s_229H (1)

【閲覧注意】想像以上に美味しかった!?意を決してアジアで食べた虫5選

s_229H (1)
Pocket はてブ

東南アジアやアフリカを中心に、世界では結構「虫」が食べられています。意外(?)なことに、彼らの体は良質なたんぱく質のかたまりなので、栄養補給にもってこいなのです。

栄養補給にはもってこいなのですが…

あなたは虫を食べたいですか?たぶん多くの方は食べたくないと答えるでしょう。

 

でも、我々は旅人。世界に挑み続ける挑戦者。なら、目の前に食べられる虫がいたら、食べないのか?

…いや、食べるに決まってる!!というわけで今回は、筆者が実際に東南アジアや中国で食べた虫の味をレビューしていきます。

 

クモ

6173746099_40a2abaf57_b

photo by macdevotee

クモは個人的にもっとも食べにくい虫のひとつです。

東南アジアの屋台で売られているクモは、日本ではなかなかお見かけしないレベルの大きさ。まず、その大きさで食欲がげんなりします。

 

げんなりした食欲を好奇心で押さえつけ、いざ実食。口の中に広がる「毛」の感じと、固くもやわらかくもない身のハーモニーが「二度と食べたくない」と思わせてくれます。

 

タガメ

7991934653_55343a0cb9_b

photo by ★Kumiko★

タガメはボディが割と大きいので一口で食べられないのが難点。

一気に食べようとすると、カギのような腕が口に刺さります。食感はしゃくしゃくとした感じで虫っぽさ抜群。

匂いと味にわりと癖があるので、まさに通好みって感じ。虫好きにはたまらないのではないでしょうか?

 

イモムシ

2501941724_0163b44362_b

photo by avlxyz

イモムシのお味は、かなりレビューが難しいです。

というのも、屋台によっと大きく味が異なるからです。基本的に、イモムシは素揚げで売られているのですが、お店の揚げの腕によって味が大きく左右されます。

 

しっかりこんがりと上がったイモムシはまぁ、食べられないことはありません。

むしろうまい可能性もなくはないです。

1 2
Pocket はてブ

Writer

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ