writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

マグロの目玉

外国人「日本人はマグロの目玉を食べるらしいぞ!」

…すべての日本人が食べるわけではありません!!確かにマグロの目玉は日本食の食材として利用されることはありますが、はっきり言ってかなりマイナーですよね。

マグロが名産の地域ではごちそうとして扱われるそうですが、日本全体でメジャーな食べ物になる日はまずこないでしょう。

ザザムシ

ザザムシは長野県の名物食材です。その名の通り『虫』です。揚げ物にしたり、つくだ煮にしたりして食べられます。

海外サイトでは「日本食」として紹介されていますが、はっきり言って食べたことがある日本人のほうが間違いなく少ないです!日本食というか、長野食です!

 

外国人も「え!こんな虫食べるの!?」と若干引き気味のようですが、ほとんどの日本人も「ザザムシ食え!」と言われれば、引いてしまうはずです。

ちなみに、筆者は虫を食べるのが好きなので、ザザムシを食べたことがありますが結構おいしいです。

桜肉・馬刺し

photo by pixta

桜肉とは馬肉のことです。海外でも馬を食用としている国はあるのですが、「馬刺し」は世界的にみるとかなり珍しい調理法です。

寿司が世界的にブームになったおかげで魚を生で食べる文化は世界中に広がりましたが、動物の肉を生で食べるというのはどうやらまだまだ抵抗があるようです。

ちなみに、桜肉は英語では‘‘Cherry Blossom Meat”と翻訳されていました。なんかいきなりおしゃれになった感じがしますね。

created by Rinker
はせがわ食品
¥3,990 (2020/08/09 18:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

やはり日本の食文化は世界的にもとても珍しいようです。だから海外でもよく注目されて、話題になることが少なくありません。

しかし、日本人でも食べたことがない日本食が日本中には転がっています。きっと今回紹介したいくつかの食べ物ですら、すべて食べたことがあるという方は少ないと思います。

ぜひまだ見ぬ日本食を探して旅をしてみましょう。

そして、世界に旅立った際には海外の友人に「マグロの目玉の味」や「ザザムシの食感」などを教えてあげましょう。きっと強い興味を示してくれるはずです!

<ソース>

whenonearth.net
list25.com

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事