしたり……。そんなときのおともに欠かせないコーヒーや紅茶。こんなときだからこそ、普段はあまり買わない少し高価なものに手を伸ばしてみましょう。何気ない日常に、ちょっとした特別感を演出することで、おうち時間の充実度も増していきます。

外食をしない今だからこそ、少し奮発してご褒美時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

お気に入りのマグカップ


おうち時間を楽しむコツは、自分で自分のご機嫌を取ること。お気に入りのものに囲まれるというのは、そんな自分のご機嫌取りには欠かせません。特に、頻繁に使うもの、よく目につくものほど、自分の“好き”を取り入れると、日々の暮らしの満足度が上がること間違いなしです。

気分を上げてくれるボディケアグッズ


在宅ワークをして、おうち時間を過ごしていると、気づけば一歩も外に出なかったなんていう日もありますよね。そんなとき、お風呂に入るのが面倒くさいと感じることはありませんか?毎日お風呂に入ることが当たり前とされている日本人からすると驚きですが、なんとイギリスでは、4人に1人が週に2~3回ほどしかシャワーを浴びないんだとか。

しかし、お風呂には、一日の汚れを落とすだけでなく、睡眠の質を上げてくれたり、リラックスをして精神を安定させてくれたりする効果があります。お風呂こそ、おうち時間でストレスを感じ、睡眠の質が下がりやすい今だからこそ、ぜひ一日の終わりに取り入れたい習慣なのです。


お風呂上がりの楽しみを作っておくと、面倒くさいと感じる毎日のお風呂も至福の時間に早変わり。お風呂終わりに日頃は使わないボディクリームやパックなど、ちょっとした「特別」を取りれるだけで、気持ちが随分と変わるのです。


おうち時間は、のんびりとボディケアする時間がたっぷりある、自分磨きの絶好のチャンスでもあります。毎日のボディケアを入念に、楽しみな時間にしちゃいましょう。

日常にささやかな特別を。生活の満足度をあげて前向きに過ごそう


あまり長く続くと気持ちが滅入ってしまいやすいおうち時間。しかし裏を返せば、たとえ休みの日に外出の予定がなくても、ダラダラ一日を過ごしていても、罪悪感を抱くことなく、むしろとてもいいことをしていることになる期間でもあります。

少しでも前向きに過ごせるよう、日常にちょっとした特別をプラスして、心ゆくまでのんびりとした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

All photos by Kana Kawahata

ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング