セブ留学ならCROSS×ROADへ!僕がたった3週間で英語力UPできたワケ

提供 : CROSS×ROAD
Pocket はてブ

皆さんこんにちは。南の島の旅する医学生あっきーです!

旅に興味がある人もない人も、語学学習に興味がある方は多いと思います。とはいえ勉強法の選択肢はたくさんあるため、それを決めることさえ一苦労ですよね。

今回、フィリピンのセブ島にある少し特殊な語学学校CROSS×ROADへ留学をしてきました。3週間という短い期間でしたが、英語力を伸ばすことはもちろん、英語の習得と同じくらい、もしくはそれ以上に特別なモノをCROSS×ROADでの留学で得ることができました。

皆さんの語学学習の参考に、その経験を紹介させていただきます。

 

旅人達の英会話スクール

私が訪れた語学学校CROSS×ROADは、運営スタッフにも生徒にもたくさんの旅人が集まっています。

新婚旅行で世界一周をした素敵な夫婦によって運営がなされていて、旅を終えた人、途中の人、これから旅立つ人で溢れ、その様子は「旅人達の英会話スクール」と呼ばれています。もちろん旅とは全く違う切り口でCROSS×ROADにたどり着いた人もたくさんいます。

いずれにせよ共通点として言えることは、人生の背景を別にした魅力的な人達が集まっているということです。全く違う世界で生きてきた人達が人生の途中でこの学校に集まり、英語を学びながら一時の生活を共にしているのです。

それはまさにクロスロード、人生の交差点のようでした。

この魅力的な人達との出会いは想像を遥かに超えていました。それは旅や人生の経験値としての尺度だけでなく、楽しむこと、感謝すること、仲間を想うことや時間を共にすること。言葉で分かっていても、おざなりにしてしまいがちな温かさに触れるものでした。

当たり前だと思ってしまっているからこそ、考え直すのがとても難しいことです。

 

英語力は伸びるのか?

3週間という短い期間でしたが、十分に成長を実感できるほど英語力を伸ばすことができました。授業は全てマンツーマンで行われ、CROSS×ROADのフィリピン人の先生は英語指導のプロフェッショナルです。

みんな日本が大好きで日本人の性格や文化について熟知しているため、私たち日本人の言わんとしていることを汲み取り、日本人に合った表現や例文で指導してくれます。

そしてカリキュラムは一人一人のレベルに合わせて、同じくプロの日本人スタッフの方々からアドバイスを受けながらいつでも作り変えていけます。

1つ注意点としては、CROSS×ROADにはほとんど規則がありません。学校内は日本語が飛び交っていますし、毎週行われるチェックテストも個人に管理が任されています。

自分に厳しくすることが苦手な人が限られた期間で成果を出すためには、もっと規則の厳しい学校を選ぶ選択肢もあるかもしれません。ただ、それでも私が留学先としてCROSS×ROADを推薦するのには理由があるのです。

 

語学学習で一番大切なもの

語学学習において一番大切なことはなんでしょうか?答えは人それぞれかもしれませんが、私は勉強を「継続すること」だと思います。私はCROSS×ROADでの留学を通じて、人生という長いスパンで英語を勉強し続けたいと思うことができました。

なぜなら、CROSS×ROADが本当に英語を勉強することが大好きな人達によって運営されているからです。そんな人達と一緒に過ごしていると、好きが自然と伝染してしまいます。

無理をして自分に英語を課したとしても、その後日本に帰ってから英語を勉強し続けることは難しいことだと思います。しかし、一度好きになることができれば付き合いは一生になって習慣化します。

習慣化した勉強によってこそ本当の英語力は付いていくのだと思います。

 

帰ってくる場所

平日の授業が終わった後は友達と近くのカフェに行って勉強をしたり、集まってはこれまでとこれからの人生について語り明かしたりしました。

様々なバックグラウンドの人が集まっているため、それぞれの特技や経験についてのワークショップや、旅の経験を共有し合う「旅会」もよく開催されます。

また先生との距離も近く、ホームパーティーに招待してもらったり、一緒にお菓子を作ったり、カラオケに行くこともあります。

▲Topsから見た夕焼け

週末にはフェリーで近くの離島に行ったり、学校の友達とバンを貸し切って遠くの観光地まで遠足に行ったりもしました。エメラルドグリーンの海に代表されるように、セブ島は大自然に囲まれているのです。

▲ボホール島のチョコレートヒルズ

フィリピン人の多くはキリスト教のため、キリストにまつわる行事や文化財も島のあちこちで見られます。

▲サンペドロ要塞

▲サントニーニョ教会

そして、どこへ行ってもフィリピンの人たちは私達を笑顔で迎え入れ、優しく話しかけてくれます。かけがえのない思い出と共に毎日の生活を一緒にするCROSS×ROADの仲間は、何でも話せ支え合える家族のような存在になっていきました。

 

旅立ちの時

お別れの日、一緒に生活をしていた仲間が旅立ちの応援ソングを作ってくれました。とてもいい歌で、今でもセブ島での日々を思い出す人生の応援ソングになっています。

そしてスタッフの大輔さん真弓さん夫婦からは、愛に溢れたメッセージ付きの卒業証書と、魂のこもった書道をプレゼントしてもらえます。

旅立つ時は何度も握手とハグをして別れを惜しみ、そして最後は迎えのタクシーが見えなくなるまで手を振り、送り出してくれました。

卒業はお別れじゃなくて再会の約束。「じゃあね」じゃなくて「またね」。またいつかCROSS×ROADで、世界のどこかで。そんな想いに溢れていました。

All photo by akihiro saito

英語力を伸ばすのはもちろん、でもそれだけじゃない。特別な経験、かけがえのない仲間、また帰ってきたい場所がきっとあなたにも待っています。

旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD、ここが私のアナザースカイ。

問い合わせの際に、「TABIPPO.NET」で見たと記載頂くと・・・
TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」から新著「世界中を旅した100人の旅人と作った ひとり旅英会話BOOK」を漏れなくプレゼントいたします。

Pocket はてブ

WRITER

斉藤聡大
南の島の旅する医学生
南の島の旅する医学生、あっきーです! 大学生をしながら日本中、世界中を1人でも友達とでも旅をしています。 何事もやってみたらなんくるないさ〜

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品